DRIVEインターン大学1・2年生からはじめる本気のインターンシップ

DRIVEインターンTOP > コラム > 【ブログ】「工藤が解消して魅せる!大学1、2年生の悩みや疑問」 インターンシップって一体何? 近年多くの企業で開催されているインターンシップの今

【ブログ】「工藤が解消して魅せる!大学1、2年生の悩みや疑問」 インターンシップって一体何? 近年多くの企業で開催されているインターンシップの今

2016.10.03

こんにちは!DRIVEインターン事務局の工藤です。

FullSizeRender

普通に登場しましたが、新人です。。

「お前は一体誰なんだ」と思った方も多いと思いますが、

9月からNPO法人ETIC.(当サイトの運営団体)のインターン生として働いている工藤です。

アクティブなことが好きで、スノーボードや釣りが趣味です^ ^見ての通り抜群の運動神経なので、スノーボードもそこそこできちゃいます。。

今日から「工藤が解消して魅せる!大学1・2年生の悩みや疑問」というタイトルでどしどし投稿していきたいと思います。

しかし、注意してほしいことが一つ!あくまで圧倒的私目線だという点です。

筆者が大学生活を通じて感じてきたことを基に答えていきます。はい。

では、早速参りましょう。

「インターンシップって一体何?」

あ〜、確かに大学1・2年生には馴染みがないかもしれませんね。

また、多くの就活生が参加している点から堅苦しそうな印象があるかもしれません。

では早速、答えて魅せましょう。

インターンシップとは、ズバリ、「企業が学生に提供している就業体験の場」です!

参加するためには、面接やグループディスカッション等の選考をくぐり抜ける必要があります。(企業によっては、選考を行わないプログラムもあります)

大きく分けると短期インターンシップと長期インターンシップがあります。

短期インターンシップとは

短期インターンシップとは、

一般的に1day~2week程の期間で行われるインターンシップのことを主に指します。

1dayのインターンは正直、会社説明会に近いかもしれませんね。多くの人数を募集し、大抵自社の認知度を上げるために企業側は行います。

5days〜2weeksになると就業体験ができるインターンが多くなります。内容としては、新規事業を立案したり、擬似的な営業担当をしたりですかね。企業側は、広告効果以外にも優秀な学生をピックアップする目的を持った上で開催する傾向にあります。

私が参加した短期インターンは、結構監視されていました。笑

そのため、新卒採用に関わってくる場合もあります。

長期インターンシップとは

長期インターンシップとは、

一般的は半年~1年程の期間で行われるインターンシップのことを指します。

内容としては、例えば企業のサイト運営をできたり、マーケティングや営業を経験できたりします。短期インターンと比べると、実務的な仕事が体験できるのが魅力です。長期インターンの場合、企業側は企業への貢献を求めている傾向にあります。

私は、今現在まさに長期インターンに参画している最中なのですが、正直結構大変です。学校の課題以外のタスクが増えますし、勤務日以外の時間もインターンのことで頭を抱えています。

しかし、インターン前の自分と比べると成長も感じています。スキル的にはもちろんですが、自分自身の事を理解し自分をコントロールができるようになり、自信がついてきました。

また、多くの起業家・起業家の卵の方々を見て、自分が秘めている可能性がまだまだあることに気づくことができました。このことは私にとって重要な気づきでした。

長期インターンは生半可な気持ちで挑むものではありませんが、挑んだ先には無限の成長可能性があると思っています。

短期インターンにも長期インターンにもそれぞれの魅力がある!

大きく分けて2種類のインターンを紹介してきましたが、どちらにも魅力があります。

なので、自分がインターンに何を求めているのか考えた上で、どちらも有効活用するべきです。

私のインターン経験上、

長期インターンは自分の能力・スキルを高める場で、

短期インターンは自分の能力・スキルを試す場です。

そのため、まずは長期インターンに参加することを大学1・2年生にはお勧めします。

IMG_0675                                       

最後になりますが、

私自身、インターンを経験してみてインターンは決して堅苦しいものではなく、想像以上にワクワクを感じることができる機会だと思っています。

短期インターンは短期間で企業の仕事を体験することができる、まるで未知のものに触れるようなワクワクを体験できます。

長期インターンは、自分自身の成長・進歩・変化を実感しながら、チームメンバー(他のインターン生、社員の方々)と共に同一目標に向かっていくワクワクを体験できます。個人的には高校の部活動のような楽しさを感じています。

このような魅力的なインターンにこの記事を読んで少しでも興味を持ってくれる人がいれば、私としては嬉しいです!

最後までお読み頂きありがとうございました。

ではまたの機会にお会いしましょう。

<写真撮影場所>

高尾山トリックアート美術館

起業家のもとで超実践的な経験を積みたいなら...

DRIVEインターン

地域未来創造型インターンシップ(横浜)

コラムの一覧へ