DRIVEインターン大学1・2年生からはじめる本気のインターンシップ

DRIVEインターンTOP > コラム > 事務局かみーは見た!!~Vol:2 人事院研修の裏側に迫る~

事務局かみーは見た!!~Vol:2 人事院研修の裏側に迫る~

2016.06.20

みなさま、こんにちは! DRIVEインターン事務局のかみー、こと、かみやです! みなさまに楽しく、日々の私たちの裏側をレポートしたいと思います。 本日はDRIVEインターンの仕事ではないのですが、東京大学にやってきました!! よもや、私が東大に来る日がくるとは(学歴コンプレックス。。) 緊張のため、東大の写真は撮り忘れました。。 さて、DRIVEインターンでもなく,なんでまた東大に来たかというと、 本日は人事院×ETICで取り組む「人事院研修」にやってきたのです! え? 何だかわからない?そうですよねー (正直、私もはじめは自分が研修受けるんだと勘違いしてました。。。) ここで研修を受けているのは、こちらの方々! FullSizeRender_2   何と、みーんな、国家公務員! (どどーん) ひいては日本を背負って立つリーダーになるフレッシャーズのみなさんです。 ETICでは、人事院の方と協力して、 毎年キャリア官僚1年生向けのNPO・市民社会との協働を考える研修をしています。 具体的には、ETICとつながりのある社会起業家のみなさんのところへ訪問し、 彼らが抱える課題や未来への挑戦を聞き、そのことについてディスカッションしたり、 未来に向けて一緒に出来ることを考えたりして、これからの社会への課題や展望を見つけにいきます。 前置き長くなりましたが 午前中は経産省OBである小城武彦さん(株式会社日本人材機構代表取締役)基調講演をお聞きし、 (いやあ、とっても熱いお話でした) マインドセットができたところで午後はグループに分かれて実習に。 かみーがお手伝いする班は「はじまりの学校 aschool」さんに伺いました! FullSizeRender   取締役の岩田さんはまだ31歳と大変お若いですが、 ご自身の幼少期のご経験から、どんな子でも自由な発想で学びをすることができる場所を作りたかったとのこと。 ascoolの「a」は、よく見ると「0+1」でできているんですね。 「0から1を生み出す想像力」、自ら学びたいと思うことを意欲をもって学習する学び舎。 そして「a」は「はじまりの言葉」という意味もあります。 識を詰め込む学習ではなく、意欲を引き出す学校。 壁一面に貼られた子供たちのワークシートには、 「アメリカ人はどうして太っているのか」や「新しい漢字をつくった」だとか 「大人たちの思春期」についての研究など、見ているだけで楽しくなるものばっかり! 最近では電話を使って地域の人にインタビューを行い、より深く研究を楽しむ子もいるそうです。 FullSizeRender_1 法務省、環境庁、文化庁、防衛省、国土交通省に農林水産省、、、 それぞれの働く場所は違えど、 教育の場やこれからの社会の在り方について、みなさんたくさん質問していました。 すごい熱気でしたよ。ほんとに。 さて、研修センターに帰ってきて、今度は各チームでそれぞれの訪問先についてグループ発表をします。 ふむふむ。どれどれ。 下書きもなしに書き始めるチームから、ディスカッションを綿密に行うチームまで個性豊かです。 国家公務員と聞くと遠い存在に感じていたんですが(学歴コンプレックス・アゲイン) こうやって楽しそうに議論しつつ、手書きで発表の準備をしているところを見ると、 まったくそんなのは杞憂だったと思えてきます。 FullSizeRender_4これからの日本を守りたくて、自衛隊か防衛省かとても迷ったけど法律の面から考える必要を感じて防衛省に入ったという方、法に携わるだけじゃなく、受刑者のその後の生活を支えたいと思って法務省を選んだ方、育の世界を変えていきたいと熱く語る方、小さいときから、とにかく税金のことが好きだった(?!)から財務省に、という方まで、国家公務員なんて、みんなどんな気持ちで就職したのだろうと思いましたが、私が想像するいわゆるガチガチの行政マンではなく、本当に多様な想い、でも熱い想いをもって就職したことがわかりました。FullSizeRender_3

午前中の基調講演では、小城さんから 「最初にどんなに熱い想いを持っていても、組織として空気を読もうとする癖が日本人にはある」というお話がありました。 今日見たこと、感じたもの、ノートに走り書いている言葉を どのくらいの間、みなさん覚えているのでしょうか。 それともこれから、もっともっと発展するのでしょうか。 ふとしたときに思い起こすような、そんな一日が私も一緒に作れていたらいいなと思います。 そして、もしかしてこの中から、いつか一緒にお仕事をする仲間が現れるんでしょうか。 ワクワクのどきどきです。 それと小城さんがお話してくれた貴重な小話を1つ。ユダヤ人には最後の問いというものがあるんだそうです。自らが死ぬときに問われるもので「お前はお前であったか?」という問いだそうです。どうでしょう?答えられそうですか?少し、ドキッとしますよね。私らしく自分らしくなんてよく言うけど、そんなの本当にどうであったかなんて、いつかはっきり言える日が来るのか。そのためにも日々を健やかに、豊かに、隠し立てしないでハッピーに生きたいなと思いました。

以上事務局かみーは見た!!でした。またお会いしましょう~

****** 【インターンに興味を持った方ははこちらへ】https://drive.media/intern/di-search-list

【社会起業家の仕事に興味が出てきた人はこちらへ】イノベーションを担う第3勢力「ソーシャルベンチャー」で挑む!革新的アイディアで社会課題に解決に挑む5つの組織をピックアップ! https://drive.media/intern/blog/11264

コラムの一覧へ