DRIVEキャリア世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト

DRIVEキャリアTOP > 求人を探す > 【多様で柔軟な働き方で力を発揮!】病気をもつ人の活躍をサポートする事務局員募集!

募集終了2020.3.18 1,457view 


東京都

【多様で柔軟な働き方で力を発揮!】病気をもつ人の活躍をサポートする事務局員募集!

一般社団法人ピーペック

この求人は募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

【業務委託・在宅・時短・副業OK】あなたの経験・創意工夫で社会を変える! 病気をもつ人が力を発揮し、患者団体・患者支援団体がより充実した活動を行えるようサポートし、「病気があっても大丈夫といえる社会」を共に目指す<事務局運営メンバー>を募集します。

私たちのミッションは「病気をもつ人に力を」です。現在、欧米を中心とした医療業界では、患者のもつ力を創薬や臨床試験、医療政策策定プロセスに活かそうという動き(PPI; Patient and Public Involvement)が始まっています。また、労働人口の減少や働き方改革で多様な働き方が求められる中、病気があっても力をもっている人たちと企業をつなぐことで、win-winの関係を構築することができます。

しかし今の日本では、1000人あたり約390人が何らかの疾病をもって通院をしているにもかかわらず、社会にはまだ、病気をもつ人たちの力に気づいていない人が大半です。私たちは「病気があっても大丈夫といえる社会」にしていくことを目指し、難病(希少・難治性疾患)やがん、精神疾患、生活習慣病などの病気をもつ人たちと共に活動しています。

私たちの活動のフィールドは、1)病気をもつ人(個人)、2)病気をもつ人たちを支援する団体(患者会・患者支援団体など)、3)一般社会の3つです。病気をもつ人が力を発揮し、患者会・患者支援団体がより充実した活動を行えるよう支援し、社会変革のための啓発活動を行っていきます。この3つのフィールドで行うプロジェクトはすべて、「SUNBURST」の頭文字から始まります。SUNBURST(サンバースト)は、厚い雲を突き抜けて差し込んでくる陽の光です。
Sympathize 共感する/Unite つながる/Normalize 等しく生きる/Benefit 自分のためになる/Unchain 解き放つ/Research 調査研究/Study 学ぶ/Training トレーニング

具体的には、以下のような事業を行っています。
1)病気をもつ人が望む生活に近づくために
・交流会(カフェ)開催→「ピーペックカフェ」を年6回開催
・病気と生きるストーリー講師養成
・各種勉強会・講習会開催
2)患者会・患者支援団体が充実した活動をするために
・事務作業請負
・助成金取得/報告支援
・イベント・交流会(カフェ)開催支援
・ロビイング(政策提言)支援
3)病気があっても大丈夫と言える社会にするために
・創[薬/医療機器]支援(ニーズ調査、座談会開催等)
・病気と生きるストーリー講師派遣(研修や講演の実施)
・提言・啓発活動→現在はNPO法人日本医療政策機構と協働し、当事者協働型のNCDs(非感染疾患)対策推進のための提言作成に取り組んでいます

病気をもつすべての人が自分らしく輝くことができる社会を一緒に作っていきませんか。

■仕事内容
–プロジェクト運営・マネジメント:受託業務や自主イベント等、プロジェクトの運営およびマネジメント
–患者会および患者支援団体等、活動支援業務委託元への企画提案
–ライフサイエンス企業等へ協働の企画提案
–マーケティング:ウェブアンケート・会員数増加施策等の企画と実施
–ファンドレイジング:寄付(法人・個人)依頼、助成金応募書類作成
–会員管理(会員サポート)

上記の業務を中心に、事業戦略策定等、組織全体の運営に携わり、組織の成長に貢献していただきたいと考えています。
「業務委託」「パート」など雇用形態は柔軟に対応いたします。長期的な視野で一緒に活動していきたいと思っています。

募集要項

テーマ 医療・介護・メンタルヘルス福祉・社会的包摂
職種 事務局(総合業務)企画・商品開発・クリエイティブ
雇用形態 その他
組織形態 自治体・行政・財団・社団
その他のキーワード 創業3年以内社員・職員数1-9名
期待する成果 ・社内外関係者と信頼関係を構築し、チームとしてプロジェクトを推進していくこと
・多様な疾患・障害を持つ方々と協力・連携して仕事が出来ること
・組織外の第三者が読んでも、わかりやすい文書資料(議事録、企画書、提案書等)を作成すること
対象人材像 ・ピーペックのミッション、ビジョンに共感する方
・社会や医療業界を変えたいという想いのある方
・他者に影響を与える仕事をしたい方
・与えられたものではなく、新しいものを創り出したいという想いのある方
・コミュニケーションが好きで、多様な方々と連携して仕事ができる方
・臨機応変に対応でき、柔軟性と自主性をもって業務に関われる方
応募資格 ・実務経験3年以上
・プロジェクト運営の経験ある方、マーケティング業務経験のある方歓迎
・ライフサイエンス企業でCSRや患者会等の窓口業務経験のある方歓迎
・年齢不問、学歴:高卒以上

【必要スキル】
・一般的なビジネススキル
–コミュニケーション能力(ビジネスメール対応や電話応対等)
–パソコンスキル(Word、Excel、PowerPointを使った資料(社外文書)作成)
・インターネットスキル
-正確な情報を必要に応じ的確に収集することができる
-ウェブ会議システムやクラウドサービス等を活用できる
【優遇スキル】
・インターネットスキル
-Webサイトの更新作業、Wordpress管理経験
・語学力
-日常レベルの英会話スキル
活動場所 当法人事務所(京王線千歳烏山駅徒歩4分)他、営業先・イベント実施施設等の現場、等
在宅勤務やオンラインでのミーティング参加が中心で、事務所へ毎日出勤する必要はありません
勤務時間 ・9:00~18:00を基本とし、フレックス勤務(休憩1時間)
・週3日以上
給与 ・月給25万円~33万円/時給1,500円~2,500円
・経験・能力を考慮し、面接・面談後に決定
・試用期間あり(3ヶ月)
福利厚生 ・交通費支給
・昇給あり
・労働条件により各種社会保険加入
休日・休暇 ・週休2日+祝日(土日祝出勤あり・振替休は相談の上決定)
・有給休暇(法定通り)
・年末年始休暇(12月30日頃〜1月4日頃まで)
職場の雰囲気 それぞれが在宅勤務中心で、毎朝ウェブ会議システムで朝礼を行っています。日中はslackやウェブ会議システム、電話などでコミュニケーションをとりながら進めています。それぞれのパフォーマンスを最大化するために働きやすさを重視していて、自由な雰囲気の職場です。
選考プロセス 応募フォームから必要事項を送信

書類選考

2次選考(面接)
その他 受動喫煙対策:【屋内完全禁煙】です。

応募フォームから必要事項を送信後1週間以内に、履歴書・職務経歴書・志望動機(様式自由)を郵送またはメールにて下記書類送付先までお送りください。
※応募書類は原則返却いたしません。採用者の情報は適切に保存、不採用者の情報は個人情報に配慮し破棄いたします

〈書類送付先〉
一般社団法人ピーペック(担当:宿野部)
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-33-1 サンライズプラザ501
Email : info@ppecc.jp

この仕事のやりがい

一般企業にない特色として、チーム全員で考え、検討する意思決定プロセス、スピード感が挙げられます。短期間で自分の考えたことをすぐに形にでき、目に見える形で直接病気をもつ人へ還元できること(居場所の提供、勉強会での情報提供など)は大きなやりがいです。
例えば、受託している患者会の事務局業務では、自分たちの培ってきた患者会運営や企画のノウハウを活かして、クライアント自身意識していない/把握していない患者の潜在ニーズを想定した企画を提示し、運営した結果として実際に参加者満足度が高いと、とてもやりがいがあります。
交流会(カフェ)業務では、目的志向型の集まりではない居場所の提供に徹しているので、あらゆる人を排除せず、色んなあり方を許容する場の創出に関わることができます。
また、このような日々の業務を通し、病気をもつ人の暮らしやすい社会づくりができること、つまりは社会を変えられることが他にはないやりがいです。

私たちのビジョンとミッション

「"Power to the People with Chronic Conditions"病気をもつ人に力を」、これが私たちのミッションです。
厚生労働省が実施した『平成 28 年国民生活基礎調査』によると、日本で何らかの傷病によって病院に通院している人は人口1000人あたり390.2人、まだまだ働き盛りの40代においても人口1000人あたり275.5人と、病気をもつことは決して他人事ではありません。しかしながら、今の日本は病気をもつ人が暮らしやすい社会とは言えません。
私たちは「病気があっても大丈夫」な社会に変えていくため、難病(希少・難治性疾患)や、がん、精神疾患、生活習慣病などの病気をもつメンバーを中心に活動しています。活動の軸となるフィールドは、1)病気をもつ人(個人)、2)病気をもつ人たちを支援する団体(患者会・患者支援団体など)、3)一般社会の3つです。それぞれ次の3つのビジョンの実現を目指し活動しています。

1.病気をもつ人が望む生活に近づくための支援体制構築
2.患者会が充実した活動をするための支援体制構築
3.病気があっても大丈夫と言える社会の構築

病気をもつ人が住みやすい社会は、すべての人が住みやすい社会です。病気をもつ人が力を発揮し、患者団体・患者支援団体がより充実した活動を行えるよう支援し、社会に対しても力強く働きかけています。

代表者メッセージ

代表理事/宿野部武志

「私たちは、力をつけたい」
2014年に日本製薬工業協会が実施した「第1回 患者団体の意識・活動調査 http://www.jpma.or.jp/patient/research/pdf/research_all.pdf 」によると、国内の患者会の年間収入として最も多い回答は100万円未満(38.7%)、次いで多かったのが100万円以上500万円未満(28.8%)でした。これら、あわせて7割近くに及ぶ年間収入500万円未満の患者会では、スタッフのほとんどは無給のボランティアスタッフであると想定されます。また、組織運営上重要な課題について聞いたところ「活動資金の不足」が最も多く56%、次いで「代表者・役員の後継者」が46.1%、「運営スタッフの確保」が42.4%と続きました。
日本の患者会は、戦中・戦後の頃から、主に生存・療養環境の保障を目指す①権利擁護、また病気や治療に関する②情報収集、そして日常生活で直面する様々な悩みを相談し合う③相談支援の3点を目的に始まりました。しかし現在、国内の医療・福祉制度ならびにIOTの進展などにより、患者会に求められていた機能がある程度満たされたことから、患者会の加入率が下がり、後継者・スタッフ不足などに悩む患者会が増えていると考えられます。
では、患者会は、本当にもう、必要ないのでしょうか。
海外では近年、医療や政策に対する「患者・市民参画(PPI; Patient and Public Involvement)」が広がり、大きな潮流となっています。例えば、当事者が直面している課題を抽出し、具体的な提言を行う医療政策へのPPI、当事者の研究開発へのPPIなど、より良い社会を目指すために病気をもつ当事者の声が必要とされています。日本でも現在、国の審議会や検討会などに病気をもつ当事者が参加することが増えているほか、2019年度からは日本医療研究開発機構(AMED)の公募において研究開発提案書にPPIの取り組みに関する記載を求められることとなるなど、PPIのうねりは大きな広がりを見せています。
つまり、これからの時代、患者会は患者の”to survive”だけでなく、患者と社会の”better life and society”実現のためのステークホルダーとして、活動の充実が求められています。
そのために、私たちは、力をつけたい、自分たちの経験を活かして社会の一員として名誉ある一翼を担いたい、と考えています。
これまで、素晴らしい活動をしてきた国内の患者会がさらに発展し、社会の新たな要請に応えるためには、持続可能な運動を支える基盤が必要です。それは、直裁的には活動を支える資金力です。無償のボランティアが歯を食いしばって耐えている、今の多くの患者会の在り方そのものを変えていかなくてはいけません。新しい人たちが、夢と理想を胸に飛び込んで来たいと思える、健全な組織体を作っていかなくてはいけません。
一般社団法人ピーペックでは、こうした思いを胸に、まずは「①年間収入5,000万円」と「②常勤事務局員+2名雇用」を目標として掲げます。ボランティアが当たり前と言われる活動を変えるため、誤解を恐れず、お金の議論からも逃げません。力なき理念は無力であり、私たちは社会を変えるため、力を持たなければならないからです。
そのために、社会で様々な立場にいる皆さんの経験と知恵を持ち寄っていただき、目標実現に向けて大きな夢を描いていただきたい、夢を夢で終わらせないため、地に足を付けて一つ一つの議論と活動を共にしてもらいたいと願っています。
皆さんの応募を、心から待っています。

[プロフィール]
1968年生まれ。3歳で慢性腎炎に罹患、18歳より慢性腎不全により透析導入。現在透析歴33年。2008年腎臓がんにより左腎臓を摘出。身体障がい者。長年の患者としての体験と想いから、14年勤めたソニー株式会社を退職し、社会福祉士の資格を取得後2010年 株式会社ペイシェントフッド起業(2018年一般社団法人へ法人格変更)。2013年患者向けWebサイト 「じんラボ」 開設。腎臓病の闘病、透析を受ける当事者としての経験と想いを患者・家族、そして医療の現場に還元すべく「患者のリアル」を伝えるため、講演・研修事業、アドバイザリーなど幅広く活動。2019年一般社団法人ピーペック設立。

患者協働の医療を推進する会(AMCOP) 代表
東京都透析医会 災害対策委員会 委員
東京都世田谷区 身体障害者相談員
NPO法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 第9期生
NPO法人一新塾 第25期生
東京大学 生命・医療倫理教育研究センター(略称:UT-CBEL)修了生メンバー
医療決断サポーター研究会

企業・団体概要

設立:2019年1月4日

代表者名:宿野部武志

従業員数:5名

事業内容:
私たちは、病気をもつ人、患者会、社会に向け、次の3つのビジョンの実現を目指し活動しています。

1.病気をもつ人が望む生活に近づくために
・交流会(カフェ)開催
・病気と生きるストーリー講師養成
・各種勉強会・講習会開催
2.患者会が充実した活動をするために
・事務作業請負
・助成金取得/報告支援
・イベント・交流会(カフェ)開催支援
・ロビイング(政策提言)支援
3.病気があっても大丈夫と言える社会にするために
・創[薬/医療機器]支援(ニーズ調査、座談会開催等)
・病気と生きるストーリー講師派遣
・提言・啓発活動

WEB:https://ppecc.jp/

住所:東京都世田谷区南烏山6-33-1サンライズプラザ501

気になるリストに追加

この求人とテーマ・職種が似ている求人

事務局募集!「生きている」 ただそれだけで祝福される そんな場をつくっていきたい
特定非営利活動法人フリースペースたまりば

テーマ
子ども・教育/福祉・社会的包摂
職種
事務局(総合業務)/総務・労務・人事

「高校に行けなかった私でも、大学受験できるんだ」生徒の再出発を支援する仕事です
株式会社キズキ

テーマ
子ども・教育/福祉・社会的包摂
職種
事務局(総合業務)/営業・接客・カスタマーサポート

【社会を変える最前線】経営企画マネジャー募集
NPO法人Learning for All

テーマ
子ども・教育/福祉・社会的包摂
職種
事務局(総合業務)/経営企画

最近掲載された新着求人

特 集

志と志をつなぐコーディネーター

教育×イノベーション 新しい教育を切り拓く

DRIVEキャリア厳選・未来を切り拓く人材紹介

DRIVE HOT POSTS いま、DRIVEで人気の記事を紹介!

ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン[DRIVE]の人気記事をご紹介!!

ローカルベンチャー

行動系ウェブマガジン[DRIVE]を見る