世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト
DRIVEキャリア

DRIVEキャリアTOP > 求人を探す > 【急募】働く自信がない若者に寄り添う、職業訓練事業の立ち上げメンバー募集

募集終了2021.5.12 1,535view 


東京都

【急募】働く自信がない若者に寄り添う、職業訓練事業の立ち上げメンバー募集

特定非営利活動法人サンカクシャ

この求人は募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

働きたいけど働けない若者が社会に「サンカク」できるプログラムを開発する事業コーディネーターを募集

サンカクシャは、現在豊島区要町、文京区本郷、北区駒込に15歳から25歳くらいまでの若者が「友達の家」のような感覚でいくことができる居場所を構えており、現在130名ほどの若者が利用しています。
居場所では、ご飯を無料で提供し、職員が常駐し、何気ない雑談ができたり、ゲームや漫画があり、くつげる場所になっています。
家にいたくない、学校に行けない、友達がいない、やることがないといった若者が気軽に居場所を利用できるようになっています。

居場所に定着した若者は、進路や就職などのサポートが始まります。
特に働くという点で、知らない人と話すことが苦手、やりたいことがない、働くことに自信がないという若者が多く、働きたいけど、働けないという若者が増えてきました。
こうした若者たちをサポートするために、企業と連携し、助成をいただき、職業訓練プログラムを開発することになりました。
働きたいけど、働く自信がない、やりたいことがない、仕事が長く続かないと感じている若者に対して、働く自信やスキルを身につけ、それぞれの若者にあった仕事を見つけていけるようなプログラムを廃発していきたいと考えています。
お願いしたい業務例としては以下の3つです。他にも状況や適正に応じて変わる場合もあります。

1)働きたいけど働けない若者のための職業訓練プログラムの開発
プログラム開発の会議に出席していただき、プログラム内容やKPIや成果の定義、効果測定指標の開発を理事やアドバイザーと一緒に進めていきます。

2)開発したプログラムの運営と若者への伴走
プログラムが設計できたあと、プログラムの運営を担っていただきます。
参加する若者の対応やプログラムに参加する若者と関わっていき、それぞれの悩みや課題に寄り添って、プログラムを走りきれるようにサポートします。

3)地域や行政との連携体制の構築
プログラム参加者は行政や地域の支援者と連携をして集めていくことになります。
連携する行政や地域の支援者との会議や進捗報告などの連絡調整などを行っていただきます。

募集要項

テーマ 子ども・教育福祉・社会的包摂
職種 プログラムコーディネート営業・接客・カスタマーサポート
雇用形態 業務委託
組織形態 NPO・NGO
その他のキーワード 初心者OK創業3年以内社員・職員数1-9名
期待する成果 企業と連携して、若者向けの職業訓練プログラム開発及びおの運営を担っていただきます。働きたいけど働けないと感じている若者がどのようにしたら仕事に前向きになるか、どのようにしたら働けるようになるのかを一緒に悩みながら、若者が社会にサンカクしていけるようなプログラムを作り、運用していただけることを期待しています。
対象人材像 職員や支援者という形ではなく1人の人として若者と関わっていただける方
若者が安心できる人柄や相談したいと頼られる人柄の方
価値観の違うステークホルダーと仲良く連携ができる方
応募資格 社会人経験3年以上ある方
活動場所 原則勤務地は自由です。
在宅がメインになりますが、以下の拠点で仕事することも多いです。
・要町拠点
東京都豊島区千早1-11-12(サンカクシャ要町拠点)
最寄駅:東京メトロ有楽町線、要町駅から徒歩5分

・本郷拠点
東京都文京区本郷2-40-6 和田珈琲ビル2階(サンカクシャ本郷拠点)
最寄駅:東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線本郷三丁目駅から徒歩1分
勤務時間 原則1日8時間、週40時間 ※裁量労働制
就業期間 即日~2022年3月31日 ※次年度以降も希望に応じて更新可
給与 週5日:月額300,000円〜
経験やスキルを考慮し、決定
※週4日の場合は、月額240,000円〜
福利厚生 ●交通費支給(2万円まで/月)
居場所でご飯が食べられます
給与以外の報酬 大手企業や外資系企業との接点や行政や地域の支援者、専門職といった幅広いプレーヤーと接点を作ることができます。何より、関わる若者と距離が近く間近で変化などを見ることができ、その変化を一緒に喜べる仲間がいるのが1番のやりがいではないかなと思います。
休日・休暇 週休2日 ※裁量労働制
職場の雰囲気 それぞれキャラクターや個性の強い職員が多いため、ありのままの素のキャラクターでいられる職場です。(むしろキャラクターを出して欲しい)
立ち上げ期でバタバタしていますし、やることが増えたり変更したりすることはザラにありますが、そうした変化を楽しく、若者のために一緒に取り組める方だと嬉しいです。
入社後1ヶ月のイメージ 助成や支援をいただいている企業の方との打ち合わせや、理事、アドバイザーの方とプログラム設計に関しての打ち合わせ、地域や行政の支援者との関係構築、若者と居場所で交流など多様な方とまずは繋がっていただきながら、地域や行政と連携し、若者の職業訓練プログラムの開発を行っていただきます。
選考プロセス ・書類選考
・一次面接(担当者、会社説明を含む)
・二次面接(代表理事)
・最終面接(代表理事・事務局長)
その他 双方合意の上、正社員登用の可能性あり

この仕事のやりがい

2019年に法人を立ち上げて以来、居場所を3拠点、支援する若者が100名、連携企業数は20社以上と、コロナの影響もあり、少しずつ活動を広げてきました。

親や身近な人を頼ることができず、様々なことを1人で抱えないといけない若者の力になりたい、その一心で活動を続けてきました。

活動を続けていくうちに、活動を応援してくださる方々が増え、「こんなにも困っている人の力になりたい」と思っている人がいるのかと可能性を感じています。

しかし、その両者をうまく結びつけ、より若者の力になれるかどうかは、私たちの腕にかかっていると感じます。

目の前に、困っている若者がいて、周りには、何か力になりたいと思っている大人がたくさんいる。
今のサンカクシャは、とても恵まれているように感じます。
この環境をいかに、若者を支えていける基盤をいかにして作っていけるか、支援からこぼれ落ちる若者といかにして出会い、応援者をより増やすにはどうしたら良いか組織としては常に考えています。

こうした使命感を感じられる職場でありますし、大変ながらもそれ以上のやりがいに満ち溢れている場ではないかなと感じています。

一筋縄ではいかない、社会課題に対して、真っ向から向き合える環境がここにはあります。悩みながらも自分の限界に挑み、目の前の若者の力になりたいと思える人と、一緒に取り組み、苦労や喜びを共有したいです。

私たちのビジョンとミッション

【親や身近な大人を頼ることができない若者が、どんな道に進んでも生き抜いていけるような社会を作る】
学校のあり方や働き方が目まぐるしく変わる今、子ども若者支援も、学校に行くこと、大学進学すること、正社員で働くことなど、支援の目標にすることが少しずつ変わり始めています。
サンカクシャは、若者がどんな道に進もうが生きていける社会を作りたいです。
若者の生活環境や労働環境を見ていると、これでは、生きたいと思えない、働きたいと思えないなと思うことがたくさんあります。
お金を稼がないと生きていけない、そのために我慢して社会に適応するだけじゃない生き方もあるはずです。
こうあるべきという価値観を一度捨てて、今の若者がありたい姿に近づけるようになるには、どのような仕組みが必要かをサンカクシャは追求していきたいです。
そんな思いも込めて、「どんな道に進んでも生き抜いていける社会」と掲げています。
まだまだ自己責任や自助が求められる社会ではありますが、震災やコロナなどの影響で、支え合っていかないと生きていけないと社会が少しずつ変わり始めています。
人の役に立ちたいと動く人も増えています。
若者を支えたい、応援したいと思ってもらえる大人を増やし、若者が生き抜いてる仕組みを作ることがサンカクシャのミッションです。

代表者メッセージ

代表理事/荒井佑介

サンカクシャは、目の前の1人の若者の困りごとから全ての活動を作ってきました。
家にいたくないという若者の声で居場所を作り、働きたいけど働けないという若者には、居場所で働ける仕組みを作ったり、タピオカ屋さんをやってみたいという声からカフェを出店したり、住む家がなくなるという声を聞き、シェアハウスを作ったり、
このような形で今のサンカクシャの活動は作られてきました。

しかし、活動を継続的に、発展させていくには、1人1人のニーズに応えるだけではいけないと痛感しています。
立ち上げは1人の若者の声からのスタートで良いのですが、一定のニーズがあると判断できる活動に関しては、継続的にサポートを提供できる仕組みが必要です。

「サンカクシャの事業化」が今の大きな課題です。

創業した私は、長く現場にいた経験があり、1人の若者のニーズで動いてしまうという良さと課題があります。
今のサンカクシャは、組織が大きくなってきている中で、
今のままの活動を続けているだけでは、組織は大きく、強くなっていかないという危機感を持っています。

1人1人のニーズ、目の前の若者の困りごとも大事だけど、
もっと広い視野で、こういう事業が必要なのではないかと、発想できる方、
立ち上がった活動を広げていくサポートがしたいという方、
立ち上げはできないけど、1を10にするのが得意という方、
今、そんな方をサンカクシャは求めています。

日々出会う、困っている若者をサポートし続けていくためにも、サンカクシャができることを増やしていかないといけないと痛感しています。
サンカクシャの活動を広げていくために、お力を貸していただける方に巡り会えたらと思っています。

[プロフィール]
大学在学中の2008年からホームレス支援に携わり、2010年から子どもの貧困問題に取り組む。教え子をが高校進学後に様々な課題に直面したことから15歳から25歳くらいまでの若者を支援するNPO法人サンカクシャを2019年に設立。

企業・団体概要

設立:2019年5月24日

代表者名:荒井佑介

従業員数:14名(うち正社員5名)

事業内容:
親や身近な大人を頼ることができない15歳から25歳の若者が孤立せず、社会に「サンカク」していけるよう、地域で若者を応援するネットワークと若者が生き抜くことができる仕組み作りを行う。
・居場所作り事業
・社会サンカク事業
・アウトリーチ事業
・居住支援事業

WEB:https://sankakusha.or.jp

住所:東京都豊島区千早1-11-12

気になるリストに追加

この求人とテーマ・職種が似ている求人

【 スタッフ募集】学校でも塾でもない新たな学習空間を創るお仕事!
特定非営利活動法人キッズドア

テーマ
子ども・教育/福祉・社会的包摂
職種
事務局(総合業務)/企画・商品開発・クリエイティブ

【週2日~OK! 新宿エリア】調理作業 (NPO法人の事業)
特定非営利活動法人3keys

テーマ
子ども・教育/福祉・社会的包摂
職種
職人・ものづくり

親を頼れない子どもの伴走者500人をフルパワー化させるボランティアマネージャー
特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル

テーマ
人材育成/子ども・教育
職種
プログラムコーディネート/事務局(総合業務)

【時短・フレックスOK】在宅医療で「私らしくいきたい」を支える。訪問看護師募集
ケアプロ株式会社

テーマ
医療・介護・メンタルヘルス/福祉・社会的包摂
職種
保育・介護

特 集

社会の変革を生み出す仕事「コーディネーター」特集

教育✕イノベーション 新しい教育を切り拓く

DRIVEキャリア厳選・未来を切り拓く人材紹介

DRIVE HOT POSTS いま、DRIVEで人気の記事を紹介!

ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン[DRIVE]の人気記事をご紹介!!

ローカルベンチャー

行動系ウェブマガジン[DRIVE]を見る