DRIVEインターン大学1・2年生からはじめる本気のインターンシップ

DRIVEインターンTOP > コラム > 事務局かみーはみた!!〜Vol:6戦略的休学のススメ2016/各大学の休学最新情報まとめ!〜

事務局かみーはみた!!〜Vol:6戦略的休学のススメ2016/各大学の休学最新情報まとめ!〜

2016.10.10

みなさま、こんにちは!事務局かみーです。

夏休みも終わり、今年ももう残すところわずかですね!(>人<;)

さて、本日は日本でもだんだんと選択する人も増えてきた「休学」と「ギャップイヤー」について、 各校の最新情報をまとめてお伝えしたいと思います!!学生のうちから社会に出て、さまざまな経験を積みたいと考えているみなさんにお役立ていただければと思います。

fbc7c8b110f8f8c621cc103c1d3bdd07_s

目を輝かせて大学に入学し、新しい出会いや勉強、仲間たちにわくわくしていた人が、

大学3年になったら、髪を黒く染めて真っ黒スーツ、毎日企業説明会と面接でスケジュール帳がびっしり?

就活って、大学3年生以降ってそんなイメージ持ってませんか?

でももう一度立ち止まって考え直してください。

就職のために進学したんだっけ?

会社に選ばれるために就活するんだっけ?

いやいや、あなた自身が本当に豊かで、心が踊ると思える日々を描くために、大学生活を本当に満喫してほしいと私は思います。

私が大学を卒業したのはもうずいぶん前のことになりますが、多くの社会人の方が言う通り、

「大学を卒業したら自分の時間なんてほとんどありません」

だったら、高校生とは違い、自分で少しだけど自由になるお金も社会性も持ち、社会人とは違って自ら学ぶためにいくらでも時間を費やすことができる、この人生における「大切な期間」を思いっきり充実したものすることが何よりも大切なんじゃないでしょうか。

大学生活が4年間なんてきまってない!

《休学費用が比較的安い私立大学12選!!》

*国立大学、公立大学の休学費用は基本的に無料になっています。

843a9dd4d9f16fe184e5dd8f0d0b236c_s

■早稲田大学■

休学費用:5万+諸会費(数千円程度)

休学届の提出期間:

【前期】手続き期間 4月30日まで(5月1日〜5月30日申請の場合学費全額負担)

【後期】手続き期間 10月31日まで(11月1日〜11月30日申請の場合学費全額負担)

■立教大学■

休学費用:半年 在籍料6万+別途諸会費一年 在籍量12万+別途諸会費

休学届の提出期間:

前期2月1日〜5月31日/後期8月1日〜12月3日

■慶應大学■

休学費用 授業料と実験実習費等除く

【半期休学】在籍基本料3万円 施設設備費の2分の1

(文系学部9万5000円/理工学部10万5千円/総合政策学部・環境情報学部13万5千円

その他理系学部14万〜17万程度)別途諸会費

申請期間:2016年度の場合だと春学期5月31日まで/秋学期11月30日まで

【年間休学】在籍基本料6万円

施設設備費:(文系学部19万、理工学部21万、総合政策学部・環境情報学部27万

その他理系学部29万〜34万)別途諸会費

申請期間:2016年度の場合だと5月31日まで

■明治大学■

休学費用:

【春学期】在籍料8万円 別途諸会費(2万円程度)/申請期間:4月1日〜5月31日

【秋学期】在籍料8万円 別途諸会費(2万円程度)/申請期間:9月20日〜11月20日

■神奈川大学■

休学費用:年間休学10万円+別途諸会費/4月30日までに申請

【前期】5万円+別途諸会費/4月30日までに申請

【後期】5万円+別途諸会費/10月31日までに申請

■法政大学■

休学費用:年間10万円+諸会費/5月31日までに申請

春学期】5万円+諸会費/5月31日までに申請

【秋学期】休学5万円+諸会費/10月31日までに申請

■中央大学■

休学費用 当該年度施設設備費2分の1 2017年度入学の場合

法学部/文学部/ 経済学部/商学部 91,700

理工学部131,250

総合政策学部115,100

*別途諸会費が必要になる場合可能性あり

休学届の提出期間:【前期】手続き期間:4月1日〜4月30日 当該年度施設設備費の1/2相当額

5月1日〜7月20日 分納時の学費相当額(学費減免措置なし)

【後期】手続き期間 9月21日〜10月20日 当該年度施設設備費の1/2相当額

10月21日〜1月31日 分納時の学費相当額(学費減免措置なし)

■関西学院大学■

休学費用:休学在籍料 半期ごと10万円前後/年間10万円

【春学期】休学在籍料 10万円前後 授業開始日(4月5日とか)から1ヶ月以内

【秋学期】:休学在籍料 10万円前後 授業開始日(9月中旬とか)から1ヶ月以内

【年間】:休学在籍料 20万円前後 授業開始日(4月5日とか)から1ヶ月以内

■青山学院大学■

[ 2011年度以前入学者 ]

(1)1年間休学の場合:授業料年額の4分の1相当額

(2)1学期間休学の場合:授業料年額の8分の5相当額、施設設備料(18‐19万)及び教育活動料(2万5千円)並びに諸会費

[ 2012年度以降入学者 ]

(1)1年間休学の場合入学した年度に休学する者:授業料年額の2分の1相当額及び諸会費

入学した年度以外に休学する者:在籍基本料(6〜8万円)

(2)1学期間休学の場合

入学した年度に休学する者:授業料年額の4分の3相当額、施設設備料(18‐19万)及び教育活動料(2万5千円)並びに諸会費

入学した年度以外に休学する者:在籍基本料(6〜8万円)、<もう半期分の授業料年額の2分の1相当額、施設設備料(18‐19万)及び教育活動料(2万5千円)並びに諸会費>

■上智大学■

半年3万円(実質、上智大学は減額制なので、年間を通すと、在籍費の6万円と授業料、教育充実費、実験実習費のそれぞれ2分の1を払うことになる)+同窓会積立金など、年間6万(在籍費)+同窓会積立費など※1

※1同窓会積立、学生健康保険互助組合、学生教育研究災害傷害保険

※2016年度入学者は、教育充実費として別途19,800円かかる。

■同志社大学■

【1年休学】12万 休学を開始しようとする月の末日(このように記載はされているが、実質履修登録完了前に申請しなければならない。履修登録が完了してしまったら、学費が発生してしまうから)

【半期休学】6万 休学を開始しようとする月の末日(このように記載はされているが、実質履修登録完了前に申請しなければならない。

履修登録が完了してしまったら、学費が発生してしまうから)

■関西大学■

【前期】6万円/5月31日までに申請/当該学期の学費:6月1日〜7月30日

【後期】6万円/10月31日までに申請/当該学期の学費 11月1日〜1月31日

《注目のギャップイヤー制度とは!!》

425b57f54b5e517ca40a50583bf61c96_s

さて、さらに近年では「休学」以外にも「4学期制の導入」や、「秋入学」などの仕組みを持った大学もあるって知ってましたか?

これは留学生の受け入れやグローバル化に積極的に取り組んでいる大学で増えているのですが、これによって発生するのが、「ギャップイヤー」「ギャップターム」と言われる入学・卒業時期のずれによって生じる自由な時間です。

例えば、3月に高校を卒業して、9月に秋入学をする場合、半年間のギャップタームが生まれます。留学して帰ってくる場合もしかりです。

この数か月単位だけ空いた時間をダラダラと過ごすのではなく、自分が挑戦したいことに集中して取り組める自由な時間ができると考えれば、社会に出る前に自分のために使える時間がさらに増えます。

しかしながら、日本における「ギャップイヤー」の認知率はわずか20%と低く、

これまでは、あくまで大学の学内の自主予算で、東大や国際教養大などが導入してきたものでしたが、

今年から大学の学外学修の一環として「ギャップイヤー・プログラム」が文科省の予算付けされて誕生しました。

(参考サイト)・今週から10大学でギャップイヤー制度導入

ギャップイヤー先進国イギリスでは、実に73%の人が、「若者の計画的なギャップイヤーは価値があることだと思う」と回答し、広く国内に制度が浸透しています。ギャップイヤーは、「comfort zone(ぬるま湯、日常性)」から抜け出して、親や教員から離れていわば「修行」を行うことに意義があり、それは国内外の社会的課題を解決する人材、グローバル人材、リーダーシップを持った人材を生み出すことが知られてきました。

無為に時間を過ごすのではなく計画や意図をもった期間を過ごすことで、 大学での学びだけでは身に就かない「ソフトスキル」が身に就く、ということが広く知られているそうです。

「ソフトスキル」というのは、様々な世代・価値観・背景を持った人とコミュニケーションをとる力や、 困難に直面しても突破していく力、自分の意思をもって未来をきりひらいていく力等だと考えられこれからの時代にこそ、持ち合わせてほしい資質・能力だと思います。ぜひ、大学で導入されている学生のみなさんにはチャレンジしてほしいプログラムですね。

(参考サイト)

海外ギャップイヤー情報

2016年はギャップイヤー2.0の時代

人生に寄り道を〜今注目のギャップイヤー〜

d3504dd8324f5358f8ae691d9088a652_s

さて、最後にそんな休学/ギャップイヤー・ギャップターム中にぜひ活用してほしいアクティビティもご紹介したいと思います。

トビタテ留学JAPAN

青年海外協力隊

DRIVEインターン

ワーキングホリデー

いかがでしょうか。

大学4年間を勉強や就職の準備のために過ごすだけでなく、高校生の頃とも社会人とも違う自由な時間を持った大切な期間として、 みなさんに最大限活用していただきければと思います。 そして、自らを起点に、本当に豊かだと思う暮らしは何か、自分が心躍る幸福な時間とは何かを考え、 これからの新しい社会を切り拓く力を育んでもらえたらと思います。

以上

今月の事務局かみーは見た!でした。

コラムの一覧へ