DRIVEキャリア世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト

DRIVEキャリアTOP > 求人を探す > 日本版DMOトップランナーの気仙沼で、新たな観光のカタチを創造する、仲間求む!

募集中2017.6.22 4,439view 


宮城県

日本版DMOトップランナーの気仙沼で、新たな観光のカタチを創造する、仲間求む!

一般社団法人気仙沼地域戦略

【 起業準備・副業OK! 】 よそ者の視点を活かして、足もとにある“地域の可能性”を「タカラ」に変えていき、仲間と共に観光戦略を推進します。

水産の町として知られる気仙沼は、いま新たな地域経済の柱に「観光」を据えて、新しい観光産業の形を生み出しています。

例えば、気仙沼のしごと場・あそび場に潜入できる「ちょいのぞき気仙沼」。

地域全体がくらしと仕事のテーマパークとなるプログラムで、これまでの参加者数は延べ2,000人を超えました。メディアにも度々取り上げられ、安倍首相も視察に訪れるなど日本版DMOの事例としての注目も集まっています。

気仙沼の観光産業の特徴は、訪れる人だけではなく、気仙沼に暮らす人にとっても価値のある観光を作るべく、『住民一人ひとりを巻き込んで主体者にしていく』仕組みです。

「ちょいのぞき気仙沼」のコンテンツには、造船所で船のパーツを自分で作る回や、氷屋さんで巨大な冷蔵庫に入り最後にかき氷を食べる回、またメカジキを解体する回等があります。これらの水産の町である”気仙沼らしさ“を活かしたコンテンツは、どれも住民の発案から生まれました。

しかし、決して住民だけで作り上げたわけではありません。

気仙沼には震災後に外から様々な人が関わるようになりましたが、コンテンツ作りには彼らのよそものならではの視点が必要不可欠でした。彼らと共に地域を歩く中で、気仙沼で生まれ育った住民にとって当たり前のものが、外から見るととてもユニークで面白いことに気付き、それを地域内外の両方の視点で磨くことによって、さらに魅力あるコンテンツが出来上がったのです。

いまも、地域住民一人ひとりが自分たちのまちの観光資源を再発見する「ば!ば!ば!プロジェクト」がありますが、ここでもよそ者と地域の人が入り混じりながら活動をしています。

震災を機に気仙沼に関わり、気仙沼の観光業を共に支える一人である株式会社リクルートライフスタイル じゃらんリサーチセンター森さんは「大事なのは、地域の人々自身が、地域らしさを発見し、発信していけるようになること。地域の人々自身が取り組みを動かしていけるように、地域の人のやる気に火種を付けることが、大事な役割だと思っています」と話し、よそものの視点によって住民が地域の魅力を再発見し自信を取り戻す過程は、町づくりにも大きな役割を果たすということをお互い実感しています。

気仙沼にはまだまだたくさんの「面白いもの」「素敵なもの」が溢れています。

だからこそ、これからさらに気仙沼の観光産業を発展させていくには、よそ者ならではの視点を活かし、「ここが他の地域とは違う」「ここが他にない面白さだ」という地域の可能性を一緒に探して、地域住民と共に地域を磨いてくれる人の存在が必要です。

そして、もっともっと魅力あるコンテンツを作り、気仙沼に人を呼び込んで、一緒に地域の観光のカタチ、日本のDMOの先進事例をつくっていけたらと思っています。


【職種/仕事内容】

職種① 地域プロダクトクリエイター
地元企業や市民、外部協力者の方と一緒に地域の魅力を探して観光商品として開発していったり観光イベントの支援をしていく。

●主な仕事内容
・地域資源を活用した観光商品開発
・イベント実施支援
・その他商品開発に関わる戦略立案・企画実施

職種② 地域マーケティングディレクター
地元企業や市民、外部協力者の方と一緒に気仙沼の観光情報発信、販売促進していく仕事。

●主な仕事内容
・地域資源の魅力を探索するニーズ調査の実施
・地域資源を情報発信、販売促進するWebページの構築・運営管理
・その他情報発信・販売促進に関わる戦略立案・企画実施

※職務内容は、特性を生かしていただけるよう、相談をしながら決めていきます。

※この求人情報は、NPO法人ETIC.「気仙沼右腕プログラム」の募集案件です。
書類選考や面接などは、一般社団法人リアス観光創造プラットフォームの採用担当者のほかETIC.コーディネーターも担当いたします。
あらかじめご了承ください。
http://tohoku.localventures.jp/area/kesennuma/

募集要項

テーマ 地域活性化・まちづくり観光
職種 マーケティング・広報企画・商品開発・クリエイティブ
雇用形態 その他
組織形態 自治体・行政・財団・社団
その他のキーワード 初心者OK社員・職員数1-9名
期待する成果 「造船所潜入体験」、「魚市場復興物語」、「ご当地グルメ 『メカ×カレー』」、、
など震災後気仙沼では地域の魅力を再発見していろいろな観光商品が開発されています。
地域の魅力を貪欲に探して、地域の方に自分から動いてたくさん話を聞きに行き、
自ら積極的に行動してくれる方を期待しています。
対象人材像 率直で誠実な方
社会と組織の成長を一緒に喜べる方
社内外とのコミュニケーションを取れる方
相手の立場に立って考え、行動できる方
無から有を創りだすことに喜びを感じる方
応募資格 社会人経験5年以上

「地域プロダクトクリエイター」については旅行商品造成、営業経験ありの方であればなお望ましい。
「地域マーケティングディレクター」についてはHTMLができるか、Web開発や広告の仕事に関わった経験のある方であればなお望ましい。
活動場所 宮城県気仙沼市
勤務時間 週29時間
この募集案件は気仙沼市の地域おこし協力隊としての活動となるため、週29時間までとなります。
29時間以降は「地域活動」「起業準備」、業務委託やフリーランスとしての「副業」など、ご自身の関心に応じて活動してください。
就業期間 今回の募集は、気仙沼右腕プログラムとして「地域おこし協力隊」の制度を用いるものです。
地域おこし協力隊は「最長3年間」となります。
3年以降はご自身の志向により、「継続して活動」「起業」などのステップに進んで頂きます。
http://tohoku.localventures.jp/area/kesennuma/
給与 月額20万円 (週29時間)
※29時間以外は「地域活動」「起業準備」、業務委託やフリーランスとしての「副業」など、ご自身の関心に応じて活動してください。

雇用形態は「気仙沼市の嘱託職員」となります。
福利厚生 残業手当あり、交通費支給あり
住宅手当あり(気仙沼での住まい探しもサポートします)
給与以外の報酬 業務に関わることで、商品開発からマーケティング・イベント運営・戦略立案まで、観光における幅広いスキルが身に着くかと思います。
休日・休暇 週休2日制(※原則土日はお休み。ただし観光行事により出社の可能性あり(その際は振替休日あり))
祝日 、GW、夏季 、年末年始 、有給 、慶弔
※その他ご相談には応じます
職場の雰囲気 地元の皆さまや移住者の方など、東日本大震災からの復興に向けて前向きに取り組まれている方が多いです。
地域の方々と一緒に地元の魅力を活かして「おらがまち」をよくする活動を行っていくのは大変な仕事ではありますが、モチベーションも高く取り組んでいただけると思います。
入社後1ヶ月のイメージ まずはこの街をよく知ること。そしてたくさんの人と出会う事だと思います。
その上で、商品開発やマーケティングなどやることはたくさんあるので徐々にご対応いただければと思います。
選考プロセス ・書類選考
・東京での1次面談(気仙沼右腕プログラム担当者による)
・気仙沼での最終面接
※ 現地での面接・体験の交通費は実費負担をお願いします。
応募方法 ご応募は下記エントリーシートダウンロードページのご登録からお願い致します。

http://www.etic.or.jp/migiude/kesennuma/apply/

今回の募集は、気仙沼右腕プログラムとして「地域おこし協力隊」の制度を用いるものです。
最長3年間、地域おこし協力隊員としてこちらのプロジェクトで活動して頂きます。
活動期間後の雇用については、団体側との相談になります。

詳しくは、東北ベンチャーズHPをお読みいただき、ご不明な点は、HPよりお問い合わせください。
http://tohoku.localventures.jp/area/kesennuma/

また、エントリーを検討されている方向けに右腕プログラム相談会を実施しています。
詳細は以下をご覧ください。
https:///www.etic.or.jp/migiude/briefing/

この仕事のやりがい

気仙沼の観光産業は、市の地域経済の柱の一つと定められており、様々な人やリソースが集まっています。その為、市内外の様々なセクターの人を巻き込みながら、スピード感をもって挑戦が出来る場があります。また、住民の方と足もとにあるものを見つめ直し、地域のタカラへの磨き上げていく過程では「人づくり」も担い、まさにまちづくりに携わっていくことができます。
日本版DMOのトップランナーとして注目される気仙沼で、新しい観光の形を切り開く先駆者として、活動に携わってみませんか。

私たちのビジョンとミッション

今回のお仕事は、地域資源を市民の方と一緒に魅力を掘り起こして市外の方に伝えることでまちが自走できるかの挑戦だと思います。
共感いただける方のご応募をお待ちしております。

代表者メッセージ

理事長/菅原 昭彦

「リアス観光創造プラットフォーム」は、気仙沼市全体の観光戦略を推進していくため、2013年6月に設立されました。
設立の目的は、行政の外側に観光戦略を推進していく機関を設けることで、民間の力を生かした観光振興を図ること、
また、観光事業者だけでなく、気仙沼で暮らす市民の発意を促しながら、柔軟に観光振興が行えるようにすることです。

東日本大震災を受け、気仙沼市は「観光産業」を新たな市の基幹産業として位置付け、産業の再生を目指しています。
2013年3月末には、観光関係者や外部のアドバイザーなど総勢24人の委員からなる「気仙沼市観光戦略会議」が、『観光に関する戦略的方策』をまとめました。
その中には、『水産業と観光産業の連携・融合による新たな付加価値創造戦略』と『気仙沼ならではのオンリーワンコンテンツを活用した誘客戦略』という二大戦略を始めとした七つの戦略が提示されています。

しかし、戦略を作っただけでは何も変わりません。
「リアス観光創造プラットフォーム」には、この策定した戦略が着実に実行され、地域に観光意識が根付いていくような仕組みづくりをしていく役割があります。
現在は、市内の観光関係者に加え、市外の地域プロデューサーやメディア関係者など、様々な外部の有識者の方を巻き込みながら、気仙沼の観光に新たな一石を投じる仕組みを作るべく、活動を開始しているところです。

あくまでも観光の主役は、観光プレーヤーである地域の皆さまです。
その皆さんを全力でサポートしていくのが、「リアス観光創造プラットフォーム」です。
是非、お互いの手を取り合い、気仙沼の観光を盛り上げていきましょう。

[プロフィール]
気仙沼商工会議所会頭。酒造会社「男山本店」社長。
新しい観光やマーケティングの仕組みを作るDMO構想の中心的役割、東日本大震災で被災した街の復興を進めるまちづくり会社等の代表も務める。

この求人に関連する記事(※DRIVEに飛びます)

企業・団体概要

設立:2013年 6月 3日

代表者名:菅原 昭彦

従業員数:9名(うち正社員2名)

事業内容:
気仙沼市の観光事業創業・活性化

・戦略立案
・マーケテンング設計・実施
・コンテンツ開発・運営
・地域経営コンサルティング
・インバウンド推進など

業種:観光・サービス業

WEB:http://rias-kanko.com/

住所:宮城県気仙沼市魚市場前7-13

気になるリストに追加

この求人とテーマ・職種が似ている求人

地域の寄付車を活用して石巻の半島沿岸部の観光を後押しする。
一般社団法人日本カーシェアリング協会

テーマ
地域活性化・まちづくり/観光
職種
マーケティング・広報/営業・接客・カスタマーサポート

地域の皆さんと共創する「ごちゃまぜ」福島県いわきにてマネージャー候補募集中!
特定非営利活動法人ソーシャルデザインワークス

テーマ
地域活性化・まちづくり/福祉・社会的包摂
職種
事務局(総合業務)/経営企画

地域×〇〇=∞まちに掛け算でムーブメントを起こす!
新潟県新発田市

テーマ
中間支援/地域活性化・まちづくり
職種
プログラムコーディネート/事務局(総合業務)

お寺ステイ、第1号社員を募集!日本の魅力が詰まった「お寺体験」を世界に!
株式会社シェアウィング

テーマ
文化・伝統産業/観光
職種
事務局(総合業務)/経営企画

最近掲載された新着求人

【人材育成事業の運営をお任せします!】プログラム・ディレクター募集
NPO法人日本ファンドレイジング協会

テーマ
中間支援
職種
プログラムコーディネート/事務局(総合業務)

地域の皆さんと共創する「ごちゃまぜ」福島県いわきにてマネージャー候補募集中!
特定非営利活動法人ソーシャルデザインワークス

テーマ
地域活性化・まちづくり/福祉・社会的包摂
職種
事務局(総合業務)/経営企画

【関東/東海/関西】 ファンドレイザー (キャンペーンスタッフ) を募集します。
株式会社バリオーサ

テーマ
中間支援/国際協力
職種
ファンドレイザー/営業・接客・カスタマーサポート

循環型食農テーマパーク「kurkku farm village」創業メンバー募集
株式会社KURKKU

テーマ
農林水産(6次産業)/食・ライフスタイル
職種
マーケティング・広報/経営企画

特 集

これって、ほぼ起業家!? 事業は自分でつくる

教育?イノベーション 新しい教育を切り拓く

DRIVE HOT POSTS いま、DRIVEで人気の記事を紹介!

ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン[DRIVE]の人気記事をご紹介!!

行動系ウェブマガジン[DRIVE]を見る