DRIVEインターン大学1・2年生からはじめる本気のインターンシップ

DRIVEインターンTOP > コラム > 失敗しないインターン先選びのコツ~自分にあったインターン先を見つけよう~

失敗しないインターン先選びのコツ~自分にあったインターン先を見つけよう~

2016.10.31

こんにちは、DRIVEインターン事務局のタエです。すっかり季節は秋になり、日が落ちるのも早くなってきましたね。

食いしん坊の私は、日々、秋の味覚を楽しんでいます。ぜひそれぞれの皆さんにとって「充実した秋」になりますように!

 

SONY DSC

 

 さてさて、今日は「いまの私にあったインターン先を見つけたい!でもどういう基準でインターン先を選んだらよいかわからない・・・」という皆さんに向けて失敗しないインターン先選びのコツを紹介していきますね。

 

特に1年生で、入学時に勧誘されて流れで入ったサークルがつまんなくなってきてしまった人や、このままの大学生活でよいのかな?、って思い始めた人から最近お問い合わせが増えています。

どうせ新しいことを始めるなら、夢中になれることや、安心して自分らしく挑める環境でインターンに挑戦したいですよね

そんなとき、以下の観点を参考にしてもらえたら嬉しいです。

サイトだけではわからない、インターン先の「社風」・「経営者の人柄」

数ある選択肢の中の1つとしてインターンへの参加を検討し始めた皆さんにとっていろいろ悩みは尽きないですよね。

特に「どのインターン先にエントリーするか」は、最重要テーマです。インターンの期間が長ければ長いほど、また本気で挑戦しようと思えば思うほど当然、インターン先を吟味する皆さんの目も厳しくなりますよね。特に、「社風・カルチャー」や「経営者の人柄・キャラクター」等はなかなかサイトの情報を見ているだけではわかりにくいものです。オススメは、経営者のインタビュー記事のサイト等を検索してみること。

社名と経営者のお名前をGoogleで検索すると、何かしらの情報にヒットすることが多いです。ぜひ一度チェックしてみましょう。

 

とはいえ、インターネットでのリサーチには限界がありますからやはり、社風や経営者の人柄等についての情報は知っている人に聴くのが一番です。私達DRIVEインターン事務局では、社風等、サイトだけではわかりにくい情報を積極的に提供していますから是非お気軽にメールやお電話等でご連絡いただければと思います。

選択肢を狭めすぎないで!未知なる自分との出会いを楽しもう♪
mirror                                                    

もうひとつ、よくあるパターンとして「プログラミングができないから、インターネット系の会社は無理だとおもって」とか「営業は自分には合ってない」という感じで、自らイメージや先入観で選択肢を狭めてしまうケースが見受けられます。

「インターネット系」や「営業」と一口にいっても、事業内容や業界によって実にいろいろな仕事があり、それぞれの募集で、求められるスキルや要件は異なりますし、必ずしも皆さんの思っている仕事のイメージ(営業はノルマ厳しい、インターネット系は知識がないと無理・・・等)と実際とは違うことが、よくあります。

このように、イメージやパッと見の印象でインターン先を敬遠してしまうことは私達からみると非常にもったいないことです。(インターン先だけでなく、就職先選びにも言えることですが)。

 

インターンを機に苦手を克服しよう、とか、あえてこれまで自分がチャレンジしてこなかった分野に挑戦しよう!と挑むことで、今まで気づかなかった自分の新たな一面に気づくことができるかもしれません。

新しいことを始めるのですから、「わからなくて当たり前。勉強して追いつこう!」ぐらいのど~んとした心構えで、ぜひ一歩を踏み出してみてください。

落とし穴は、条件面にも。インターン両立のコツは無理しすぎないこと!
時間の写真                                                  

インターン先選択の際に意外とあなどれない観点が「物理的な条件(通勤距離や活動支援金等)」面。

インターン先が家や大学から1時間以上等という場合は、いくら選考時点では「いける!」と思っていたとしても後々苦しくなったり、学業との両立に影響を及ぼすということが起きかねません。

もちろん、熱意をもって距離のハードルを越えて両立している先輩もいますが、エントリーする前に、通勤場所についてはよくよく確認することをオススメします。

同様に、活動支援金・交通費等の手当てについても選考時等しっかり確認して経済的にも無理のない状態で参加できるか、という点はよくよく選考時にも確認しておきましょう。

最後に・・・
IMG_5925                                        

いかがでしたか?

ぜひ「自分に合ったインターン先」に迷ったら遠慮せずに、ETIC.スタッフに聞いてみちゃってください。

経営者の方がどんなタイプの方か、過去インターン生の先輩がどんな仕事を任されてどんな成長を遂げてきたのか、たっぷりお話できると思います。

 

DRIVEインターンでは、「キャリアコーチング」という形で皆さんの相談をいつでも受けつけています。

キャリアコーチング」はいうなれば、「コンシェルジュ」機能。

あなたのこれまでのライフスタイルや価値観、将来の夢、等を聞きながら、あなたにあったインターン先を提案していきます。

 

自分に合ったインターン先がわからない、という場合は、お気軽にスタッフまでご相談くださいね。

ETIC.DRIVEインターン事務局一同、皆さんの長期インターンが人生を変えるキッカケとなるような密度の濃いインターンになるよう、祈っています。

コラムの一覧へ