DRIVEキャリア世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト

DRIVEキャリアTOP > 求人を探す > 熊本豪雨の避難所で子どもの遊び場を提供する「カタリバパーク」業務委託スタッフ募集

募集終了29日前 151view 


熊本県

熊本豪雨の避難所で子どもの遊び場を提供する「カタリバパーク」業務委託スタッフ募集

認定NPO法人カタリバ

この求人は募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

熊本豪雨の避難所で、子どもの遊び場を運営する運営スタッフ・保育スタッフを募集します。

NPOカタリバは、どんな環境に生まれ育っても、すべての10代が意欲と創造性を育める「未来の当たり前」を目指して挑戦している2001年創業の教育NPOです。
東日本大震災から始まり、熊本地震、西日本豪雨、昨年の台風19号の際も被災地での支援活動を行ってきました。

【募集の背景】

7月4日の集中豪雨で甚大な被害が発生した熊本県の球磨川流域。NPOカタリバでは7月6日からスタッフが現地の避難所等で被災実態や支援ニーズの調査を開始しました。

「自宅は被災しているが、子どもを一人で避難所に残すわけにも行かず、家の片付けに連れて行くわけにもいかず、困っている」
「子どもも被災した自宅に行きたいと言っているが、一緒に泥かきに行くより、遊ばせてやってほしい」
「子どもの制服も流された。そういったことを誰に連絡すればいいかも分からないし、親として何をしたらいいかも分からない・・」

このような声や実態調査の結果から、過去にカタリバが支援活動に入った被災地の状況と同等もしくはそれ以上の状況が起きていると判断。被災者数が最大規模の避難所をベースに関係各所と協議を行い、子どもの居場所と遊び場支援「カタリバパーク」を開始することを決定しました。

———————————————
【みんなの遊び場 カタリバパーク@人吉スポーツパレス】
◯開催場所
人吉スポーツパレス(被災者約700人が避難中)
◯支援内容
子どもたちが遊べる居場所と見守る人員の提供を通じた、人命救助や自宅の復旧作業などをする被災家族の支援
◯スタッフ体制(予定)
・現場(熊本県内スタッフを中心に運営)
運営スタッフ:常時1~2名
保育スタッフ:常時2~3名
ボランティア:熊本県内で募集、人吉高校の高校生ボランティア
・バックオフィス:東京を中心に臨時チーム組成
———————————————

そこで、【熊本県内に在住の方を対象に】、現場を一緒に運営していただけるスタッフを募集します。まず1か月程度、子ども支援を通して被災家庭の支援にご協力いただける方をお待ちしています。


【仕事内容】

熊本豪雨の避難所での緊急子ども支援「カタリバパーク」の運営に関する業務をご担当いただきます。

①運営スタッフ
・ボランティアコーディネート
・避難所や行政の担当者と折衝
・保護者対応、支援のお申し出やお問い合わせへの対応 など

②保育スタッフ
・パーク内での子どもの保育
・ボランティアへの活動内容の指示 など

募集要項

テーマ 子ども・教育被災地復興
職種 事務局(総合業務)保育・介護
雇用形態 業務委託
組織形態 NPO・NGO
その他のキーワード 社員・職員数50名以上
対象人材像 ・子どもたちや被災家庭の緊急支援のために、ご経験を活かして貢献したい方
・変化の激しい状況に、臨機応変に対応できる方
・ストレスのかかる状況でも、セルフコントロールできる方
応募資格 ①運営スタッフ
・社会人経験3年以上
・基本的なビジネススキル
・Word、Excelをビジネスレベルで使用できること
・熊本県内にお住まいで、活動拠点まで自力で通勤が可能であること

②保育スタッフ
・保育士、幼稚園教諭、小学校教員、学童指導員など、保育・教育現場でのご経験
・熊本県内にお住まいで、活動拠点まで自力で通勤が可能であること
活動場所 熊本県人吉市下城本町1566-1
人吉スポーツパレス(避難所)内
勤務時間 1日6~8時間、週4日程度(応相談)
就業期間 まず1か月を予定しています。現地の状況によって、延長についてご相談させてください。
給与 時給800円程度~
ご経験・活動時間に応じて業務委託費を決定いたします。
休日・休暇 週3日程度 ご相談により決定
選考プロセス ▼Webエントリー
▼書類選考
▼面接

※面接はオンラインで行います。
※予定人数に達し次第募集を終了いたしますので、お早めにご応募ください。
応募方法 下記URLからエントリーしてください。
・応募部署・職種は「熊本豪雨緊急支援」をお選びください。
・メッセージ欄に「DRIVEキャリアより」とお書き添えください。

https://www.katariba.or.jp/recruit/entry/

この仕事のやりがい

被災した家の片付けに行きたいけれども小さな子どもだけを避難所に残していくわけには行かずに困っている家庭や、遊ぶ場所がなく心身にストレスを抱えている子どもたちなど、今まさに困っている人達のためにダイレクトに役に立つことができます。

昨年の台風19号の際に長野市の避難所で同様の遊び場を開設した際も、「ありがとう」「助かります」「来てくれて良かった」といった言葉や笑顔を、たくさんの方からいただくことができました。

運営スタッフはビジネスで培ったコミュニケーションや事務処理のスキルを、保育スタッフは子どもの保育や教育に関わった経験を活かして、社会に貢献できることがやりがいです。

私たちのビジョンとミッション

■ビジョン(実現したい社会)
どんな環境に生まれ育っても、未来をつくりだす力を育める社会

■ミッション(私たちの使命)
意欲と創造性をすべての10代へ

予測不能な変化が起きる時代を100歳まで生きるかもしれない、今の子どもたち。自ら人生を切り拓き、豊かに生きていくためには、生涯学び続ける「意欲」と変化の激しい時代を楽しみチャンスに変える「創造性」が、すべての子に必要です。

しかし、教育機会が平等に行き届いているはずの日本で、目には見えない、意欲と創造性を育む「きっかけ格差」が広がっていると感じています。NPOカタリバは、すべての10代が意欲と創造性を育める未来を目指して、様々な活動に挑戦していきます。

代表者メッセージ

代表理事/今村 久美

田舎で育った今村久美の、都会で感じた都市と地方の分断や、表現しにくい分断社会に対する憤り。
都会の進学校で優等生だった三箇山優花が出会った、わがままで面白い生き方を自分で選び取る人たちの生き方。

2001年の夏、私達は江ノ島の朝日が昇るまで、海辺でそんな他愛もない話を繰り広げながら、教育を学校の外側から新しくする仕事をしたいと決めたのが、NPOカタリバのはじまりでした。

どんな環境に生まれ育っても、10代の、まだこれからなんにでもなれるあの時間に、未来はつくれると信じられる意欲と、わくわくしながら知りたいことが広がり続ける創造性を、誰しもが手にできる当たり前をつくりたい。

当時は、NPO法人という法人格の認知度も低く、周りの家族や友人たちを心配させましたし、世間知らずの大学生だった私たちに、思い描いたことを仕事にできる実力もありません。

形にならない日々に悩みながらも、「一緒にやろう」と言っていただける学校の先生方、
たくさんの支援者の方々に支えられながら、ここまで走り続けて、まもなく20年。100名以上の仲間とともに、今日も走り続けています。

経済的に厳しい環境で生きる子どもたち。ある日突然の災害で日常の環境を奪われる子どもたち。一見すると遜色ない生活をしているように見えていても、思春期ならではの葛藤で悩む子どもたち。

さまざまな環境で生きる10代と出会ってきましたが、ひとつ自信を持って言えることは、
すべての子どもたちが変化できる可能性を持っているということ。その可能性を引き出す場所は、学校だけでも、家庭だけでもないし、親や先生だけの責任ではない。

大切なのは、いまその瞬間、そこで生きているという現実を一緒に受け入れながら、
誰しもが持つポジティブな気持ちに光を当てて、一歩踏み出す出会いと機会を周りにたくさん散らすこと。
それが私たちの仕事です。

みんなが、互いの可能性を引き出せる存在になれる。10代は、社会をつくる近い未来の担い手です。学校に教育を丸投げしない新しい当たり前を、みんなでつくっていきたい。

これからもNPOカタリバは、日本中の10代の意欲と創造性を引き出せる社会を目指して取り組んでいきます。
想いをともにするみなさんの参画をお待ちしています。

[プロフィール]
1979年生まれ。慶應義塾大学卒。2001年に共同創業者の三箇山優花とともにNPOカタリバを設立し、高校生のためのキャリア学習プログラム「カタリ場」を開始。2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供するなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組む。「ナナメの関係」と「本音の対話」を軸に、思春期世代の「学びの意欲」を引き出し、大学生など若者の参画機会の創出に力を入れる。ハタチ基金代表理事。地域・教育魅力化プラットフォーム理事。文部科学省中央教育審議会委員。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会文化・教育委員会委員。

この企業が募集しているその他の求人

中高生が安心して挑戦できる新しい居場所“ユースセンター”の運営メンバーを募集!

テーマ人材育成/子ども・教育

職種プログラムコーディネート

東北の未来を担う高校生の「生きる力」を育む探究学習プログラムの企画・運営

テーマ地域活性化・まちづくり/子ども・教育

職種プログラムコーディネート/企画・商品開発・クリエイティブ

コロナ禍のなか注目を集める教育NPOの、広報チーム立ち上げメンバーを募集!

テーマPR・メディア/子ども・教育

職種マーケティング・広報/経営企画

福島の復興を牽引するイノベーターを育てる「探究学習」コーディネーター

テーマ地域活性化・まちづくり/子ども・教育

職種プログラムコーディネート/企画・商品開発・クリエイティブ

企業・団体概要

設立:2001年11月1日(2006年9月21日に法人格取得)

代表者名:今村 久美

従業員数:121名(2019年12月現在)

事業内容:
●キャリア学習/探究学習プログラムの開発・提供
└ 30以上の全国の団体と連携し、38,000人以上の中高生にプログラム提供
●子どもへの居場所提供・学習支援
└ 学校や行政と連携し、地域の状況に合わせて全国8つのサードプレイスを運営
●高校や行政と協働した教育魅力化コーディネート
└ 2つの自治体、3つの高校にカタリバ職員が常駐

業種:教育

WEB:https://www.katariba.or.jp/

住所:東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F

気になるリストに追加

この求人とテーマ・職種が似ている求人

最近掲載された新着求人

痛みも、希望も、未来も、共に。
日本財団

テーマ
国際協力
職種
事務局(総合業務)

誰もが自分らしく働ける社会づくりに本気で挑戦したい事業所マネージャー募集!
株式会社manaby

テーマ
IT・情報/福祉・社会的包摂
職種
保育・介護/営業・接客・カスタマーサポート

意志ある寄付で社会を変える~共に日本の新しい寄付文化を創りませんか~
公益財団法人パブリックリソース財団

テーマ
ファイナンス支援/中間支援
職種
プログラムコーディネート/企画・商品開発・クリエイティブ

特 集

地域からつくる未来の暮らしと仕事

教育×イノベーション 新しい教育を切り拓く

DRIVEキャリア厳選・未来を切り拓く人材紹介

DRIVE HOT POSTS いま、DRIVEで人気の記事を紹介!

ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン[DRIVE]の人気記事をご紹介!!

ローカルベンチャー

行動系ウェブマガジン[DRIVE]を見る