DRIVEインターン大学1・2年生からはじめる本気のインターンシップ

次世代119アプリを人口密度日本一の街で実装する革新的プロジェクトのインターン募集

Coaido株式会社

次世代119アプリ「Coaido119」を池袋の街に社会実装する戦略の実行メンバーにジョインしてください!

Coaido(コエイド)という社名は co + aid + do (ともにたすける)という意味。緊急時に社会に眠る共助の力を引き出し、それを有効につなげて命を救う仕組みの構築を目指すソーシャル・スタートアップ企業です。

スマートフォンの位置情報を活用して緊急時にSOSを発信し、周囲の救命知識のある方にすぐに知らせるアプリ「Coaido119」を開発。現在、この仕組みを普及させていくための社会実験をおこなっているところです。

このアプリは周囲の救命知識のある方に応援を要請し、AEDを持ってすぐに駆け付けてもらうことで救急車到着までの間の一次救命処置の実施率を向上して助かる命を増やすことを目指しています。<アプリ紹介サイト> http://www.coaido119.com/

今年度は、経済産業省 「第3回 IoT Lab Selection」グランプリ受賞アプリに選出。IPA(独立行政法人情報処理推進機構)による 「第3回 先進的IoTプロジェクト支援事業」採択され、豊島区のバックアップのもと、実装段階に入ることになりました。

病院外での突然の心停止は、老若男女問わず誰にでも起こりえます。そのとき迅速な救命処置ができないケースが多く、約9割の方が亡くなっています。その数は年間70,000人以上にも上ります。

今目の前で、家族や友達や恋人が、突然倒れて意識を失ったらあなたは救命処置できますか?―このアプリは119番通報しながら周囲の助けが得られる画期的なアプリです。一人でも多くの方にこの仕組みを利用していただき、一つでも多くの命を”ともに助け・助けられる”社会をつくっていくために、私たちに力を貸してください。

募集要項

テーマ テクノロジー・テック医療・福祉・ヘルスケア
職種 マーケティング・広報営業
特徴・条件 地域で働く起業家のすぐそばで働ける
組織の種類 株式会社
活動支援金 あり
任せたい仕事内容・期待する成果 広報・営業のリーダーや社外のデザイナー、戦略コンサルタント等のプロフェッショナル等により決定したプロジェクトの実施内容を実行し、具体的な成果を上げていただきます。アプリをPRしてユーザーを獲得することで緊急時の共助が促進される社会を実現し、救命成果を生み出しプロジェクトを成功に導くための重要な役割になります。
・「Coaido119」をダウンロードしていただくためのキャンペーン実務
・行政や企業と連携して、より多くの方に知ってもらうための広報PR実務
・マスメディア、ローカルメディアへのPR戦略の実行や問い合わせの対応
・その他、オウンドメディアやSNSなどを活用した広報実務
こんな人を待っています! ・iPhoneを持っている方。
・テクノロジーとデザインを社会課題解決に役立てることに共感してもらえる方。
・行政、大企業、地場企業、大学、メディア等と連携し、コレクティブインパクトを起こすための新しい手法をつくることにワクワクする方。
・東京23区で唯一「消滅可能性都市」とされた豊島区、その中心である池袋の街から救急救命のイノベーションを起こすことに熱意を持てる方。
インターン期間 最低6ヶ月以上
活動場所 東京都文京区本郷3-40-10 三翔ビル本郷 7F
小野田髙砂法律事務所内 social hive HONGO
最寄駅:丸ノ内線/大江戸線 本郷三丁目駅から8分
活動条件 【学期中】平日週3日以上【休暇中】原則フルタイム勤務

私たちはこんなチームです!

私たちが取り組んでいるのは、緊急対応を劇的に向上する仕組みを社会に実装することです。そこにはまだ答えはなく、自分たちの手で答えを作り上げていく必要があります。

そのため私たちは分野を超えて、プランナー、エンジニア、デザイナー、救急医療の専門家、弁護士、行政職員、広報プランナー、広告代理店、スタートアップスタジオ等の多職種のプロフェッショナルでチームを組成しています。

さらに本プロジェクトでは池袋駅周辺の公共交通機関・公共施設・商業施設・大学・事業所、池袋に支社を持つ大企業等にも参画を頂きます。

この多様なメンバーと共に社会を動かす答えを作り上げていくことには、何ものにも代えがたい面白さがあります。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/玄正 慎

Fast Aid Anywhere
ー どこでも迅速な対応ができる社会の実現

日本の心臓突然死者数は年間約73,700人、1日平均で約200人にも上ります。突然の心停止は老若男女、いつ誰にもで起こりうるものです。

心停止者の救命は、救急車が来るまで待っているだけではほとんどの場合手遅れになります。命を救うには、その場の人がCPR(心肺蘇生)を絶え間なく行うこと、そしてAEDで電気ショックを与えることが重要です。

日本には一般市民が使えるAEDが35万台以上設置されていて、AEDが世界一普及している国です。しかし、AEDの使用率は約7%とごくわずかしかありません。救命講習を受講し、一次救命処置の知識を持っている方も数多くいます。しかし周囲で起こっている心停止に気づくための仕組みがありません。

私たちはITとデザインの力でそれらの社会的なリソースをつなぐ仕組みを構築し、共助により大切な人の命が当たり前に助かる社会の実現を目指しています。

ビジョンに共感する方、ご応募お待ちしています!


〈Coaidoイベント情報〉
------------------------------
弊社代表の玄正 慎が、以下のイベントに登壇いたします!

<イベント名>
【高校生・大学生限定】スタートアップ・コロシアム – #1「助け合い文化」のRe:design-
~起業家が本気フィードバック!あなたのアクションを始動・加速させる競技場~


>> イベント詳細: http://tokyo-startup.jp/course/930

>> 日時:2017年9月4日(月)19:00-21:00
>> 場所:NPO法人ETIC.(エティック)渋谷オフィス
http://www.etic.or.jp/etic/access.html
>>【主催】東京都 【事務局】NPO法人ETIC.


高校生・大学生が、自分らしく、社会にポジティブな変化を与える生き方・働き方を実現するヒントを得たり、自分の次のアクションを定め、それを同世代の仲間たちと力強く踏み出していけるプログラムになっています。

Coaidoの事業に対する思いや今後の展望なども、玄正からお話しさせていただきますので、もしよろしければご参加ください。
------------------------------

[プロフィール]
横浜市立大学卒業後、ヨコハマ経済新聞の創刊に参画。iPhone発売を機にアプリプランナーとなる。2013年8月にハッカソンで心停止者救命支援アプリを発案し優勝、翌年に創業。

企業・団体概要

設立:2014年6月16日

代表者名:玄正 慎

従業員数:5名

業種:ソフトウェア開発

WEB:http://www.coaido.com/

住所:東京都 東京都文京区本郷3-40-10 三翔ビル本郷 7F

気になるリストに追加

このインターンに応募する