DRIVEインターン大学1・2年生からはじめる本気のインターンシップ

DRIVEインターンTOP > コラム > 【どすこい起業家ぶつかり稽古 連動インタビューVol.3】先輩学生に聞いた!「あなたにとって起業家とはどんな存在?」(慶應義塾大学 大学院2年 竹田和広さんの場合)

【どすこい起業家ぶつかり稽古 連動インタビューVol.3】先輩学生に聞いた!「あなたにとって起業家とはどんな存在?」(慶應義塾大学 大学院2年 竹田和広さんの場合)

2017.01.29

こんにちは!

NPO法人エティック「どすこい起業家ぶつかり稽古」事務局の関根です!

様々な業界の第一線で活躍する起業家のかばん持ちとして1日密着し、本気で稽古をつけてもらう1DAYプログラム「どすこい起業家ぶつかり稽古」の開催が、いよいよ来月に迫ってきました!

今回は、2月に開催する「どすこい起業家ぶつかり稽古」の連動インタビューとして、事務局スタッフが、これまでに様々な場面で、起業家と接点を持って自分の考えをぶつけ、その度に色々な学びのフィードバックを受けてきた先輩学生に取材をしてきました!

・「起業家へのぶつかり稽古を、良い経験にするために意識した方がいいことは?」

・「そもそも、なんで起業家にぶつからないといけないの?」

・「起業家ってそもそもどういう人たちなの?」

といったことを聞いていき、「どすこい起業家ぶつかり稽古」を通じて、起業家の元に飛び込もうと考えている学生の皆さんに、プログラムの醍醐味をお伝えしていければと思っています!

第3回目の先輩学生は、慶應義塾大学 大学院2年の竹田和広さん。現在、一般社団法人ウィルドアの代表として、「一人ひとりが"自分"と"社会"と共に生きられる」未来を目指して、地域や教育に関する事業を展開しています。

今回は、事務局スタッフ関根がお話を伺ってきました。

高校生のときに起業家に初めて出会った竹田くん。話を聞いてみると、竹田くんにとって、起業家の範囲は、起業家だけに限らないという点が非常におもしろかったです。政策を”つくっている”という点で政治家だって起業家だし、自分の興味を追い求める中で“価値を生み出す“点で大学教授だって起業家だという風に捉えているそうです。

そんな竹田くんにとって起業家とはどんな存在なのか?竹田くんへのインタビュー、ぜひお楽しみください!

親が敷いてくれたレールの上でなくても生きていけるということを実感しました。

1枚目

関根:本日のゲストは、竹田くんです。今日はよろしくお願いします。竹田くんも、これまでたくさんの起業家さんと出会って、その中で得たこと、学んだことがあると思うんですが、まずはそれを教えてもらえますか?

竹田:そうですね、基本的に今の僕の価値観は起業家的な人たちがつくってくれたと思っています。そもそも、「通勤電車に乗って会社に行かなくてもいいんだ」とか、「自分が嫌なことはやらなくていいんだ」とか、変に無理をしなくても生きられるということに気づかせてくれましたね。

関根:そういった発想はもともとはなかったんですか?

竹田:大企業に行って、安定した良い家庭を築くっていうのが、親が僕に敷いてくれていたレールだったんです。そして、高校生になるまでそれ以外の道ではいい人生は送れないと思い込んでいました。だから、そのレールじゃなくても、生きていけるんだということは大きな気づきで、極端な話ですが、例えば、大学に行かなくたって、すごいことができるんだって思わせてくれました。

関根:人生の選択肢の幅を広げてくれたという感じですね。

竹田:僕が出会った起業家さんの中には、例えば、学生時代にインターネット書店を営んでいて、今は、地方創生の世界で活躍したりしている人がいます。仕事って一つに決めなきゃいけないのかと思っていたら、自分でやることをどんどん変えてもいいんだなというのは印象的でした。

自分の価値を考え尽くした人が起業家なんじゃないかなって思います。

4枚目

関根:単刀直入に聞いちゃいます。竹田くんにとって「起業家」とはどんな存在でしょう?

竹田:僕にとっては、起業家は人生のロールモデルの一つです。なぜかと言うと、自分がワクワクすることしかやっていない人たちだから。その中で、自分ができること、自分ができないことを明確にして、自分にできることだけを尖らせた人たちが起業家なのかなって思います。だから、ちょっと抜けてる人も多いなって(笑)。

関根:でこぼこがあっていいんですね。

竹田:また、最近思ったのは、自分の「本当に大切にしたいことを考え尽くした人というのも起業家に多いんじゃないかなってことです。あとは、これは嫌だ、この生き方は無理だ、会社員は合わないみたいな一見ネガティブな要因で起業する人もいますよね。でもその人たちは、自分の理想のライフスタイルを追求した結果、起業家になっている人たちなので、僕はそういったこだわりを大事にする生き方もありだなと思っています。

関根:何かに囚われずに自分の気持ちに素直に反応して、自分らしい生き方、働き方が見えてきている人たちという捉え方もできるかもしれないですね。

2枚目

関根:ちなみに、色んな人に接していて、起業家に特有の特徴ってありますか?

竹田:色んな人がいすぎてわからないですね(笑)。ワクワクしながら事業をやっている人もいますし、夢なんか持たなくていいっていう起業家もいますし。だから、極論、起業家も普通の人と変わらなくて、どんな人だって起業家になれる可能性があると思ってます。

起業家の無茶ぶりは全部受ける! 発言の裏にある意図を聞いてみる!

関根:これから起業家にぶつかっていく高校生、大学生に、ぶつかり稽古の経験者である竹田くんから何かアドバイスがあればお願いします。

竹田:起業家に好かれるのって、いい意味で自らぶつかっていく人だと思います。なので、ぶつかっていいかなあって躊躇せずにまずはぶつかってみよう。と言いたいです。

3枚目

竹田:あと、起業家の無茶ぶりは全部受けろですね。あ、宴会芸とかしろって意味ではないですよ(笑)。

関根:それはどういうことですか!?(笑)

竹田:起業家が突然ふってきた、これは無理だろうって思うようなこともまずは受けるんですね。起業家が、飛び込んできてくれてもいいような雰囲気を出したらその球を全部拾っていく。僕の場合、それをしていたら気に入られて、そこから色んな話や機会が自然に舞い込んでくるようになったんです。

関根:起業家の周りにはチャンスの種が満ち溢れていますからね。他には何かありますか?

竹田: あとは、起業家の何気ない雑談をよく聞くことですね。起業家が他の人と話している内容とか。あー、こういう会話をするんだっていうところから、その人が考えている世界観、価値観を感じ取れると思うんです。

関根:自分が直接対話してるとき以外からも多くを学べるってことですね。

竹田:はい。あとは、発言の裏にある意図を聞くのはいいと思います。なんで、あのタイミングであの発言をしたのかとか。起業家は僕らが想像していることより、一歩先を考えて行動していることも多いので、そこに注目するのはとても大事だと思います。これは、ほんとに1日行動を共にしないとできないんですよね。

関根:竹田くん、本日は貴重なお話をありがとうございました!

--------------------------------------------------------------------------------

<取材後記>

--------------------------------------------------------------------------------

今回も記事を読んでくださいましてありがとうございました。個人的には、「自分にできることだけを尖らせた人」、「本当に大切にしたいことを考え尽くした人」、こういった人たちが起業家であるという言葉がとても印象的でした。私自身も、起業家は起業家だけにとどまらないと考えています。例えば、企業社員、学校の先生、医師、公務員であっても、自らの意志で道を切り拓き、リスクを恐れずに新しい価値の創造、社会の課題解決に挑んでいる人は、すべからく起業家的であるんだと思います。

起業家の1日に密着する、かばん持ちプログラム【どすこい!起業家ぶつかり稽古】では、起業家志望の学生にとどまらず、自分の想いや社会への課題意識などをカタチにしたい、今夢中になっていることを突き詰めてそれを何かしらの形で社会に還元したい、こういった学生の皆さんのエントリーも大歓迎です!

エントリー締切は、1月29日(日)22時まで!

詳細はこちらから ≫ 「どすこい起業家ぶつかり稽古」公式WEBサイト

最後に、現在、竹田くんが展開するウィルドアの活動は、以下のリンクからご覧になれます!ぜひ竹田くんの挑戦も応援ください!

≫ 一般社団法人ウィルドアWEBページ 

コラムの一覧へ