DRIVEインターン大学1・2年生からはじめる本気のインターンシップ

入院・介護の日々に服で彩を。「選びたい・装いたい・人に見せたい」を叶えるケア衣料事業を立ち上げよ!

株式会社みんなで人生会議

病気・怪我を患う方と家族の心をつなぐケア衣料のオンライン販売

——自由が制限される入院生活で、患者・家族共に後悔しないために
皆さんのご家族の中で、長期間の入院を経験された方はいらっしゃいますか ?
普段の生活からは完全に切り離された環境に不安を感じ、病院主導の生活リズムを強いられ、自由な生活は制限されます。人生の楽しみに「衣食住」があるとして、確かに入院中に住空間や食事に制限を受けるのは仕方がないことかもしれません。
しかし「衣」に関してはどうでしょうか ?
病院から与えられた無機質で画一的な入院着は、「選んで楽しい」「⼈に⾒せたい」「装って外へ出かけたい」という衣服が本来持つべき価値がそぎ落とされ、原価や耐久性、衛生管理のしやすさ等に偏重されています。衣服は、その人のアイデンティティを感じることのできる要素の一つであり、制約の多い入院生活における患者の気持ちを明るくし、生きたいという活力を生むものだと思います。そして患者の家族も「最後までその人らしく過ごせた」と思い、看取る側が抱えがちな「後悔」を減らすことにもつながるはずです。


——「服を着る喜び」を取り戻し、入院・介護の日々を豊かにする
みんなで人生会議は「高齢者と家族の入院・介護の日々を、物心ともに豊かにすること」をビジョンに創業されました。この創業には、他でもない代表の笈沼自身が、認知症の父の介護、看病、そして死を経て、介護・入院の画一的な衣服に違和感を抱いたことが背景にあります。笈沼の父が入院中着ていた服は、本人が勝手に服を脱いだり、身体を掻かないよう、首もとのチャックに鍵をかけられ固定されるつなぎのような服でした。
「まるで服が人を拘束している」、そんな印象を受けました。なぜ人は死に向かうにつれて、「着る服を自分で選ぶという尊厳」すら奪われていくのか。もし自宅にいた時と同じように、着たい服を着られていたなら、認知症の進行を遅らせることができたのではないか。そんな疑念と後悔が、今の事業へと繋がる第一歩になっています。
今では、理念に共感してくれる多様な業界で豊富な経験を積んだ仲間たちと共に、新たな製品・サービスの開発に取り組んでいます。支援者や資金面においても、東京都主催のビジネスプランコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY2019」のオーディエンス賞に選出された他、中小企業庁「ものづくり・商業・サービス補助事業」や「JAPANブランド育成支援等事業」、東京都「女性・若者・シニア創業サポート事業」にも採択され、今まさに新しい価値で社会を変えていくスタートラインに立っています。


——最後まで自分らしく、心豊かに過ごせる社会をみなさんと共に創りたい
今までは、個別のケースに対しオーダーメイドでケア衣料を作成するオーダーメイド事業を実施してきましたが、それと合わせて来年春には自社で開発したマス向けケア衣料「CareWill」を販売していきたいと考えています。
そのために学生の皆さんには、当社の「介護する側と本人の生きる意思を尊重し尊厳を守る」というビジョンや商品に込められた想いを見える化し、「CareWill」を社会に普及していくインフルエンサーの役割を担っていただきたいと考えています。具体的には、2020年12月開始予定のクラウドファンディングに関わる動画や写真、記事等のコンテンツ作成やECサイトの開設など、主にWEBでの情報発信などが挙げられます。12月のクラウドファンディング開始以降は「CareWill」を社会に普及していくという目標のもと、皆さん自身がやってみたいことのアイデアを出していただき、挑戦していただきます。
当社の取組に共感し、創業期のスタートアップ企業をフィールドに今まで無かったサービスを社会に生み出していく瞬間を共にしたいという皆さんの参画をお待ちしています。

募集要項

テーマ テクノロジー・テック医療・福祉・ヘルスケア
職種 新規事業編集・ライティング
特徴・条件 設立3年以内のスタートアップ起業家のすぐそばで働ける
組織の種類 株式会社
活動支援金 あり
任せたい仕事内容・期待する成果 ①お任せしたい内容
≪メインテーマ≫
・自社商品を社会に普及するクラウドファンディング実施。
・自社商品を販売するECサイトの開設。
・SNSを通じた商品認知拡大、情報発信。
・インフルエンサーとして商品の認知拡大に貢献する自主企画の実施。

【STEP1:みんなで人生会議の取組を理解しよう(1週間目)】
・商品の開発事例などの共有を受け、当社の今までの取組を理解する。
・クラウドファンディング上でお客様に伝えるべき魅力を整理する。
・ページ開設に向け、クラウドファンディングサイト上の案内文作成を開始。

【STEP2:ターゲットに適切な情報を届けるサイトを作成しよう(2週間目~12月初旬)】
・案内文等のコンテンツの制作・更新(制作会社の方と連携し制作を行います)
・サイトに使用する写真、動画素材の撮影前の調整事務。
・支援者の方々へのリターンの設定。
・SNS(twitter, facebook, instagram)を通し、商品の認知拡大に取り組む。
・クラウドファンディングの開始。

【STEP3:皆さんの自主企画でCareWillのファンを増やそう(12月初旬~1月末)】
※以降の活動については自主企画の内容に応じて11月末頃に調整を実施します。
(例:商品モニターの取材記事作成、イベントの実施等)
また、自主企画に加え下記の内容をルーティンとして実施していただきます。

〈ルーティン〉
・クラウドファンディングサイトの近況報告など更新。
・SNS(twitter, facebook, instagram)を通し、商品の認知拡大に取り組む。

※国の補助事業であることによる守秘義務と知財(意匠及び特許)も関るため、より詳細な内容につきましては、採用面談が進んだ段階で当社よりお伝えします。


②期待する成果
CEOおよびディレクターの指示に基づき以下の成果に向けて活動していきます。
・クラウドファンディングの12月開始に向け、コンテンツを計画的に準備する。
・クラウドファンディング開始と並行し、同時期にECサイトをリリースする。
・上記コンテンツやSNSでの広報を、誤字脱字なく実施する。
・商品のファンを獲得する企画を実施し、インフルエンサーの役割を担う。
こんな人を待っています! ・当社のビジョンに強く共感できる
・介護、病気、死に関する自身の深い原体験がある
・明るく前向きで、新たな挑戦を好む
・勤勉、誠実さ、根気強さがある
・アナログ×デジタルで新たなサービスを開発したい
・起業家の下で修業をしたい
インターン期間 2020年10月~2021年1月末
活動場所 原則オンライン、状況によって対面に同席をお願いする場合もあります(東京都:駒込駅)
活動条件 【活動頻度】
週3日(18時間/週)
※授業スケジュールなどは面談にて相談に応じます。

【活動時間】
受け入れ企業の業務時間内で、1日5時間程度確保していただきます。

【参加条件】
自宅でのパソコン使用・WiFi環境が整っていること。

私たちはこんなチームです!

(株)みんなで人生会議は、介護、リハビリ、入院のライフスタイルを革新する企業です。
現在は、IT、コンサル、銀行、アパレル、介護、医療など多様な業界で豊富な経験を積んだ出身者が集い、日夜、新たな製品・サービスの開発に取り組んでいます。中でも、当社開発「ケア衣料」は、東京都主催ビジネスプランコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY2019」(応募総数1,803件)のファイナリスト10件およびオーディエンス賞に選出。中小企業庁「ものづくり・商業・サービス補助事業」や「JAPANブランド育成支援等事業」、東京都「女性・若者・シニア創業サポート事業」にも採択され、応援者、支援者、資金の目途がつき、今まさに創業ど真ん中にいます。

社名にある「人生会議」とは、2019年11月より厚生労働省が提唱している標語で「もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、共有する取組のこと」です。
※厚生労働省「人生会議」 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02783.html

当社は、この主旨に心より賛同するとともに、さらにその解釈を拡げ、ご本人の”意思”の尊重と、家族とのつながりにフォーカスしています。怪我や病気になる前から死を前向きなものとして捉え、死に向けた”今”を日々後悔なく過ごすための製品・サービス、機会をご本人とその家族へ提供します。当社参画メンバーは皆、自身や大切な家族の介護、病気、死に関する深い原体験があり、その時に見た光景をもっと明るく開かれたものにしたいという強い思いが私たちの原動力となっています。

インターン生へのメッセージ

代表取締役・CEO/笈沼 清紀

こんにちは、代表の笈沼(おいぬま)です。今回は、僕らと共に新たな事業の立ち上げに挑戦してくれるインターン生を募集します。
実は僕自身、学生時代にTDK、旭化成、人材派遣ベンチャーの3社でインターンを経験し、多くの方との出会いの中、ぼんやりと起業を志しました。そしてその17年後、創業し、新たな一歩へ踏み出しています。学生時代には、自分がどんな業界でどんな仕事をしたいのか必ずしも見つけられなくて良いと僕は思います。でも、何かに全力で挑戦した経験、失敗した経験、そこで人生観を変える人、言葉に出会うことが、将来のキャリアを豊かにします。
当社のインターンは、皆さんの人生観を変える、エキサイティングなものです。素敵な出会いを楽しみしています。

[プロフィール]
◆笈沼 清紀/代表取締役・CEO
日本総合研究所、SMBC日興証券に勤務した後、米国でMBA取得。その後、楽天、JINS、KDDIでEコマースの戦略立案と事業開発、経営企画に従事。マネジメントの傍ら、認知症の父とともに13カ月間の入院、5年の介護の日々を過ごす。そこで提供された商品・サービスの無機質さと画一性に違和感を抱き、父の死後、デザインと機能を兼ね備えたケア衣料の開発を服飾講師である母と開始、当社創業。人生で最優先のステークホルダーは妻と柴犬ハナ。
https://www.linkedin.com/in/koinuma/
https://www.facebook.com/kiyonori.oinuma
https://twitter.com/NoriOinuma


◆岩城 裕子/取締役
CEOの妻。日本政策投資銀行、三菱UFJ投信でエコノミストとして、みずほ証券ではチーフストラテジストとして調査業務に従事。超多忙な日々を過ごす中で心身ともにバランスが取れた生活へシフトするためサラリーマンを卒業。今は自宅で株式投資を行う。元気だった祖父が入院後に一気に衰え息を引き取った光景を目の当たりにし、生活環境が人の生命力へ与える影響を知る。人生で最優先のステークホルダーは柴犬ハナ、次に、夫。


◆笈沼 智子/スペシャルアドバイザー
CEOの母。東京田中千代服装学園卒業。同学園に勤めたのち結婚、息子を出産。その後、復職し、同学園で洋裁講師となる。現在は、地域のカルチュアセンターで講師を行う。2019年、夫の最期を看取るなか提供された入院着という服、サービスに違和感を抱き、息子と共にケア衣料の開発よびオーダーメイドを開始、自由奔放な息子に巻き込まれていく。好きなブランドは、ミッソーニとイッセイミヤケ。


◆坪田 康祐/アドバイザー
慶應義塾大学看護医療学部卒。教師をした後に米国でMBAを取得。帰国後、コーチエィにて医療チーム創設、東北大学メディカルコーチング研究や経営者へのビジネスコーチングに従事した後、独立。”医療がないところに医療を”をコンセプトに無医地区に診療所や訪問看護ステーションの開業しながら、医療AI会社や日本男性看護師会を創業。2019年全社EXIT。
資格:看護師・保健師・養護教諭・船舶衛生管理者免許・メディカルコーチ等
著作:看護管理者のためのコーチング実践ガイド臨床を動かすリーダーシップ(医歯薬出版)
https://www.ktsubota.com/
https://twitter.com/KosukeTsubota


◆福田 慎也/ディレクター
大手広告代理店のデジタル制作エージェントにて制作案件に多数に従事。3年前に独立をし、変化が激しいデジタルプロモーションの最前線で活動中。また世界遺産ユネスコ加盟の環境/教育系のNPO法人の理事を務める。2020年自身の会社を立ち上げ、受託の広告制作事業と並行し自社製品の開発に着手。プライベートでも音声メディアVoicyの公式パーソナリティーとしてITニュースなどの情報発信を行う。人生で最優先のステークホルダーは婚約中の嫁との時間。


◆深谷 恭行/採用サポート
立教大学社会学部卒。リクルートキャリアで、人材系事業にて、関西大手メーカーの中途採用に関する企画営業を約7年、その後、東京本社にてマネジメントに約4年携わる。その後も人材業界に関わりながら、最近はスタートアップ企業の採用支援などに従事し、現在に至る。代表とは同い年で、親を亡くしたという共通点、目指す世界観に共感しジョイン。人生で最優先のステークホルダーは二人の子ども。

企業・団体概要

設立:2019年9月30日

代表者名:笈沼 清紀

従業員数:2人(他協力スタッフ多数)

WEB:https://jinseikaigi.co.jp/

住所:東京都豊島区駒込4丁目2番24号

気になるリストに追加

このインターンに応募する