DRIVEキャリア世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト

DRIVEキャリアTOP > 求人を探す > コンテンツによる「孤育て」を予防するきずなメール事業、バックオフィス担当を募集

募集中2018.9.11 613view 


東京都

コンテンツによる「孤育て」を予防するきずなメール事業、バックオフィス担当を募集

特定非営利活動法人きずなメール・プロジェクト

【複行兼業可・子育て世代歓迎】「きずなメール」という新しい孤育て予防・新しい命の祝福事業を支えるスタッフを募集します。

NPO法人きずなメール・プロジェクトは、孤育て(孤独な子育て)予防活動、新しい命の祝福活動として、妊娠期から乳幼児を育てる母親父親向けの子育て応援コンテンツ「きずなメール」の制作・配信・普及を行う事業型NPOです。現在、全国の40自治体や医療機関の事業・サービスとして、「きずなメール」が日々配信されています。

設立から8年、常勤・非常勤スタッフ含めて10数名がこの「きずなメール」という新しい孤育て予防・新しい命の祝福事業に取り組んでいます。今回は、組織、スタッフを支えるバックオフィスを担ってくれる仲間を募集します。

<具体的な業務>
・毎月の経理事務(予実管理、証票整理、経費精算、税理士や会計ソフト入力者とのやりとり、出張手配等)
・決算業務補助
・労務事務補助(勤怠管理、入社手続きなど)
・人事(教育・研修、評価制度の確立など)

募集要項

テーマ 医療・介護・メンタルヘルス子育て支援
職種 経理・財務総務・労務・人事
雇用形態 アルバイト
組織形態 NPO・NGO
その他のキーワード 社員・職員数10-49名
期待する成果 スタッフ全員が働きやすい環境をサポートしていただけるかどうか。
対象人材像 ・きずなメール・プロジェクトの理念と、活動内容に共感している方。
・新しい事業を、仲間と共に創り、成長させようと思える人。
・試行錯誤しながらも、やるべきことやりたいことを自律的に進めていける方。
・一般的なビジネスマナーとPCスキルを持っている方
・募集業務の経験者。
応募資格 社会人経験が3年以上ある方
活動場所 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北5-1-5-301
JR阿佐ヶ谷駅北口から徒歩7分
勤務時間 月曜日~金曜日。9時半-17時半の間で、
月末月初を中心に月5日~10日程度、40~80時間程度働ける方。
給与 時給1200円~(経験、能力を考慮の上、決定)
※最初の3ヶ月間は試用期間となります。
労災保険、交通費別途支給、昇給あり
福利厚生 ・各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
・交通費別途支給(上限月2万円)
給与以外の報酬 ・団体の外の方との「協働」でなりたっている事業です。全国の自治体、医療機関、「きずなメール」原稿を支える医師との「協働」や、中間支援団体、民間企業のCSR部門とのセッション等。
・複業・兼業可
休日・休暇 ・完全週休2日制(土、日)、祝日
・団体内規定により有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇あり。
・特別休暇(育休休暇、介護休暇、慶弔休暇等)
職場の雰囲気 子育て世代が多い職場です。「仕事か育児か」ではなく、どちらも大事にしたい人が集まり、限られた時間の中で成果ややりがいを作り出しています。
入社後1ヶ月のイメージ 経理事務、労務事務、人事等についての前任者からの引き継ぎに注力します。
選考プロセス 書類選考と面接2-3回
応募方法 【応募方法】
履歴書(書式自由・写真添付)
職務経歴書(書式自由)
志望動機(A41枚程度か、200字にまとめるかのどちらかでお願いします)

以上3点の書類を、メールにて送信件名を「バックオフィス職員に応募します」にして、

i_oshima[at]kizuna-mail.jp ([at]を@に変換してください)

までお送りください。

この仕事のやりがい

きずなメールの事業は、類似のものがまだ日本にありません。似たものがないということは、それを語る言葉もまだないということです。

きずなメールの事業は、下記のような多様な側面を持っています。

原稿、コンテンツであること→メディア
Missionが「孤育て予防」→公的な取り組みとしての子育て支援
メール、LINE、アプリを使って届ける→ICT

これを先ずは日本で一般化し、さらに海外でも「kizunamail」という語が広まることを目指しています。

「新しい価値を作って、世界で役に立つ」ことを、具体的な業務として形にできるのが、この仕事のやりがいです。

私たちのビジョンとミッション

Mission
孤育て(孤独な子育て)を予防し、誰もがかけがえのない思いで新しい命の誕生を迎え、子育てができる社会の実現。
Vision
新しい命の誕生に対し、社会全体から「おめでとう」の言葉があふれる世界。

代表者メッセージ

代表理事/大島由起雄

ここ3年連続して、スタッフへの年始の挨拶は、「組織に最適化せず、Missionの達成だけを目指してください」というメッセージでした。

僕らのMissionは「孤育て(孤独な子育て)予防」。

人間のコミュニケーションの在り方自体が変わってきています。いや、「変わってきている」というより「常に変化している」のが本来の姿です。

なのに僕らの社会は、古いコミュニケーションの有り様を前提に設計されいていて、時代の変化に対応できていません。子育てについても同様で、そのしわ寄せが「孤育て」となって現れていると感じます。

社会課題は常に新しく現れます。だから、新しい価値を生み出すことで、その課題に対応していく。いつの時代もそうだったことを、受け継いでともにやっていく意欲のある方と出会えれば幸いです。

(よろしければ下記の記事、ブログも参考にしてみて下さい)
●「孤育て」をコンテンツで防ぐ。母親につながりを届ける「きずなメール」
https://ideasforgood.jp/2018/09/05/kizunamail/

●「人を励ます」という事業の市場を作って一般化していきたい
~「きずなメール」で“孤育て”を予防するNPO法人の挑戦~
https://wisdom.nec.com/ja/innovation/2018030801/index.html

●きずなメールが、乳幼児虐待予防に役立つ可能性について。
https://ameblo.jp/kizunamail/entry-12258986833.html

●きずなメールは「メルマガ」でもなく「双方向」でもなく「情報発信」でもなく「課題解決型」でもない
https://ameblo.jp/kizunamail/entry-12245767274.html

[プロフィール]
多摩美術大学卒。株式会社ベストセラーズを経て現職。

この企業が募集しているその他の求人

コンテンツで乳幼児虐待予防するきずなメール事業、編集制作、自治体担当補助を募集

テーマ医療・介護・メンタルヘルス/子育て支援

職種企画・商品開発・クリエイティブ/営業・接客・カスタマーサポート

企業・団体概要

設立:2010年11月3日(いいお産の日)

代表者名:大島由起雄

従業員数:13人

事業内容:
「きずなメール」とは、基本となるコンテンツのことです。

「きずなメール事業」とは、「きずなメール」コンテンツを用いて

①情報提供
②育児不安の軽減
③ソーシャルキャピタルの醸成
(家庭内・地域のきずなづくり)

を一体的に行う事業です。

WEB:http://www.kizunamail.com/

住所:東京都杉並区阿佐谷北5-1-5-301

気になるリストに追加

この求人とテーマ・職種が似ている求人

アフタースクール、全国で!現場・本部スタッフ募集です!
放課後NPOアフタースクール

テーマ
子ども・教育/子育て支援
職種
プログラムコーディネート/保育・介護

すべての子どもたちが安心して学べる環境を地域に創る!マネージャー候補募集
NPO法人ダイバーシティ工房

テーマ
子ども・教育/子育て支援
職種
事務局(総合業務)/公務員・教師・講師

いつでもどこでも働けるリモートワークを採用。成果にコミットするWEB担当者募集!
株式会社AsMama

テーマ
地域活性化・まちづくり/子育て支援
職種
マーケティング・広報/企画・商品開発・クリエイティブ

一緒によりよい高齢化社会をつくろう。KAIGO LEADERS運営スタッフ募集!
株式会社Join for Kaigo

テーマ
人材育成/医療・介護・メンタルヘルス
職種
事務局(総合業務)/総務・労務・人事

最近掲載された新着求人

全国展開をドライブする!各地にmanabyを立ち上げる事業所開発担当者を募集!
株式会社manaby

テーマ
IT・情報/福祉・社会的包摂
職種
リサーチ・コンサルティング/経理・財務

~法人営業~世の中にないサービス!ITで介護業界にイノベーションを起こしませんか
株式会社ロジック

テーマ
IT・情報/福祉・社会的包摂
職種
営業・接客・カスタマーサポート

※間も無く締め切り※ビジョンを広めることで社会を変える広報を募集!
株式会社manaby

テーマ
IT・情報/福祉・社会的包摂
職種
マーケティング・広報/営業・接客・カスタマーサポート

特 集

多様な働き方特集

教育?イノベーション 新しい教育を切り拓く

DRIVEキャリア厳選・未来を切り拓く人材紹介

DRIVE HOT POSTS いま、DRIVEで人気の記事を紹介!

ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン[DRIVE]の人気記事をご紹介!!

行動系ウェブマガジン[DRIVE]を見る