この画面はプレビュー画面です。検索エンジンには登録されていません。
公開前に関係者の方と確認したい場合は、このURLを共有してください。

募集終了31日前


徳島県

【山あいのまちで、学校と地域をつなぐ】教育コーディネーター募集!

一般社団法人神山つなぐ公社

この求人は募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

〈地域で学び、地域と育つ〉高校のコーディネートと寮のマネジメントを通して、子どもも大人も育ちあう場づくりを行います。

神山つなぐ公社は、役場と協働しながら神山町の地方創生戦略「まちを将来世代につなぐプロジェクト」を実現してゆくために2016年に設立された組織です。
神山町とそのつながりの中に、
・多様な人材がいる
・よい関係と、それを支える場がある
・新しい活動や仕事がほどよく常に生まれている
状況を目指して、まちに必要なプロジェクトを進めています。


これまでに神山つなぐ公社は、町内唯一の農業高校・城西高校神山校の先生方と連携しながら、地域をフィールドに学ぶオリジナルの授業や、学校で習得する剪定技術を活かして高齢者の庭の手入れを行う有償ボランティアなど、地域性と高校の専門性を生かした取り組みを展開してきました。

2019年度には城西高校神山校は新たなひとづくりの拠点として、学科を再編し、文部科学省「地域との協働による高等学校改革推進事業」にも採択されました。また、まちで暮らすことを希望する県外・遠方生のために、神山町役場が寮を開設しました。立ち上げ当初から神山つなぐ公社があゆハウスの運営を受託して、地域との連携を図りながら、高校生の暮らしをサポートしています。

最大18名の高校生が暮らす寮では、複数名のスタッフがともに日々の暮らしをつくっています。関わるスタッフは、寮生の自主性を尊重しながら、一人一人が心地よく暮らしていくことができるように共に考え、必要な場やきっかけをつくっていく存在です。


今回、学校と地域のコーディネートや寮のマネジメントを担うスタッフを募集します。
主な業務は以下の通りです。

・寮の現場運営、マネジメント
・寮生募集の広報、体験プログラムの企画と運営
・中学・高校の地域連携授業の企画・調整
・コミュニティスクールの運用と伴走
・中高生向け国際交流の企画・実施
・その他、地域交流・教員研修等企画支援・コーディネート

※ 一例です。ご自身の関心や得意分野をお聞きしながら、ほかのメンバーと相談の上、仕事の担当を決めていきます。


2022年度から、これまで培ってきた学校と地域の力の重ね合いをより確かなものにしていくため、神山校はコミュニティスクールとして新たにスタートを切ります。また4年目を迎え、ほぼ定員いっぱいになった寮ではいよいよ本格運営が始まります。
目の前の一人ひとりに向き合いながら、日々を重ねていく。そんな手触り感のある仕事をしたい方とご一緒できればと思います。

▶︎ 現メンバーが仕事の様子を話すインタビュー記事もぜひご覧ください
https://www.in-kamiyama.jp/recruitment/62603/


募集に際して大事にしているのは、実際に来ていただき、神山の土や水に触れ、人に会い、まちの様子も感じてもらいながら、一緒に食べ・語り合い、よい出会いを互いにあきらかにしてゆくことです。
この求人に関心のある方は、2月上旬の2日間の滞在プログラムにぜひお越しください。

募集要項

テーマ 地域活性化・まちづくり子ども・教育
職種 プログラムコーディネート事務局(総合業務)
雇用形態 正社員
組織形態 自治体・行政・財団・社団
その他のキーワード 初心者OK社員・職員数1-9名
対象人材像 ・多様な人と関わり合いながら活動や仕事を生み出していくことに関心がある方
・物事に対する好奇心があり、変化への柔軟性がある方
・「まちを将来世代につなぐプロジェクト」やあゆハウスの方針に共感し、学校・行政と連携したこれからの地域教育の実現に、楽しんで取り組みたい方
・高校生やスタッフに関心を持ち、管理や指導といった関わり方ではなく、対等に関わることができる方
・自立してプロジェクトを進めることができる方
応募資格 ・2年以上の社会人経験
(子ども・若者と関わる仕事やプロジェクトマネジメントの経験がある方歓迎)
勤務地 徳島県神山町
勤務時間 週5日勤務 8:30〜17:15(休憩時間12:00〜13:00)
※ フレックス制
※ 寮勤務(週2) 夕勤シフト:16:45〜翌朝9:00 宿直シフト:22:00〜6:30(宿直時間22:00〜6:30)
給与 月給22万円〜35万円 (経験・スキルを考慮して決定)
福利厚生 ・賞与(年2回支給)
・時間外手当、宿直手当有り
・各種保険(健康保険、雇用保険等)
・交通費・家賃補助有り
・退職金有り
・研修費補助有り(担当領域の学びを伸ばすために、個人に研修費を割り当てています)
休日・休暇 ・夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇
選考プロセス 1) 申込フォームからエントリー
2) 滞在プログラム2days(下記詳細)に参加


【2days概要】
・定員 6名程度
・参加費 無料
※ 交通費・宿泊費・食費別途。宿泊費・食費は現地で各自精算です
参考:宿泊費 9,000円程度、食費(1日目昼・夕食、2日目朝・昼食) 6,000円程度
・開催 2021年2月11日(金)〜2月12日(土)
・主催 神山つなぐ公社(TEL 050-2024-4700 担当:森山)
・宿泊施設 WEEK神山

【申し込み方法】
応募申込フォームにアクセスの上、必要事項をご記入ください。
締切:2021年1月24日(月)
ご応募多数の場合は選考を行い、1月27日(木)中に結果を連絡します。



【2daysの流れ】 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

● 2/11(金)
12時半 集合/まちの散策、鮎喰川コモン・あゆハウス見学
18時頃 宿にチェックイン(WEEK神山)
18時半 夕食、「神山の創生戦略」

● 2/12(土)
9時 「高校プロジェクトの現在地」「食農教育の動き」
12時 昼食
13時半 求人について、語り合い
17時頃 クロージング、解散

※ 上記はスケジュール案です。状況に応じ組み替える場合があります。あらかじめご了承ください。
※ 参加される方には神山町の概略(サテライトオフィス誘致、移住支援、神山アーティスト・イン・レジデンスなど)の動画を事前にご覧いただきます。
※ 現時点で応募を悩んでいらっしゃる方も2daysへの申し込みは可能です。
応募方法 2days申込フォームに必要事項のご記入をお願いいたします。
https://forms.gle/fRsFD6UFXMw3vcUU9
※ 本求人に応募希望で2daysへの参加が叶わない方は、フォーム内「その他」欄にその旨ご記入ください。
その他 【参考URL】
●神山つなぐ公社&メンバー紹介
https://www.in-kamiyama.jp/tsunagu/

●高校プロジェクト映像|耕作放棄地の再生と利用
https://youtu.be/4HsmIXKc0uI

●寮スタッフ採用記事|高校生たちと、日々の暮らしをつくる
https://www.in-kamiyama.jp/recruitment/59638/

●地域留学中の高校生インタビュー記事|神山への地域留学2年目。「今、感じていることを言葉にするのがもったいない」
https://www.hinagata-mag.com/column/40848

●国際交流プロジェクト実施報告|海外ツアーin Kamiyama イタリア編
https://www.in-kamiyama.jp/diary/60754/

●神山町創生戦略・人口ビジョン「まちを将来世代につなぐプロジェクト」
https://www.town.kamiyama.lg.jp/office/soumu/kikaku/tsunapro.html

この仕事のやりがい

神山校は一学年30人、あゆハウスは最大18人と小規模です。高校生一人ひとりに向き合いやすい環境があります。あらかじめ決めた枠組みを適用するのでなく、目の前にいる人に合わせて柔軟に形を変え続けていくことが大切だと考えています。
学校教員・行政職員・地域の人々とともに立場を超えて協働することで、一人では成し得なかった物事が実現できていく。そんな時に確かな手応えを感じます。
大人も子どもも育ちあう環境をつくっていくのが私たちの仕事です。

私たちのビジョンとミッション

私たち神山つなぐ公社は、将来世代が自分と地域に可能性を感じている状況を目指しています。そのために、多様なひととともに、よい関係、すこやかな環境、ひとが育つ機会がより豊かな状況づくりに取り組んでいます。

今回の求人はひとづくりに関するものですが、組織としての取り組みは、すまいづくり、しごとづくり、安心な暮らしづくりなど多岐にわたります。

私たちのこと、そして私たちが一役を担う「まちを将来世代につなぐプロジェクト」について客観的に書いていただいた記事を紹介します。ぜひご覧ください。
【未来のことだから、まちの計画は、40代以下でつくろうと決めた。結果、2年連続の社会増へ(Yahoo!ニュース)】
https://news.yahoo.co.jp/byline/kaikaori/20211224-00273525

代表者メッセージ

代表理事/馬場達郎

神山町には、清流のシンボル「鮎」が名前に入った「鮎喰川」があり、その流域で育つ、美味しいお米や農作物があります。それらを料理し、食べさせてくれるレストランも。
また、すれ違いに挨拶が交わせる田舎特有の人との程よい距離感を持ちながら、農林業者からIT技術者、アーティストに至る多様な大人たちが身近に存在することが自慢です。

神山つなぐ公社は、神山の自然や多様な人との関わりを大事にしながら運営しています。

日々の様々な体験や人との出会いは、新たな気づきや縁が生まれ、子どもたちの将来の可能性を大きく広げるものと思っています。神山の暮らしを高校生と一緒に、夢中で楽しんでくれる方だとうれしいです。

[プロフィール]
神山町生まれ。6年間の地元銀行勤務の後、神山町役場に入庁。総務課の地方創生担当者として、神山町創生戦略・第2期の施策づくりをまとめる(2020年度)。2021年度からはその実行にむけて、神山つなぐ公社に出向。

企業・団体概要

設立:2016年4月1日

代表者名:馬場達郎

従業員数:20人

資本金:1050万円

売上高:9,426万円

事業内容:
神山町創生戦略「まちを将来世代につなぐプロジェクト」の遂行
城西高校神山校 町営寮「あゆハウス」の運営
公共施設「鮎喰川コモン」の運営
神山町国際交流プロジェクトの運営

業種:サービス業

住所:徳島県名西郡神山町神領字本野間100

気になるリストに追加