DRIVEキャリア世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト

DRIVEキャリアTOP > 求人を探す > 【海士町】まだ見ぬ新たな産業を辺境の島から創る。第2創業期の経営の右腕人材を募集

募集中2019.12.31 1,699view 


島根県

【海士町】まだ見ぬ新たな産業を辺境の島から創る。第2創業期の経営の右腕人材を募集

株式会社 風と土と

都会のビジネスに飽きた方へ。離島で起業して12年。ビジネスプロデューサーとして地域×研修×出版で、1人1人が本領発揮できる温かい未来社会を創りませんか?

はじめまして、代表の阿部と申します。今回の採用では、ともにこの会社を育て上げる大切な仲間と出会えることを願って、率直な自分の想いを書かせてもらいます。

僕はかつてトヨタ自動車のエンジニアとして働いていましたが、このグローバル化する競争が激化した先に誰が幸せになるのだろう?と社会のあり方に疑問を抱いていました。そして2008年、持続可能な社会モデルを創り世界へ広げようと人口2300人の島・海士町に移住し、仲間と”株式会社巡の環(めぐりのわ)”を起業しました。

海士町に必要なことなら何でもやろうと島内外の人たちとがむしゃらに走り続けました。その結果、600人以上の移住者が集い、地域資源を生かした新たな産業を生みだし、廃校の危機にあった高校を魅力化することで全国から島留学生が集い全学年2クラスとなり、地方創生の挑戦事例として注目されるようになってきました。

しかし10年たっても、僕たちの会社は売上も組織も苦しい状況が続いていました。会社としての道よりも海士町を優先させて、代表も「プレイヤー」として走り回り、「経営者」としての事業投資や社員育成に時間とお金を割くことができずにきていました。これによって、まさに自転車操業の悪循環を生み出していたと感じています。本当に苦しくて会社をたたもうかと真剣に考えましたが、様々な出会いから経営者として出直す覚悟を決めました。

2018年10月に”株式会社風と土と”へ社名変更し、役割を終えた事業を閉じて新事業を立ち上げ、新たな社員を採用し、外部人材とパートナーシップを組み、マネジメントの仕組みを変え、良いチームを育てることに注力してきました。新社名には「風の人(よそ者)と土の人(地元)が風土という目に見えない価値を共に創る」という意味を込めています。

再始動から1年が経ち、良いチームが育ち、面白い新たな事業の芽がいろいろと生まれてきています。会社経営を諦めずに出直した今ここで、社会インパクトを一段高める会社へと成長するために、ぜひとも経営の右腕を担ってくれる強力な仲間に加わってもらえることを心から願っています。

募集要項

テーマ 人材育成地域活性化・まちづくり
職種 企画・商品開発・クリエイティブ経営企画
雇用形態 正社員
組織形態 営利企業団体
その他のキーワード 社員・職員数1-9名
期待する成果 良い会社を共に創ることを期待しています。
1)社会インパクト高い事業を生み出すことによる、ビジョンの実現
2)仕事にやりがいと成長実感を感じながら、幸せな暮らしを育むことができる組織づくり
対象人材像 将来的な経営人材として、様々な事業プロデュースに携わってもらいます。次の内容のいずれかに自信のある方を対象としています。
・経営全体を見ながら社会インパクトある事業戦略を練り、稼ぐ仕組みをつくる
・課題や可能性を整理して、スピード感を持って事業を推進する実行力がある
・ティール組織のような1人1人が本領発揮する自律的な組織づくりに関心がある
応募資格 ・基本的に2020年6月末までに海士町への移住を検討いただける方
※移住に関しては、ご家族の子育てやお仕事含めて最大限サポートします。

【業務のため】
・出版、人材育成、戦略コンサルティングいずれかのビジネス経験が3年以上
・既存の知識や能力に頼らず、新しい知識や感性を身につくことに興味が強い
・人と深く向き合うことや人の「ありたい姿」に興味がある
・20~40代で構成される現状社員とのコミュニケーションに不安がない

【島で暮らすため】
・普通自動車免許(島内の移動手段が車に限られるため)
・島の文化を継承し、地域に敬意を持って接するコミュニケーション力
・島内外の人たちとお酒の席を楽しめる力(飲めなくても楽しめるなら大丈夫!)
活動場所 島根県隠岐郡海士町大字海士1700-2 村上家資料館内 株式会社風と土と
※東京、全国各地域、海外への出張もあります。
勤務時間 基本的に裁量労働制となります。
※オフィス以外に、自宅や島内のコワーキングスペースでの勤務も可能です。
※一部、当番制でオフィスに誰かが居るように運用しています。
就業期間 5年以上かけて、最高の会社を共に創っていきましょう!
給与 会社の経営状況を見ながら、給与も共に考え、決めましょう。

【実績】
月給18~35万円(経験・能力・勤務スタイルにより可変)
※複業可能(社員実績あり)

【島暮らしの参考情報】
・家賃:1DK~6DKで2~3万円程度(社員実績)
・社員が副業で耕作している田んぼを手伝うとお米が入手可能
・関係を築けば、地域の人たちとのおすそ分けあり
・全般的に島で生産できないものの物価は高い
福利厚生 【お約束すること】
働いている期間中、充実した島暮らしを送りながら、新しい未来を作っていくワクワクできる仕事ができるよう、より良い職場環境づくりへの惜しまぬ努力をお約束します。

・業績に応じた決算賞与(7月)
・ガソリン代全額支給
・社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
休日・休暇 ・週休2日制(土、日、祝)
※業務の都合により休日を他の日と振り替えることがあります
・夏季休暇
・年末年始休暇
・特別休暇(育児休暇、介護休暇、慶弔休暇 等)
・6ヶ月経過後の年次有給休暇日数 10日
職場の雰囲気 会社立て直しに力を入れて1年。いま、とても良い雰囲気です。

社員は全員、島外出身で、それぞれ「想い」を持って移住してきています。子育てをしながら、子どもの未来を拓くために働いている社員も居ます。ほしい未来を、自分たちの力で切り拓いているという実感は、とても強い充実感につながっています。

毎日ではなく、忙しくなると少なくなってしまいますが、昼は「まかないご飯」を作って一緒に食べて笑い話をしたり、社員の一人がやっている田んぼを手伝って除草剤不使用のお米作りをしたり、冬はオフィスのある築120年の古民家の庭で焚き火&焼き芋をしたりと、ワークもライフもにぎやかに過ごしています。

春は裏庭でタケノコ堀りを、夏は海でサザエやアワビを獲り、秋は栗拾いをする人、棕櫚のほうきや竹の和紙など島にある素材でものづくりを楽しむ人、神楽や民謡など地域の文化を継承する人など、それぞれの好みで島の暮らしを楽しんでいます。

いつか、地元出身の方にも社員に加わってもらえることを切望しています。
応募にあたっての質問 次のような視点で、あなたの応募動機を教えてください。
・あなたのほしい未来や人生のキャリアを考える中で、私たちの会社と一緒にどんなことができそうでしょうか?
・あなたが、生きる上で、働く上で大切にしている「問い」を私たちにも投げかけてください。(双方にとって、事業を育てていく際のインスピレーションになればと思っています。)
選考プロセス 0)事前相談 (応募にあたっての相談は随時受け付けております)
TEL:08514-2-1966
Mail:info@kazetotuchito.jp
Facebookメッセンジャー:https://www.facebook.com/kazetotuchito/

1)応募フォーム入力【2020年2月28日締切】
2)書類選考
3)面接(都内もしくはオンライン)
4)最終面接(海士町へ来島いただき、全社員に会っていただきます)

※会社説明会を1/17 19:30~21:30 東京・恵比寿にある英治出版とオンラインにて行います。第2回も1月下旬から2月上旬に行う予定です。日程が確定次第公開いたします。

会社説明会 詳細・応募ページ
https://docs.google.com/forms/d/1r9XmoaTZkENwbIX26XU0_4LcOGCXjOFyh5AQ04JsAPs
その他 【参考情報(風と土と)】
移住し起業独自の研修 (朝日新聞より)
http://www.asahi.com/area/hiroshima/articles/MTW20190411351370001.html

100人に聞く「経済成長についての7つの質問」(幸せ経済社会研究所より)
https://www.ishes.org/project/responsible_econ/enquete/enq011_abe.html

もし島全体がティール社会だったら (英治出版オンラインより)
https://eijionline.com/n/n6bf1215c725b

離島から会社を経営する (英治出版オンラインより)
※英治出版代表取締役の原田英治氏が海士町に1年半親子島留学として移住した際の記事
https://eijionline.com/n/n08770282cbfd

【参考情報(自律分散社会)】
TEAL組織とは(実務とつなげる経営の新潮流HPより)
https://nol-blog.com/what_is_teal_organization/

2050年、日本は持続可能か? AIが導いた都市集中シナリオと地方分散シナリオ(現代ビジネスより)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/55695

2025年から自律社会へ。1970年にオムロン創業者の立石一真氏が提唱したSINIC理論。(オムロンHPより)
https://www.omron.co.jp/ir/irlib/pdfs/ar16j/ar16_27.pdf

【参考情報(海士町)】
島根県海士町に人が集まる秘密とは? (HUFFPOSTより)
https://www.huffingtonpost.jp/2013/11/07/ama_n_4232760.html

海士町における地域づくりの展開プロセス (自治総研通巻より)
http://jichisoken.jp/publication/monthly/JILGO/2016/10/ashimada1610.pdf

この仕事のやりがい

【目先の課題解決から、3歩先の価値創造へ】
私たちは、地方創生の担い手「株式会社巡の環」から、まだ見ぬ新たな産業を創る「株式会社風と土と」へと脱皮しました。再始動から1年経ついま、良いチームが育ち、次のような面白い新たな事業の芽が生まれてきています。

1)辺境の島から新たな出版社
https://amanokaze.jp/
英治出版株式会社と提携して出版社「海士の風」を立ち上げました。英治出版代表取締役の原田氏、元ハーバードビジネスレビュー編集長の岩佐氏、四国食べる通信の眞鍋氏など信頼できる仲間が集い、毎週オンライン会議でどんな本を出すのか、どんな特色ある売り方・広げ方ができるのかを熱く議論しています。

2)新たな研修プログラムの開発
出版事業の著者と協働して新たな研修プログラムや、自律的な組織モデルとして注目されている「ティール組織」について深く学び、個人・組織・社会に広げていくための研修プログラムを開発したいと考えており、その準備を進めています。

3)ビジネス×ソーシャルで地方分散型の地域モデルづくり
SDGsやソーシャルイノベーションが注目される中、日立・ヤマト・NTT・トヨタといった企業や、サントリー・味の素・イオンの労働組合が、社会への当事者意識や人間力を高める研修として、そして社会に価値あるビジネスをつくるためのパートナーとして、海士町に学びにやってきています。地域と企業の新たな共創プロジェクトも生まれつつあり、島民のチャレンジを応援する仕組みをつくったり、大手企業からの長期出向も計画されています。

4)海外からの研修や講演依頼がくるように
社会課題先進地の海士町が社会課題”解決”先進地になれたら、世界に役立てるのではないか。2017年よりJICAと海士町が提携して、JICA職員が海士町役場へ出向し、ブータンなどアジア・アフリカ諸国から研修に来たり、海士町の人が海外にいくという機会が次々と生まれています。代表の阿部もJICAの事業でブータンを訪問し、講演依頼があって韓国に招かれ、香港でのQuality of Life国際会議にも参加しました。

5)信頼できる経営者たちが出資してくれる予定
私たちの会社の再始動に共感してくれた経営者の仲間たちが株主として出資してくれる予定です。毎年8月末には海士町に集い、株主総会をおこない、未来社会への展望を語り合って事業の種を見出し、海で遊ぶ。そんな秘密結社のような集いを作っていくのも面白そうです。

このように、出版・人材育成・コンサルティングといった都会にしかなかったビジネスが、辺境の島からも創り出せる時代になりました。これらのビジネスが、様々な地域で混ざり合い、地域社会で大切にされている信頼や共感という目に見えない資本と融合した時、その相乗効果で新たな産業を生み出せるのではないかと私たちは考えています。どんな新たな価値を生み出すのか、何と呼ばれる産業なのか、まだその全容は見えていません。ただ、世の中に必要な流れであることは確信しています。

豊かな自然に囲まれ人情溢れる小さな島の暮らしを楽しみ、大きな世界へ羽ばたく新たな産業を創る。そんな充実した楽しい人生を私たちと共に送ってみませんか?

私たちのビジョンとミッション

私たちは組織の存在目的は進化していくと考えています。現時点で私たちの実現したいこと(Doing)と実現への道のりでありたい姿(Being)への想いをお伝えさせてください。

【Doing:1人1人が本領発揮できる、自律分散社会を創りたい】
日本は人口減少社会をどう乗り越えるのか? 少子高齢化、財政難など社会課題の縮図である島のリアリティの中で、色々と考えてきました。その中で見つけた答えは、『1人1人の本領発揮』です。

「自分自身の全能力の何%を今の仕事で発揮していると思いますか?」と大企業からの研修参加者に聞くと、「高校の学祭や大学のサークル立ち上げしていた頃を100%だとすると、今は20~30%程度」「自分個人の深い価値観にあった仕事なんて、会社ではできないと諦めていた。」「自分の仕事が社会に役立つイメージが湧かない。目の前をこなしているだけ。」といった答えが返ってくることが多いです。大きな資本をもつ組織の優秀な人材が本領発揮できていない。それこそが、大きな社会課題です。

依存していては本領発揮になりません。海士町も、かつて町村合併を拒否し、生き残りをかけて島の自立へ本気で挑戦してきたからこそ、今の姿があります。そのキーパーソンたちは間違いなく100%本領発揮してきました。社会を動かすのは1人1人です。そう考えると、人、組織、社会が次のような方向性に向かうのは人口減少時代の必然なのだと考えています。

1人1人の本領発揮 → 自分の意志をもち、”私”が望む”社会”につながる”仕事”をする(私-仕事-社会をひもづける)
組織の本領発揮 → 1人1人が自ら意思決定できる自律的な組織(ティール組織など)
地域の本領発揮 → 中央集権社会ではなく、真の自治ができる地方分散社会

【Being:人と人、人と自然の温かい関係性ある未来をつくりたい】
笑顔で挨拶をして、困ったら助け合い、お祭りなど地域の文化が継承される。資源は枯渇せず、大自然の中で思いっきり遊ぶことができ、美味しい自然の恵みもいただける。そんな未来をつくりたい。

社会から課題がなくなることはない。不確実性が増した世界では未だ経験したことのない課題も生まれる。そんな時代に変化を恐れず、人々が幸せに暮らせる新たな社会をつくっていきたい。温かい関係性があれば、どんな困難がこようとも、人々は助け合い、自然と共存しながら解決につながる道を探し出していけると信じています。これから築くべき持続可能な社会とは、人と人、人と自然の温かい関係性が広く、そして深く根づく社会ではないでしょうか。

代表者メッセージ

株式会社風と土と 代表取締役/阿部裕志

経営者の仲間に社名変更前にこう言われました。
「これからは全部10回戦でいこう。」
商談は10回目でOKをもらえばいい。
事業は10個目で成功すればいい。
会社は10社目で満足すればいい。
だから、失敗を恐れずにどんどんやってみればいい。

島の尊敬するキーパーソンからこう言われました。
「人生思い出作りだわい。」
楽しかったことだけでなく
辛かったこと、一生懸命頑張ったことも
死ぬ前にはすべて良い思い出になる。
逆に楽したことは思い出に残らない。
幸せな最期にむけて、毎日思い出づくりをしていこう。


僕たちの中に眠る新たな可能性をどんどんやってみよう。
楽ではないけど楽しい人生をともに過ごし
たくさんの思い出をともに分かち合える仲間に
出会えたらと願っています。

[プロフィール]
1978 年愛媛県生まれ。京都大学大学院にてチタン合金の研究で修士号を取得後、トヨタ自動車の生産技術エンジニアとして働くが、現代社会のあり方に疑問を抱き、2008年海士町に移住、起業。田んぼ、素潜り漁、神楽などローカルな活動を実践しつつ、イギリス・シューマッハカレッジやドラッカースクール・セルフマネジメントなどのエッセンスを活用した研修プログラムづくり、JICAと提携し海士町とブータンとの交流づくりなど、グローバルな視点も取り入れている。著書「僕たちは島で、未来を見ることにした」(木楽舎)

企業・団体概要

設立:2008/1/29

代表者名:阿部裕志

従業員数:役員2名(うち1名非常勤)、社員6名、パートナー委託8名

資本金:5,000,000円

売上高:63,000,000円(今期見込)

事業内容:
1)人材育成事業/自律分散社会を創る「人」を育む事業。島外の企業、自治体や様々な個人が、社会への当事者意識や人間力を高める研修として、そしてより美しいビジネスをつくるためのパートナーとして、海士町に学びにやってきています。

2)地域づくり事業/自律分散社会の「地域モデル」を創る事業。海士町の活動を中心に、地域に根ざしながら、中央省庁や大学、企業等を巻き込んで、地域のビジョン・仕組み・仲間を創り出していきます。今は、地域内経済循環・医療人材確保・ブランド米販売・地域と学校教育・関係人口戦略・村上家資料館運営・地域循環共生圏(環境省)といったプロジェクトがあります。

3)出版事業/人と人、人と自然の「温かい関係性」を高める出版社。売上だけが価値なのでなく、新たな知見をもつ著者との信頼関係を深め、ともに研修をつくったり、著者が来島して島民に知見を共有するなどの社会価値を発揮する事業に育てていきます。<2019年度立ち上げ準備/2020年度より出版開始予定>

WEB:https://kazetotuchito.jp/

住所:島根県隠岐郡海士町海士1700-2

気になるリストに追加

この求人に応募する

この求人とテーマ・職種が似ている求人

【業務委託可】地域の可能性を実現し、日本の新しい価値を創造していく仲間を募集!
NPO法人ETIC.

テーマ
中間支援/地域活性化・まちづくり
職種
プログラムコーディネート/企画・商品開発・クリエイティブ

元ヤン・ちょっとワルでも面倒見ます!西粟倉村で、林業作業員として働きませんか?
株式会社岡田林業

テーマ
地域活性化・まちづくり/農林水産(6次産業)
職種
職人・ものづくり

【コーディネーター募集】支え合いの地域を作る!コミュニティ・カーシェアリング
一般社団法人日本カーシェアリング協会

テーマ
地域活性化・まちづくり/被災地復興
職種
プログラムコーディネート/営業・接客・カスタマーサポート

最近掲載された新着求人

防災の楽しさを、 世界中のみんなに。
NPO法人プラス・アーツ

テーマ
人材育成/地域活性化・まちづくり
職種
事務局(総合業務)/企画・商品開発・クリエイティブ

急募:小学校英語の指導者を認定するNPOで事業担当者(事務局長候補)を募集。
特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)

テーマ
人材育成/子ども・教育
職種
事務局(総合業務)/企画・商品開発・クリエイティブ

利用者は年7,000人!廃校を改修した宿泊体験交流施設で里山の魅力を伝える仕事
新潟県上越市

テーマ
地域活性化・まちづくり/観光
職種
プログラムコーディネート/事務局(総合業務)

【経営管理スタッフ募集!】すべての若者に「心のケア」が行き届く社会を創る。
特定非営利活動法人LightRing.

テーマ
人材育成/医療・介護・メンタルヘルス
職種
事務局(総合業務)/経理・財務

特 集

2020年、あなたのチャレンジを叶える仕事特集

教育×イノベーション 新しい教育を切り拓く

DRIVEキャリア厳選・未来を切り拓く人材紹介

DRIVE HOT POSTS いま、DRIVEで人気の記事を紹介!

ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン[DRIVE]の人気記事をご紹介!!

ローカルベンチャー

行動系ウェブマガジン[DRIVE]を見る