DRIVEインターン大学1・2年生からはじめる本気のインターンシップ

子どもの命と健康を守るプロジェクト

ベビカム株式会社

子どもの命と健康を守るアプリの事業スタート

弊社の核となっている事業が、1998年から運営しています、妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」です。
会社サイト http://company.babycome.jp
ベビカムサイト http://www.babycome.ne.jp
人生の中でも大きな幸せをかみしめられるはずの妊娠・出産・子育て中の生活、家族との時間。
それは同時に、さまざまな不安や悩みが多くなる時期でもあります。
だからこそベビカムでは、そのような時期において、
親・子・家族、ひとりひとりの笑顔を実現したいと考えています。
健康に生活できることで笑顔になる、子育ての悩みを解決することで笑顔になる、
やりがいのある仕事に就けることで笑顔になる、将来の幸せのために学べることで笑顔になる、
パートナーと楽しいコミュニケーションができることで笑顔になる・・・
ベビカムはこれからも、妊娠・出産・子育て中の生活を中心に、
たくさんの笑顔の実現につながることを考え、
そのソリューションを継続して提供します。

年間850万人以上が訪れる育児コミュニティサイト「ベビカム」を運営するベビカム株式会社の新規事業として、母子のための健康管理アプリ「すこやこ」を2018年3月にリリースしました。
すべての育児中の母親が持つスタンダードなアプリとなるべく、これから、利用者のニーズを把握しながら、AIテクノロジーなども活用し、様々な機能・サービスを追加して、このアプリを大きく成長していく計画です。

募集要項

テーマ テクノロジー・テック子育て・子ども・女性
職種 マーケティング・広報企画・商品開発
特徴・条件 起業家のすぐそばで働ける
組織の種類 株式会社
活動支援金 あり
任せたい仕事内容・期待する成果 ベビカム社にとって、子どもの命と健康を守るアプリ「すこやこ」はスタートしたばかりの新しい事業です。新しいプロダクトやサービスを広く利用してもらうためには、当然さまざまなアクションや施策が必要になってきます。
その・プロダクトやサービスの目的・意図・内容を広く伝えていくとともに、ユーザにとってのメリット、ユーザが笑顔になるシチュエーションを提案して、少しでも多くのユーザに使ってもらい、結果的に家族が笑顔になれるための活動をお願いしたいと考えています。
こんな人を待っています! 課題に対して、いろいろな角度からそのソリューションを考えられる人
難しい問題にこそ、意欲を持ってチャレンジできる人
既存のやり方にこだわらないアイデアを出せる人
問題が発生したら、まず自分自身を反省できる人
小さな作業でも、その目的を最大限に達成しようと取り組める人
インターン期間 6ヶ月間
活動場所 東京本社(港区芝浦 1-13-10 最寄り駅:JR田町)
活動条件 以下を希望します

学期中 週3日以上
休暇中 フルタイム

私たちはこんなチームです!

自社で1998年から「ベビカム」サイトを立ち上げ、インターネットメディアを中心に、紙メディアやリアルイベント等の活動も含めて運営し、妊娠・育児中の女性をこれまで約20年に渡って継続してサポートしてきました。特に、妊活期から育児期の医療系情報も充実し、専門家の監修に基づく情報や、経験者からの情報もあることなどから、症例や対処を調べる利用者にとって、信頼度の高い情報として役立っています。その結果、サイトには年間850万人もの方々が訪れており、国内最大級の妊娠・育児メディアとなっています。
働くスタッフは、出産・育児経験者はもちろん、経験のないスタッフもそれぞれの役割で活躍しています。
なお、妊娠・育児中の女性の就業支援活動にも積極的に取り組んでおり、総務省より、「地域情報化対象奨励賞」受賞や、「テレワーク先駆者百選」に選出されています。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/安西正育

弊社の設立は1996年、その当時はインターネットという言葉さえ一部の人たちしか知らず、利用するにも、手続きや費用の問題等、一般に普及するための環境はまだ不十分でした。また、自分のメールアドレスを持っている人は限られていました。 それが、10年たらずで、気がつくと、インターネットは生活に無くてはならないインフラとなりました。インターネットが持つ大きなパワーを2つ挙げるとすると、ひとつは、「生活を便利にする」ということ。そしてもうひとつは、「人をつなぐ」ことでしょう。これまで一生かかっても知り合えなかった人と、瞬時につながることができます。国内でも海外でも、どこかに自分と興味が同じ人、悩みや不安が同じ人がいるかもしれません。そして、人がつながれば、そこから新しい何かがきっと起こるはずです。クリエイティブな活動が生まれたり、不安が楽しみに変わったり。

弊社が1998年から運営する「ベビカム」も、妊娠・出産・子育ての期間における不安や悩みを楽しみに変えることを目指して、おかげさまで今では、年間800万人以上が訪れる、日本最大級の妊娠・出産・子育てメディアに成長しました。
妊娠・出産・子育ての時期にこだわるのは、人生の中でも大きな幸せをかみしめられるはずの時期なのに、さまざまな不安や悩みが多くなっているから。これからも、たくさんの家族のもっと多くの笑顔の実現のために、オープンなマインドで、さまざまなソリューションを提供し続けたいと考えています。
ベビカムの名前は、BABY COMES TRUE から来ています。COME TRUE とは、「実現すること」。単にアイデアを出すだけではなく、それをしっかりとした形に実現することこそが、笑顔を増やすことにつながります。その中での基本は、やはり人と人とのつながりです。

人のつながりを大切にしながら、世の中のさまざまな環境の変化に応じて、多くの家族の笑顔のためのサービスやプロダクトを提供し続けたいと考えていますので、インターンの皆さんには、短い期間でも一緒に参加してもらえることを期待しています!

[プロフィール]
■1959年2月20日
千葉県出身
■1982年
慶応義塾大学工学部卒業
■1984年
九州芸術工科大学(現九州大学)大学院修了
■1984年
日本ユニバック株式会社(現日本ユニシス)へ入社。
コンピュータグラフィクス、CAD/CAMのシステム設計・開発に従事。
■1988年
アップルコンピュータ株式会社(現アップルジャパン株式会社)に入社。
マルチメディア担当課長として、マルチメディアタイトルのプロデュース、デベロッパの開発サポートを担当。
その他、マルチメディア国際会議等での講演、雑誌記事の執筆、およびマルチメディアの普及に関わるマーケティング活動を行う。
・(財)マルチメディアソフト振興協会設立の企画運営コア委員
・「マルチメディア白書」専門委員
・郵政省マルチメディア委員会委員
■1995年
アップルコンピュータ株式会社を退社。
特定分野に焦点をしぼった専門ネットワークの構築/運営を中心に、マルチメディアネットワーク関連の実験的な活動を進める。

サーファーのコミュニティ「SurfLink」を立ち上げる。

・神奈川県マルチメディア産業推進協議会運営委員
■1996年
株式会社デジタルブティック(現 ベビカム株式会社)を設立。
「コミュニティ」をキーワードとしたビジネスをスタートする。
以来、「ベビカム」等の自社コミュニティでの経験・ノウハウを活かし、各企業のニーズに合わせた、コミュニティサイトの企画・設計・運営等のコンサルティングや技術提供も行う。

企業・団体概要

設立:1996年

代表者名:安西正育

従業員数:30名

資本金:1億3732.2万円

WEB:http://company.babycome.jp

住所:東京都港区芝浦 1丁目13番10号 第3東運ビル3階

気になるリストに追加

このインターンに応募する