世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト
DRIVEキャリア

DRIVEキャリアTOP > 求人を探す > 【1名限定】本気でこどもたちの環境を変えたい方を探しています

募集中2021.10.18 1,350view 


東京都

【1名限定】本気でこどもたちの環境を変えたい方を探しています

特定非営利活動法人 Chance For All

生まれ育った家庭や環境にこどもたちの人生が左右されないために

■「CFAKidsではたらく」ということ

こどもに関する社会課題には待機児童問題や虐待、こどもの貧困、いじめ、校内暴力など様々な課題があります。また、日本のこどもたちは、北欧や先進諸国と比較すると、幸福度や自己肯定感が低いことが様々な調査から明らかになっています。

このような社会において、私たちは特定非営利活動法人Chance For All (以下CFA)は、「生まれ育った家庭や環境でその後の人生が左右されない社会の実現」を目指し活動しています。

現在は、すべてのこどもたちが生活を楽しみながら自立に向けて成長できる居場所づくりを目指して、放課後の居場所の運営を行っています。足立区と墨田区に9箇所の居場所を運営していて毎日300人、延べ人数にすると年間6万人を超えるこどもたちが通っています。また、足立区ではフリースペースを併設した駄菓子屋も運営していてこちらは月におおよそ1,500人のこどもたちが遊びに来てくれています。

放課後はこどもたちにとって最高の「学び」と「遊び」と「成長」の時間。豊かな放課後を過ごすことで、こどもたちは笑って泣いて人間的に大きく成長します。楽しく全力で遊ぶ中で、様々な意見の対立が起き、ケンカや話し合いを行います。「自分もみんなも楽しく過ごす」ためにはどうしたらいいか、「人として大切なことは何か」、私たちはこどもたちと一緒に考えます。常に目の前のその子の人生が豊かになるように一人一人に寄り添いながら、保護者と一緒に、時には学校や行政機関とも連携して、その子を見守ります。

CFAKidsはこどもたちを評価せず、大人の望む成長を求めず、一人一人がただ居るだけでいい場所です。私たちは日々、次の時代を生きていくこどもたちにとって本当に必要なことを見極め、自分たちが成長をし続けながら、こどもたちと保護者と一緒になって全力で"こどもたちのための放課後"をつくっています。

募集要項

テーマ 子ども・教育福祉・社会的包摂
職種 保育・介護
雇用形態 正社員
組織形態 NPO・NGO
その他のキーワード 新卒OK社員・職員数10-49名
期待する成果 ①常に悩み、こどもたちと共に成長すること
未熟なこどもたちになにかを教えるのではありません。社会に生きる対等な人間としてこどもたちと共に過ごし、共に成長します。
また、こどもたちは、貧困・虐待・いじめなど生活の中で多くの課題を抱えています。それらの課題をこどもや保護者、周囲の協力者と共に乗り越えていく必要があります。言葉にするのは簡単ですが実現するのは大変です。
いつもいつでもこどもたちの将来にとっての最善な関わり方を考え、考え、考え抜きます。

②こどもたち一人ひとりに寄り添うこと
CFAが最も大切にしていることの一つに、「比較評価しない」ということがあります。
現代社会の中でこどもたちは学校で評価され、習い事で評価され、時には家庭でも評価されています。わたしたちがつくっている放課後の「居場所」は「居るだけで良い場所」です。他の子と比べて「できる」「できない」を評価するのではなく、一週間前、一ヶ月前、半年前、一年前のその子自身と比べてどう成長したかを観察し、その子らしい生活や生き方を尊重しながらこどもたち一人ひとりに寄り添い、成長を見守っています。
対象人材像 【向いている人】
・こどもたちと一緒に全力で成長することを楽しめる人
・こどもたちの本当の成長は何かを本質的に考えることができる人/考えたい人
・自分の感じたことや考えたことを積極的に発信できる人
・変化を楽しむことができる人
・挫折を乗り越えた経験のある人
※中途採用:教育現場での経験が3年程度ある方を求めています!


【向いていない人】
・環境や条件が整っている中で働きたい人や変化の多い環境が苦手な人
・他責傾向のある人
*学童保育業界は、教育保育業界の中でも最も制度が整っていません。新しいことにどんどんチャレンジできる一方で、大変なこともたくさんあります。なにごとも他者や環境のせいにせず、自分自身で解決していく姿勢が求められます。
応募資格 ・保育士、幼稚園教諭免許
・教員免許
※取得見込み可
※必須ではありませんが、いずれかがあると望ましいです。
活動場所 以下のいずれかとなります。
■足立区
CFAKids梅島校、西新井校、千住校、亀田校、綾瀬校、綾瀬中央校、六町校

■墨田区
CFAKids曳舟校、押上校
勤務時間 【長期休み以外】
13:00-20:00
※月間の勤務時間の範囲内で10:00に出勤して研修やMTGを行う場合があります。

【長期休み】
7:30-20:00
※月間の勤務時間の範囲内でシフト調整が入る場合があります。
給与 月給180,400円(研修期間)〜300,000円

賞与(実績)…2ヶ月分〜4ヶ月分/年

【モデル年収】※実績
260万円(研修期間中)
300万円(新卒現場職員)
350万円(新卒3年目施設長)
450万円(マネージャー)
福利厚生 社会保険(雇用・健康・厚生年金)
成長手当
賞与(2ヶ月分〜4ヶ月分支給)
施設長手当
マネージャー手当
交通費支給(1万円まで/月)
住居手当(交通費が1万円に満たない場合、1万円との差額を住居手当として支給)
給与以外の報酬 ■こどもたちの成長
日々こどもたちの成長のために奮闘するなかで、こどもたち一人ひとりの人間的成長を垣間見ることができたときの感動は大きく、やりがいを感じられる瞬間です。人というものの可能性を実感できる仕事です。

■地域や学校、さまざまな団体や企業とのつながり
こどもたちや子育てを応援する多くの人々とのつながり、他のNPOを始めとした社会を変える最前線で働いている人たちとの交流など、CFAで働くことで視野が広がります。

■社会人としての成長
・チーム活動
CFAでは、こどもたちと関わるほかにCFAをよりよくするために興味のあることに取り組む「チーム活動」があります。E&P部(イベントやプログラムの企画チーム)、PRT(広報)、H2O(組織改善)、H&S(Health & Safety)などひとつの校舎にとじこもるのではなくさまざまな職員と関わりながらCFA全体を変えていくことができます。

・研修
新人の先生には日々の保育について教えるOJTのトレーナー以外にも、メンターがつき、悩みを相談したり、アドバイスをもらえる環境があります。
また、入社時のWelcome研修や定期的に行われるこどもたちとの関わり方の研修、月に1度の全体会議などの内部研修のほかに、管理職を対象としたマネージャー研修(月1回)、施設長を対象にしたキャプテン研修(月1回)などがあります。
CFAでは、こどもたちと関わっていく力だけでなく社会人としての成長も大切にしています。
休日・休暇 週休2日制(土/日)、祝日 ※イベント開催による土日出勤もあり
有給休暇
年末年始休暇(12月29日~1月3日までの6日間)
特別休暇(育児休暇、介護休暇、慶弔休暇 等)
職場の雰囲気 ■こどもたちのことを本気で語り合える仲間
CFAの先生たちのバックグラウンドは、小学校教師・学童保育指導員・保育士・塾講師などのこどもと関係する職業のほか、システムエンジニア・テーマパークのマネジャー・ウェディングプランナーなど一般の企業からもたくさんの仲間が参加しています。
共通項目はただひとつ、こどものために全力かどうか。CFAには「こどものため」を妨げるきまりや価値観は一切ありません。いつどんな時でも全力でこどもたちの生活や成長と向き合います。また、常に自分はこれでよいのかと問いかけ、こどもたちと一緒に成長していきます。
応募にあたっての質問 3年後の自分はどうありたいですか?
選考プロセス 0:【説明会】
日程については個別にご連絡いたします。
ご興味があるかたは、「この求人に応募する」からご連絡ください。

-----選考スタート-------
1:【エントリーシート/面談】
2:【フィールドワーク】
3:【面談】
4:【自分プレゼン】
ご自身の想いやCFAでどんなことを成し遂げたいのかをプレゼンして頂きます。
5:【最終面接】
代表との面接です。
★フィールドワークや自分プレゼン、面談は平日にご参加いただきます。選考を受ける際には日程のご調整をお願いたします。

この仕事のやりがい

こどもたちの「やりたい」を最大限尊重。意欲や好奇心をかきたてるような空間、関わりを実現できること。

豊かな放課後の場で、こどもたちは笑って泣いて人間的に大きく成長します。わたしたちはこどもたちの成長のためにこどもの「全力」をおとなの「全力」でサポートします。

■職員の声

(20代 新卒1年目)
―教員志望から一転、CFAに入った理由はなんですか?
成長できる環境だと思えたからです。
実際にCFAKidsの様子を見たとき、先生たちのこどもとの関わり方に目からうろこがボロボロ落ちる思いでした。ポジティブな声のかけ方が多かったり、真剣な話をするときと「すごいじゃん!」とほめるときのメリハリがしっかりしていたり。自分だったらこどもたちと一緒に「どうしようね」と悩みこんでしまいそうなところを、CFAKidsの先生はこどもの意見を引き出しつつ、切り込んでいました。1年生や2年生の低学年の子たちが真剣に話し込んでいて、こどもたちがこんなにも自分のことに向き合えるのかとおどろきました。
学校は教室にひとりだけで試行錯誤していくことになるのに対して、CFAなら校舎に必ず2人以上先生がいます。常にほかの先生のやりかたを見て学べると思ったし、先生からフィードバックをもらうこともできるなと思い、その中で自分のやりかたを見つけていきたいと思えました。

ー実際にCFAで働いてみていかがですか?
まだ実際に働いて3ヵ月ですが、こどもと関わる中で自分が考えることの幅が広がっている感覚があります。
最初は、こどもに対して叱るかほめるかしかできませんでしたが、日々校舎のペアの先生と話をする中で、最近は「もやもやしていることがあったらそれを言って大丈夫なんだよ」と「受け入れる」「承認する」という方向に話を持っていけるようになりました。その関わり方でよかったかどうかはまだわからないですし、こどもには私の言葉はまだ響いていないんだろうなと思うこともたくさんあるけれど、少しずつこどもに影響力が与えられるようになりたいと思って、関わり続けています。
私は「やってみる」ということが怖くて苦手なので、ペアの先生には「やってみよう!」と背中を押してもらっています。なので、今はまさに挑戦している最中です。自分の殻を破っているところなので、ボロボロ。疲れるし痛いです。(笑)
でも、こどもと話が盛り上がったり、こどもとの信頼関係が築けるようなきっかけがあると、「よし!」って思えて、達成感を感じます。
今後は、とにかくいいなと思ったこどもとの関わりかたをまねしてやってみたり、すべてに「なぜそうするのか」を考えたりすることで、もっとこどもたちに影響力を与えられるような、自分らしいこどもとの関わり方を見つけていきたいと思っています。

*****
(30代 施設責任者)
ーCFAでの仕事のやりがいは何ですか?
すぐに結果や成果が目に見えるものではないですし、こどもたち一人一人の関わりに正解や答えはないので、迷うことも多いのですが、先生もこどもと一緒に成長できる、ということです。その子のことを思うといくらでもがんばれますし、目標はありますが、終わりはありません。
自分では、常に「足りない、足りない」と思っていますが、うまくやろうとするのではなくて、何をその子が求めているか、その子がどうしたいのかなと考えられるようになったのは、成長できた部分なのかなと思います。自分でその場を納めることがゴールなのではなく、本当にその子のために何ができるか、枠を外して考えられるようになりました。自分ひとりの力は限界があるし、「自分がどうにかできる」という考え自体が独りよがりだと思っています。自分が今できることを超えて、さまざまな枠を外して、本当にその子のためになることを考えたいと思っています。
こどもの人生は可能性だらけで、さぼったら責任がとれないなと感じています。「今しかない」みたいな瞬間がこどもたちにはたくさんあるので、常にさぼっていられないなと感じています。

私たちのビジョンとミッション

■「生まれ育った家庭や環境でその後の人生が左右されない社会の実現」

こどもたちが真剣に自分の将来について考えたとき、生まれ育った環境によってすでにその可能性が失われていてはならない。私たちはそう考えます。
こどもの可能性を育むのは、家族や学校などこどもを取り巻く環境です。いろいろな習い事を習わせたり、さまざまな場所に連れていったり、豊富な体験をさせたり。また、努力することの大切さ、勉強の面白さ、人としての優しさを教えたり。こどもの頃の経験は、大人になる過程で心身の成長にさまざまな影響を及ぼし、またこども自身の可能性を広げることにもつながります。
しかしそれらの貴重な経験は、家庭・経済状況・地域などが要因となりすべてのこどもが手にできるものではありません。こどもを取り巻く環境がそれを許さないならば、だれかがこどもの可能性を育て、守っていくことが必要です。
こどもたちが成長するいつかその日まで、その可能性を守り通す。それが私たちの望む全てです。

代表者メッセージ

代表理事/中山 勇魚

「なんで学童保育はこんなにダメなんだ!これでは働く親のためにこどもたちを閉じ込めておくだけの施設だ!」数年前まで私はそう思っていました。しかし、たくさんの学童関係者と会い、語り合ううちにわかってきたことがあります。それは「こどもたちにとってよい放課後を実現しようと一生懸命なひとはたくさんいる」ということです。しかし、保育園の足元にも及ばない予算やそれに伴う低い待遇、学童に通うこどもたちが増えたことに追いつかず100人を越えるこどもたちがひしめいている施設、少しでも多くの利益を確保しようとする企業や経営者。そういった環境がこどもたちのために全力を尽くせない原因となっているということに気づきました。
それならばCFAはこどもたちのために全力を尽くせる組織であろう。わたしたちはそう考えています。まだ組織として整っていない部分はたくさんあります。正直、仕事も大変です。しかし、CFAはこどもたちのために全力を尽くせる組織です。変化や成長をともに楽しみながらこどもたちにとって本当によい放課後を一緒に作っていける仲間と出会えることを楽しみにしています。

[プロフィール]
早稲田大学教育学部卒業。18才の時に家庭の事情で家族が夜逃げ。東京都内のホテルやウィークリーマンションを転々とする。環境によって人生が大きく変わってしまう経験を経て「家庭や環境で人生が左右されないためにはどうしたらよいのか」を考え始める。大学在学中に様々な環境のこどもたちや教育のあり方について学んだり、学童保育の指導員として現場で勤務する中で放課後の可能性に着目。卒業後は保育系企業にて新規園の開発に従事。その後、学童関係者とともに「こどものたちのための放課後」を実現するための準備を開始し、2014年にCFAKidsを開校。日本放課後児童指導員協会理事も務める。

この企業が募集しているその他の求人

年間延べ6万人以上が通う居場所事業の事業部長候補募集

テーマ子ども・教育/福祉・社会的包摂

職種事務局(総合業務)/経営企画

企業・団体概要

設立:2014年4月5日

代表者名:中山 勇魚

従業員数:正規職員25名、ボランティア年間約100名超

事業内容:
・こどもの居場所の運営
・駄菓子屋の運営
・放課後に関する調査

業種:地域のみんなでこどもたちの育ちを見守る社会をつくる仕事

WEB:https://chance-for-all.org/

住所:東京都足立区関原3-15-4

気になるリストに追加

この求人に応募する

この求人とテーマ・職種が似ている求人

訪問型病児保育の保育研修を実施し、安心・安全の保育をつくる事務局スタッフ
NPO法人ノーベル

テーマ
子育て支援/福祉・社会的包摂
職種
事務局(総合業務)/保育・介護

【熱い!サービス管理責任者募集】熊本で新しい福祉のカタチを地域に拡げる!
特定非営利活動法人ソーシャルデザインワークス

テーマ
地域活性化・まちづくり/福祉・社会的包摂
職種
プログラムコーディネート/企画・商品開発・クリエイティブ

子ども若者と保護犬の可能性を拓く!動物介在事業のコーディネーター人材を募集!
認定特定非営利活動法人キドックス

テーマ
子ども・教育/福祉・社会的包摂
職種
プログラムコーディネート/営業・接客・カスタマーサポート

うつ病や発達障害の方に多様なビジネスキャリアを。キャリアアドバイザー
株式会社キズキ

テーマ
人材育成/福祉・社会的包摂
職種
事務局(総合業務)/営業・接客・カスタマーサポート

最近掲載された新着求人

子どものためのものづくりの中心を担う、子どもの笑顔を作る施工管理・メンテスタッフ
株式会社 木の里工房木薫

テーマ
子ども・教育/農林水産(6次産業)
職種
営業・接客・カスタマーサポート/職人・ものづくり

【メンター大募集!】子どもが創造力を発揮できる環境作りのサポートをお任せします!
特定非営利活動法人みんなのコード

テーマ
IT・情報/子ども・教育
職種
企画・商品開発・クリエイティブ/営業・接客・カスタマーサポート

〜世界自然遺産の島にある真の魅力を伝えたい〜将来のメディアプロデューサー募集!
龍郷町役場

テーマ
PR・メディア/観光
職種
マーケティング・広報/企画・商品開発・クリエイティブ

【第二拠点就労支援員クルー募集】上熊本で新しい福祉のカタチを地域に拡げていく!
特定非営利活動法人ソーシャルデザインワークス

テーマ
地域活性化・まちづくり/福祉・社会的包摂
職種
プログラムコーディネート/企画・商品開発・クリエイティブ

特 集

地域から未来をつくる特集

DRIVEキャリア厳選・未来を切り拓く人材紹介

NPOでの働き方とは?

DRIVE HOT POSTS いま、DRIVEで人気の記事を紹介!

ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン[DRIVE]の人気記事をご紹介!!

ローカルベンチャー

行動系ウェブマガジン[DRIVE]を見る