DRIVEインターン大学1・2年生からはじめる本気のインターンシップ

プロジェクトを任されたときの「俺がなんとかしなきゃ、やばいじゃん」という感じがたまらなかった。

横田朋大さん

大学・学年(インターン当時):早稲田大学2年

インターン先:アクトインディ株式会社

インターン期間:2009年2月~2010年3月

仕事内容:新規事業立ち上げ

Q.なぜインターンをしようと思ったのですか?

一言で言うと、「本気になれる場所」がETIC.のインターンシップだからです。私も入学後、普通の大学生と同じようにサークルに入りました。でも、面白くなかった。。サークルって「来る者拒まず、去る者追わず」が基本なんですよね。「自分たちが楽しけりゃいいじゃん」というのがつまらなかった。自分の生活にどこか「物足りなさ」を感じていました。 授業は面白くないし、友達と飲み騒ぐことにも楽しみを見出せず。もっと本気で1つの目標に向かって全員でチャレンジしていく。そんな環境を求めていました。そして、何より自分が社会にどんな価値を提供できるのかを在学中に試したかった。留学やサークルって価値提供のベクトルが内向きだと思うんです。つまり、「自分のためにやる」というのが前者。私の場合は「自分が社会にどんな価値を生み出せるのか」という外向きのベクトル。「本気で」かつ「社会に価値を提供できる」フィールドとして、ETIC.での実践型インターンシップを選びました。

Q.なぜインターンを、2年生の春休みという時期にやろうと思ったのですか?

大学4年間の過ごし方を、入念に計画して決めました。1年生~2年生の夏休みは、まずは遊びたかった。3年生の夏休みは、大手企業のインターンに参加したいという思いがあったので、ここは避けました。3年生の春休みも、就活の選考真っ最中でインターンどころではないかなと。4年生は、自分のやりたいことはもちろんのこと、これまでお世話になった人々に恩を返すこともやりたい。結果、2年生の春休みとなりました。また、就活前に「働く」とか「仕事」とかに対して自分なりの答えを探したいという思いもありました。人生の大部分を費やすことだから、適当では絶対にいけないと。2年生の春休みにインターンをすることで、自分の進路をしっかりとした考えのもとに決定しようと思いました

Q.インターン先をアクトインディにした決め手は何でしたか?

インターンシップフェアでの下元代表のプレゼンです。「この会社だ!」「この会社なら本当に自分が主体となって仕事をできる」とびびっときました。特に「うちの会社はインターン生にやってもらうことは用意していない。やりたいことがある奴は来い!!」という一言に「面白いなこの社長」と思いました。なんかワクワクさせられましたね。「この会社に行ったら・・・」と思うだけで楽しくなる。また、担当コーディネーターの細田飛鳥さんが、自分の意見をしっかり汲み取って、「それならアクトインディがいいよ」とアドバイスしてくださったことも大きかったです。

Q.インターンではどのようなことを行いましたか?

始めの6ヶ月間は「ついのすみか」という関東・関西の霊園検索サイトの事業部に配属され、サイトの構成から、営業、新規企画、相談対応など事業に関わる全業務を担当しました。都内の霊園14ヶ所の単独取材や単独での営業も経験しました。お墓に関する相談も受け、インターン期間中はサイトに「相談員」として掲載もされていました。後半の7ヶ月間は「いこーよ」というパパ向けの子どもとお出かけ情報サイトの事業部で、パパ向け雑誌とのタイアップ企画や小学生親子を対象とした新規イベントの立ち上げなどを経験しました。「営業」や「マーケティング」という特定の仕事ではなく、1つの事業に関連する全ての業務を担当しました。ある意味”なんでも屋”でしたね(笑)

Q.学校との両立はどのようにしましたか?

どんなにインターンが忙しくても、単位はきちんと取得しました。もちろんインターンにかける時間が長い分、授業を欠席することは多々ありました。でも、当時の自分にとっては大学の授業より、インターンのほうがはるかに価値があると思っていました。理系の学生や全ての授業で出席を取るような場合は別ですが、自分が一番価値があると思うことに時間は費やすべきだと思います。まずは、自分にとっての「両立」を定義することをお勧めします。授業に全て出ることが「両立」なのか、単位を取ることが「両立」なのか、本気で学問することが「両立」なのか、というように。

Q.インターンをしていて、何が面白かったですか?どんなことにやりがいを感じましたか?

やりがいを感じたのは、社員の方に自分の存在が会社にとって高い価値を持っているということを言われたときや、お客様の相談にのって感謝されたときですね。面白かったことは、とにかく全て。ベンチャー企業の実情や、仕事の現実、人間関係などを見ていて非常に面白かったです。「会社とは何か?」という存在意義をすごく考えさせられたことも大変貴重な経験だと思います。また下元社長に直接プロジェクトを任された経験も大変嬉しかった経験です。「俺がなんとかしなきゃやばいじゃん」という感じがたまらない。ちょっとキモイですね(笑)

Q.インターンを通じて得たことはなんですか?

もちろんPCスキルや電話対応などのビジネススキルは身につきました。しかし、それ以上に「考え方」を学びました。「働くとは何か」「会社とは何か」「人生で大切にすべきものは何か」等々。特に下元代表の考え方や仕事に対する姿勢、人生に対する姿勢から多くを学びました。これからインターンに挑戦する皆さんには、是非とも社員や経営者の仕事に対する姿勢、人生に対する姿勢から多くを学んで頂きたいと思います。自分以外の全ての人・物・現象から学ぶという姿勢が大切だと思います。

Q.インターンが横田君の人生に与えた影響を教えてください。

人生これからなのでまだ全ては分からない、と思います。就活を控えた学生である自分に与えた影響と言われれば、「仕事って楽しい」ということですね。別に社員さんとワイワイやることが楽しいということではなく、特に自分の場合は「もうダメかもしれない」という状況から「やれば出来るじゃん」という状態にもっていくことに喜びを感じました。

インターンシップ経験談TOPへ戻る