DRIVEインターン大学1・2年生からはじめる本気のインターンシップ

ビジネスパーソンの新しいキャリアステップをつくるコミュニティ運営プロジェクト

一般財団法人スポーツヒューマンキャピタル

スポーツビジネス経営へのキャリアをサポートするプロデューサーを募集します

●業界を変革する経営リーダーを育成する
一般財団法人スポーツヒューマンキャピタル(以下、SHC)は日本のスポーツ界にプロの経営者(スポーツエグゼクティブ)を増やすために、優秀なビジネスパーソンを日本各地のクラブの経営者として育成し送り込むカリキュラムを実施しています。
今回募集するのは、広報戦略を立案するマーケティング責任者です。優秀な人材をより多く集め、経営者や経営者を支えるパートナーとなるような人材を多く輩出していくために、これまでの応募者のデータ等に基づき、ターゲットとなるビジネスパーソンの募集するための戦略を考え、実行していただきます。

●可能性のある市場を「経営」の力で開拓する
日本におけるスポーツ産業は、プロリーグの設立とともに競技そのものは盛り上がりつつありますが、『経営』という面ではまだまだ未成熟です。他の産業では、専門知識を持ち、スキルを持った人材が経営者としてビジネスを行うことが当たり前ですが、スポーツ産業では未だプロの経営者は多くありません。現在、日本国内におけるスポーツ産業の市場規模は5.5兆円ですが、潜在的には15兆円になる可能性があると言われています。

SHCは2016年9月にJリーグを母体として、スピンアウトする形で設立されました。これまでJリーグが実施してきたスポーツに特化した経営人材育成の取り組みを、スポーツ界全体に波及させていくために、立命館大学と連携してカリキュラムを実施しています。
特徴的なのは、Jリーグの20年間の現場の知識・知見を獲得するための理論的な学びと、日本全国のチームでマネジメントに取り組むことによる実践的な学び。カリキュラムの講師陣にはJリーグチェアマン村井満氏、株式会社ガンバ大阪取締役アカデミー部長上野山信行 氏、株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO冨山和彦氏など各分野のトップランナーが選ばれています。
座学のカリキュラムから選抜された受講生たちは実際に各チームに入り込み、事業戦略の立案など経営の一翼を担っています。

●マネジメントを担う人材の登竜門に
SHCではそうした経営人材を育てていくための講座の運営を行いながら、日本のスポーツ界において経営人材を輩出していく登竜門となるために、より広く認知を広げ、優秀なビジネスパーソンがスポーツ界に流入してくることを目指しています。

第1期生はコンサルタントや、金融業界、弁護士など多様なバックグラウンドを持った人材が学び合い、切磋琢磨する環境がありました。今後、そうした優秀な人材をより多く集め、優秀な経営者、経営者を支える右腕となるような人材を多く輩出していくために、今後の人材募集に向けた広報戦略を見直し、データに基づいたマーケティングを行っていくのが今回の役割です。

募集要項

テーマ アート・スポーツ教育
職種 マーケティング・広報販売・接客
特徴・条件 設立3年以内のスタートアップ
組織の種類 その他
活動支援金 あり
任せたい仕事内容・期待する成果 今回目指すのは、SHCが、将来的にスポーツマネジメントを目指す人材の登竜門として認知され、全国から優秀な人材を日本のスポーツ界に還流させるための入り口を強化することです。
そのために、第3期の募集に向けたマーケティング戦略立案の責任者として、様々な業務に取り組んでいただきます。

1)応募者のプロファイル・分析
第1期には定員50名の枠に263名の応募がありました。選ばれた人材は優秀な方々ですが、より多くの優秀な人材にSHCを認知してもらう必要があります。
これまでの応募者がどのような人材なのか(年齢・性別・これまでのキャリア・経験など)を分析し、今後、どのようなターゲットに対してアプローチをしていくべきか、その戦略を考えていきます。
自身で考えた戦略をもとに、次の広報戦略に向けた打ち手を提案し、実行していただきます。

2)広報・メディアでの発信業務
まずは、facebookなどのSNSでカリキュラムの内容やSHCについての発信をしていただきます。具体的には講座の様子を撮影し、記事の作成を行っていただきます。
日々丁寧に記事をアップしながら、どのような記事であるのか、記事のリーチ数などを目安にしながら精度を上げていきます。
また、講座の様子だけでなく、SHCそのものがキュレーションメディアとしての機能を果たせるよう、スポーツニュースなどのシェアや、コラムの掲載などを行っていきます。
それと同時に、提案していただいた広報の打ち手を実際に行いながら、目標としたターゲットにリーチできているのか、日々振り返りながら具体的な業務に取り組んでいただきます。
SHCでは様々なプロと連携しながら業務に取り組んでいます。
また、すでに実績のある1期生が派遣されている各地のクラブの様子を把握することも重要です。(1期生の活動の様子はこちら:https://goo.gl/hTVcCK)
こんな人を待っています! ・日本のスポーツ業界をビジネスの力で変えていきたいという意欲と今後のスポーツ界への可能性を感じている方
・日本初の新たな事業が立ち上がっていく過程を体感し、加速させたい方
・データから事実を読み解き、仮説を立てて実行することが好きな方
・ExcelをはじめとしたPCの操作に苦手意識がない方(覚える意欲があればOK)
・成長分野や異分野への人材の流れ(転職・業界を超えたキャリアチェンジ)をつくっていきたいという思いがある方
・事業立ち上げ期につき、多様な人とコミュニケーションをとれる方
インターン期間 6か月~
活動場所 御茶ノ水 (東京都文京区本郷3-10-15 JFAハウス内)を中心に
講座開催場所にも同行していただきます。
活動条件 【勤務頻度】
学期中:平日週3日フルタイム(日数については相談に応じます)
休暇中:週5日フルタイム

【勤務時間】
10:00~18:00

私たちはこんなチームです!

メンバーは、Jリーグの人材開発担当や日本を代表するインターネット企業の人事担当上級執行役員、元サッカー選手でMBAを持つ経営者、スポーツマーケティングの専門家、米国メジャーリーグサッカーでのキャリアを持つ国際担当(在ニューヨーク)、トップ選手へのメディア研修を一手に引き受けるSNSコンサルなど、卓越したプロフェッショナル揃いです。本音、自律性、フォロワーシップ、振り返りを大切に、楽しく真剣に事業を進めています。

インターン生へのメッセージ

グループマネージャー/中村聡

本件はJリーグを母体としてスピンアウトした新しい人材開発、活用の試みです。限られた資源、誰にも正解のわからない環境の下で、事業を成功させる必要があります。当事者としての業務水準と責任が前提として必要とされます。参画を希望される方には素直で柔軟な感性と真摯さを求めます。個性的なメンバーとの機会は参画者にとってのユニークな経験と直結しており、残す成果の質によってどんどん権限委譲します。皆さんの挑戦をお待ちしています。

この企業が募集しているその他のインターン

日本に新しいキャリアをつくる!スポーツの可能性を最大化する人材育成プロジェクト

テーマアート・スポーツ/地域

職種マーケティング・広報/企画・商品開発

企業・団体概要

設立:2016年9月

代表者名:本間浩輔(ヤフー株式会社 上級執行役員 コーポレート統括本部⻑)

従業員数:**

WEB:http://shc-japan.or.jp/

住所:東京都 東京都文京区本郷3丁目10番15号

気になるリストに追加

このインターンに応募する