DRIVEキャリア世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト

DRIVEキャリアTOP > 求人を探す > 【最大2名】社会起業家を目指す!現場と経営を学ぶCFA起業家採用1期生募集!

募集中2019.7.5 1,071view 


東京都

【最大2名】社会起業家を目指す!現場と経営を学ぶCFA起業家採用1期生募集!

特定非営利活動法人 Chance For All

社会起業家を目指す大学生へ。教育/福祉の最前線で実際に社会課題に向き合いながら、3年間で起業家を目指す育成枠です

■わたしたちについて

わたしたち、NPO法人Chance For All(以下CFA)は、「生まれ育った家庭や環境で​その後の人生が左右されない社会」の実現をめざし、足立区と墨田区で学童保育「CFAKids」を運営しています。

「理念の実現のために、なぜ学童を?」と思われるかもしれません。

今、世界でも、日本でも、格差が急速に広がっています。
わたしたちの活動している足立区ではこどもたちの3人に1人が就学援助を受けている一方で3人に1人は私立中学を受験すると言われています。

日本のこどもたちは、誰もが義務教育を受ける権利を持ち、誰もが質の高い義務教育を受けられます。しかし、小学校にいるよりも長い時間を過ごす放課後や夏休みの過ごし方は、家庭によって大きく異なります。

家に帰ってひとりでテレビを見ているだけの子もいれば、受験を目指して毎日塾に通う子、英語やプログラミング、探求学習などさまざまな経験に恵まれている子もいます。
そしてそれはこどもたち自身の「選択」ではなく、生まれた家庭の財力や保護者の意思によって決まってしまっているのです。

しかし、どんな家庭や環境に育ったとしてもこどもたちが不幸になっていいということはありません。
こどもたちには生活を楽しむ権利が、さまざまなものごとに触れてそこから学ぶ権利が、そして幸せになる権利があるはずです。

わたしたちは、すべてのこどもたちが自分の意志と能力で自分の人生を生き抜くことのできるように、こどもたちの可能性を信じ、育てていきます。


■CFA起業家採用とは
CFA起業家採用とは「現場から社会を変えていきたい」という熱い志を持つ若者に3年間で現場と経営を徹底的に学ぶ機会を提供する育成枠です。

3年間、実際に現場に入って自己研鑽しながら、自分で事業を創るためにはどうしたらよいのかを学びます。また、3年後に事業を立ち上げる際には起業応援金を用意しています。

CFAを設立した当時、まだ放課後の可能性は社会にあまり理解されておらず、たった4家庭から始まりました。それから5年、現在では8校舎に約300人のこどもたちが毎日通ってきてくれており、口コミでキャンセル待ちが出ています。なかには他の区や県からCFAに入会するために引っ越してこられる家庭もあります。共感してくださる方がたくさん増えたおかげで、就学援助を受けている家庭を無料で受け入れる「奨学制度」も実現し、お金があってもなくても課題があってもなくても、どんな子でもみんなが一緒に過ごせる居場所づくりを実現しています。

また、毎年倍々で校舎を増やしており、今後も引き続き拡大予定で、活躍の場がたくさんあります。お金にならないと思われがちな社会的事業を、助成金や行政からの補助金を当てにせずに数年で1億規模まで成長させたCFA代表の中山が、成り立ちや事業の裏側を包み隠さずお伝えし、成長のために伴走します。

現場で人と関わりながら社会を変えていきたい方には絶好の機会だと考えています。

■3年間のキャリアパスイメージ
【1年目】学童保育の現場職員としてプロになる
こどもたちとの深い関わりの中でこどもたちの成長を支援するとともに、現場で1人前になることをめざします。通常の採用では各自のキャリアビジョンに沿って成長を支援しますが、起業家採用の対象者は一年で校舎責任者になるレベルまで成長してもらいます。
【2年目】校舎責任者、かつ組織内プロジェクトリーダー
運営の質を高め、運営スタッフの育成に携わります。また組織全体のプロジェクトリーダーとして、組織全体に影響力を与えます。
例)プログラム部リーダー、イベントチーム統括など
【3年目】新規プロジェクト立ち上げ、責任者
プロジェクト責任者としてCFAの既存事業を革新するか、新規プロジェクトを立ち上げて一年間で成果を出すまでやりきります。
例)寄付事業部責任者、法人事業部責任者など

*1年ごとに成果発表会があります。
*3年後に起業される場合、起業準備応援金として最低250万円を出資もしくは無利子で融資します。
※希望者のみ。
*CFAにはたくさんの研修がありますが、それ以外に代表の中山が週1程度で1on1。成長に伴走します。

キャリアパスについてはイメージです。
1期生として「自分で活躍の場を広げていきたい!」「自分はもっとこうしたい!」と、CFA起業家採用枠をともに育てる気概がある方を求めます。

■なぜやるのか
代表の中山は学生時代から「学童保育を変えたい」と考え、行動していました。しかし、コネも知名度もなく経験も知識もなかったため、保育系企業やIT企業で経験を積みながら貯金をして、仲間とともに29才のときに起業しました。しかし、そこからもお金もなければ相談相手もいなかったため深夜にアルバイトをしながら創業メンバーと共にひとつの家に住み、数限りない失敗を重ねながらCFAを拡大してきました。もちろん「苦労」も大切です。ただ、経営者になる前のサラリーマンやアルバイトとしての苦労は本当に必要だったのか?最短で経営者になってから苦労したほうがより早く、遠くまで行けたのではないか?と考え、起業家採用枠を作りました。
起業家として成功するような人はどこに就職しても、もしかすると就職なんてしなくても成功するのかもしれません。しかし、もし「今の自分には自分の理想とする現場を作る力が足りていない」と感じている方がいればぜひ応募して下さい。学んできたすべてを伝えたいと思います。

募集要項

テーマ 人材育成子ども・教育
職種 事務局(総合業務)保育・介護
雇用形態 正社員
組織形態 NPO・NGO
その他のキーワード 初心者OK新卒OK社員・職員数10-49名
期待する成果 ■卒業後に社会を変えうる現場を立ち上げること
民間企業でビジネスを学んで起業するということはかなり一般的になってきました。ベンチャーのエコシステムの発展によって、そういった経験すらなくても起業して成功する人たちも出てきました。
しかし、社会的事業は「受益者から直接金銭を受け取れない」「ニーズがあるからと言って料金を上げられない」「寄付者とのコミュニケーション」「ステークホルダーが異様に多い」「ステークホルダーそれぞれの想いが強い」など独特の難しさがあります。
結果的に、ボランタリーな活動になって自分自身が辛くなってしまったり、行政の補助金に頼り切る"業者"になってしまったりします。
CFAで現場と経営の真髄を経験し、学んだ後はぜひ自分自身で社会を変える現場を立ち上げてほしいと考えています。

■CFAに自らの爪痕を残すこと
CFAの寄付制度を作り上げたのは◯◯。CFAの☓☓事業は実は◯◯が立ち上げた。などCFAの歴史に残る活躍を期待しています。
対象人材像 【向いている方】
・「社会を変えたい」というアツい思いをお持ちの方
・将来、自分で事業を立ち上げたい方
・将来、自分で居場所づくりをしたい方
・クレイジーに働いて、がむしゃらに成長したいという方

【向いていない人】
・ストレス耐性のない方
※本採用は「経営者」を育てる育成枠です。通常の職員のようにじっくり個々の成長に寄り添うことはしません。とにかく短期間で現場のプロ、そして経営者に育てます。どんなに大変でも忙しくてもくらいついてくる自信のある方のみ応募下さい。じっくりと学んで成長したい方は通常の採用に応募下さい。
応募資格 社会を変えるための現場を創り上げる意志のある方
活動場所 校舎は以下のいずれかとなります。校舎に加えて本部での勤務があります。
■足立区
CFAKids梅島校、西新井校、千住校、亀田校、綾瀬校、六町校

■墨田区
CFAKids曳舟校、押上校
勤務時間 CFAの運営時間に準じますが、通常の職員とは異なります。CFAの経営陣になったつもりで働ける方を募集します。
※繰り返しになりますが、通常の働き方やワークライフバランスを重視される方は通常の採用に応募下さい。
就業期間 3年間。ただし、3年後に「CFAで新しい事業をやりたい」「もう少し続けてみたい」となった場合、一定の評価を超えている場合には正規職員に移行することも可能です。
給与 年俸250万円
※3年後の卒業時、事業立ち上げされる場合は別途起業準備応援金あり。
福利厚生 社会保険(雇用・労災・健康・厚生年金)
交通費支給(2万円まで/月)
住居手当(交通費が2万円に満たない場合、2万円との差額を住居手当として支給)
給与以外の報酬 ・学童現場という社会課題の最前線で、社会課題に向き合える経験
・事業の立ち上げ方、まわし方を学べること
休日・休暇 週休2日制(土/日)、祝日 ※イベント開催による土日出勤もあり
有給休暇(初年度10日間)
年末年始休暇(12月29日~1月3日までの6日間)
特別休暇(育児休暇、介護休暇、慶弔休暇 等)

こども関係の仕事は連続で休みを取ることが難しいですが、"おとなも成長する休暇"をコンセプトに希望により1年に1回、連続して5日間の有給休暇を取得することを推奨しています(希望制)
職場の雰囲気 【理念に向かってまっすぐ。】
CFAでは、何をするにも理念に照らし合わせることから始まります。
こどもの成長のために、こどもの幸せのために、日々の小さなことも、何のためにするのかが明確で、目的がずれません。理念を実現するために日々もがきながら運営しています。

【こどもたちのために全力。日々成長。】
CFAのスタッフは、みな、こどものために日々全力です。一生懸命がんばる、というレベルではなく、毎日全力を尽くしています。バックグラウンドは小学校教師、塾講師、テーマパークのマネジャー、ウェディングプランナーなど様々ですが、いつどんな時でも全力でこどもたちの生活や成長と向き合います。また、常に自分はこれでよいのかと問いかけ、こどもたちと一緒に成長していきます。
応募にあたっての質問 3年後にどんな事業を立ち上げたいか
自分の人生を通じてなにをなしとげたいか
それはなぜか
選考プロセス 0:【説明会】
9月以降の説明会の日程は追って掲載いたします。
ご興味があるかたは、「この求人に連絡する」からご連絡ください。

-----選考スタート-------
1:【エントリーシート/面談】
2:【フィールドワーク】
3:【自分プレゼン】
ご自身の想いやCFAKidsでどんなことを成し遂げたいのかをプレゼンして頂きます。
4:【最終面接】
代表との面接です。
★フィールドワークや自分プレゼンは平日にご参加いただきます。選考を受ける際には日程のご調整をお願いたします。

この仕事のやりがい

なぜ起業塾や個人で起業をスタートすることではなく、CFAの起業家採用枠をオススメするのか。

わたしたちは起業を考えているような学生に、期待しているからです。
社会を変えてこその起業家だろうと。
そして、現場を変えていくことこそ、社会を変えることだろうと。

貧困、格差、親子関係…、学童の現場は社会課題の最前線です。
実際にその現場に入るからこそ、見えてくるものや感じるものが必ずあります。

また、CFAは理念の実現に向けてまっすぐな団体で、CFAのすべては理念の実現に向かっています。
CFAでの経験は、社会課題を解決するとはどういうことかを実感することになり、あなたの起業に向けて必ず力になります。

私たちのビジョンとミッション

●生まれ育った家庭や環境でその後の人生が左右されない社会の実現

こどもたちが真剣に自分の将来について考えたとき、生まれ育った環境によってすでにその可能性が失われていてはならない。私たちはそう考えます。
こどもの可能性を育むのは、家族や学校、地域などこどもを取り巻く環境です。悩みや課題と向き合ってもらうこと、さまざまな場所に出かけること、豊富な体験をすること。また、努力する事の大切さ、学ぶことの面白さ、人としての思いやりを教わること。こどもの頃の経験は、大人になる過程で心身の成長にさまざまな影響を及ぼし、またこども自身の可能性を広げることにもつながります。
しかしそれらの貴重な経験は、家庭・経済状況・地域などが要因となりすべてのこどもが手にできるものではありません。こどもを取り巻く環境がそれを許さないならば、だれかがこどもの可能性を育て、守っていくことが必要です。
こどもたちが成長するいつかその日まで、その可能性を守り通す。それが私たちの望む全てです。


●学童保育職員をプロフェッショナルに

学校よりも長い時間を過ごす学童保育。そこで働く職員は学童保育に通うこどもたちにとって最も長い時間をともに生活する大人です。
成長の黄金期にあるこどもたちとともに生活しながら成長を支援し、時には保護者、地域、学校と連携しながらこどもたちの生活を支えていく。そこには高いレベルの熱意、能力、知識が必要です。例えばヨーロッパでは教員と同様の資格要件、待遇が保証されている国もあります。
​しかし、残念ながら日本では全国に9万3千人いる学童保育職員のうち8割が非正規雇用であり、週5日以上働いている職員でも6割が年収150万円以下という状況です。
その結果、3年間で4万6千人あまりが退職していっています。放課後におけるこどもたちとの関わりにやりがいを感じ、一生懸命働いている職員の多くが燃え尽きてしまったり、結婚などを期に退職してしまうのは非常にやるせない思いです。
​わたしたちは、学童保育で働く職員をただこどもを監視しているアルバイトではなく、社会に生きる一人の人間としての高い資質や保育に関する専門性を備えた熱意あるプロフェッショナルに育てていくとともに、それにみあった報酬で安心して働き続けることのできる職場を実現します。

代表者メッセージ

代表理事/中山勇魚

「なんで学童保育はこんなにダメなんだ!これでは働く親のためにこどもたちを閉じ込めておくだけの施設だ!」数年前まで私はそう思っていました。しかし、たくさんの学童関係者と会い、語り合ううちにわかってきたことがあります。それは「こどもたちにとってよい放課後を実現しようと一生懸命な人はたくさんいる」ということです。しかし、保育園の足元にも及ばない予算やそれに伴う低い待遇、学童に通うこどもたちが増えたことに追いつかず100人を越えるこどもたちがひしめいている施設、少しでも多くの利益を確保しようとする企業や経営者。そういった環境がこどもたちのために全力を尽くせない原因となっているということに気づきました。
それならばCFAはこどもたちのために全力を尽くせる組織であろう。わたしたちはそう考えています。
開校1年目は4人で始まったCFAKidsですが、ほどんと告知をしていないのにも関わらず、今では300人のこどもたちが毎日通ってきてくれており、キャンセル待ちが出ているような状況です。CFAKidsは社会から必要とされている、やってきたことは間違えがなかった、といううれしさと同時に、まだまだやれること、やらねばならぬことが山積していることに責任感を感じています。そのため、こどもたちのために、社会のために、CFAとしてもっと組織にドライブをかけていきたいと考えています。
成長したい!社会のために!というアツい気持ちをもった方とお会いしたいできるのを楽しみにしています。

[プロフィール]
早稲田大学教育学部卒業。18才の時に家庭の事情で家族が夜逃げ。東京都内のホテルやウィークリーマンションを転々とする。環境によって人生が大きく変わってしまう経験を経て「家庭や環境で人生が左右されないためにはどうしたらよいのか」を考え始める。大学在学中に様々な環境のこどもたちや教育のあり方について学んだり、学童保育の指導員として現場で勤務する中で放課後の可能性に着目。卒業後は保育系企業にて新規園の開発に従事。その後、IT企業でシステムエンジニアとして勤務しながら学童関係者とともに「こどものたちのための放課後」を実現するための準備を開始し、2014年にCFAKidsを開校。

【メディア掲載】
・週刊ダイヤモンド
https://diamond.jp/articles/-/198999
・毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20181025/ddm/008/070/138000c
・BUSINESSINSIDERによる「Game Changer2019」に選出
・そのほか、大学、官公庁向け等研修、講演等多数

この求人に関連する記事(※DRIVEに飛びます)

この企業が募集しているその他の求人

こどもたちのための居場所を、こどもたちとともにつくる

テーマ人材育成/子ども・教育

職種保育・介護

企業・団体概要

設立:2014年4月5日

代表者名:中山勇魚

従業員数:24人

事業内容:
・学童保育施設の運営
・放課後に関する調査

業種:保育、教育

WEB:https://chance-for-all.org/

住所:東京都足立区関原3-15-4

気になるリストに追加

この求人に応募する

この求人とテーマ・職種が似ている求人

高校生と地域をつなぐコーディネーターを募集!
岩手県釜石市役所

テーマ
人材育成/子ども・教育
職種
プログラムコーディネート/事務局(総合業務)

社会課題の最前線で企業とNPOをつなぐプロジェクトマネージャー
NPO法人クロスフィールズ

テーマ
人材育成/国際協力
職種
プログラムコーディネート

最近掲載された新着求人

異セクター・異文化を繋ぐことで新たな価値と幸せを創るコーディネーターを求めます!
公益社団法人日本フィランソロピー協会

テーマ
人材育成/福祉・社会的包摂
職種
企画・商品開発・クリエイティブ/営業・接客・カスタマーサポート

こども・若者・大人が出会い、学び合う場をつくる「コーディネーター」という仕事。
NPO法人JAE

テーマ
人材育成/子ども・教育
職種
プログラムコーディネート/企画・商品開発・クリエイティブ

遺児の教育支援を通して世界を変えよう!
あしなが育英会

テーマ
国際協力/子ども・教育
職種
経営企画

【SDGs×SDWs】まず、自分の幸せを。そして、社会貢献を。西宮をアップデート
特定非営利活動法人ソーシャルデザインワークス

テーマ
地域活性化・まちづくり/福祉・社会的包摂
職種
プログラムコーディネート/企画・商品開発・クリエイティブ

特 集

志と志をつなぐコーディネーター

教育×イノベーション 新しい教育を切り拓く

DRIVEキャリア厳選・未来を切り拓く人材紹介

DRIVE HOT POSTS いま、DRIVEで人気の記事を紹介!

ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン[DRIVE]の人気記事をご紹介!!

ローカルベンチャー

行動系ウェブマガジン[DRIVE]を見る