世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト
DRIVEキャリア

DRIVEキャリアTOP > 求人を探す > 社会的インパクト評価・社会的インパクト投資事業に関わる総務スタッフを募集

募集終了2021.7.28 526view 


東京都

社会的インパクト評価・社会的インパクト投資事業に関わる総務スタッフを募集

特定非営利活動法人Social Value Japan

この求人は募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

【特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン】社会的インパクト評価・社会的インパクト投資事業に関わる総務スタッフを募集(在宅勤務、週4日・1日5時間勤務)

ソーシャルバリュージャパンは、英国に本部を持つ国際組織、Social Value Internationalの日本の加盟組織です。主な活動として、企業、財団、公的機関等のクライアント向けに、社会的インパクト評価や社会的インパクト投資の実践支援や研究開発、トレーニング・セミナーの提供等を行っております。この度、ソーシャルバリュージャパンでは、業務拡大の為、総務関連業務を担っていただける契約社員を募集しています。

週に20時間(1日あたり5時間×週4日、または1日あたり4時間×週5日)の勤務で、以下の業務を担当して頂ければと思っております。他の事務局スタッフと連携を取りながら役割分担して取り組んで頂く形となります。

【主な業務内容】
・広報:ウェブサイトの記事の更新、顧客情報の管理、ニュースレターの発信等
・経理:請求書等の作成・管理、入金データの確認等
・人事:社労士への給与計算依頼、社員入退社時の手続き、名刺注文等
・会議関連:全体・総務系の会議日時調整・議事録作成等 (オンライン参加可能)
・その他、上記に付帯する業務

業務に慣れ次第、他の総務担当者と連携しながら、他の総務系タスクにも取り組み、徐々にレベルアップを目指して下さい。
バックオフィス業務を進める中で、社会的インパクト評価やインパクト投資など、最先端の分野に触れることができます。また、ご関心と能力に応じて、関連するプロジェクト自体のサポートに関わっていただくことも可能です。

業務は基本的にはリモートで在宅を想定していますが、対面での打ち合わせ等がある場合があります。
地方在住で都内での打ち合わせが難しい場合は、オンラインでの打ち合わせも可能です。
業務上の不明点がある場合には、事務局長や総務担当者に確認しながら進めて頂けます。

募集要項

テーマ ファイナンス支援中間支援
職種 事務局(総合業務)総務・労務・人事
雇用形態 契約社員
組織形態 NPO・NGO
その他のキーワード 社員・職員数1-9名
期待する成果 NPOの運営業務についての全般をお任せします。社会的インパクト評価やソーシャルインパクトボンド組成の領域で、当法人がその真価を発揮できるよう、バックオフィスとして力を発揮してください。
また、組織として初めての事に挑戦する際に、「社内に経験者がいない」ことも十分考えられます。その際に、自分で調べるなど、自立的に取り組んでいただくことを期待します。
対象人材像 ・マルチタスクをこなせる方
・各業務の優先順位・期日を設定して取り組める方
・リモート勤務でも、自主的、計画的に業務に取り組める方
・新しい事でも進んでチャレンジできる方
応募資格 ・日本在住者の方
・大学卒以上
・関連する業務を3年以上経験したことがある方
活動場所 ・基本的にリモートでの在宅勤務を想定
・内部ミーティング、イベント開催、打ち合わせ時には、渋谷・新宿にあるシェアドオフィスを利用することも可能です
※地方在住で都内での打ち合わせ・会議へのご参加が難しい場合は、オンライン等でのご参加も可能です。
勤務時間 ・週4-5日
・9:00~17:00のうち、1日あたり5時間×週4日、または1日あたり4時間×週5日
・勤務日及び勤務時間は相談の上決定
※勤務日のご希望を履歴書にご記載ください。
就業期間 ・着任の日~1年間
※3か月間の試用期間あり(期間中も給与等の待遇は変わりません)
※継続の可能性あり
※業務開始日は応相談 (2021年9月頃からの開始を希望)
給与 ・時給1,100円~(経験を考慮し、弊社規定に基づき決定)
福利厚生 ・交通費支給(実費)
・労災保険、雇用保険に加入
給与以外の報酬 社会的インパクト評価や社会的インパクト投資等、グローバルな社会イノベーションの最先端の事例に直接関わることができます。
休日・休暇 ・完全週休2日制(土、日)
・祝日
※ただし、イベント(不定期開催)の際に土日や夕方の勤務をお願いする可能性があります。
職場の雰囲気 米国においてMBA取得後、外資系企業でファイナンス等の業務に携わっていた者や、日本の中間支援組織で多くの非営利組織を支援してきた者、国際開発のプロフェッショナルなど、多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集っており、各々の得意分野を持ち寄りながら協働しています。
入社後1ヶ月のイメージ 基本的な業務について理解し、自律的に業務が進められるようになっている。
応募にあたっての質問 これまでに、どのような業務経験を積まれてきたか、教えてください。また、ご自身の強み、弱みについて教えてください。
また、9:00~17:00のうち、1日あたり5時間×週4日、または1日あたり4時間×週5日の勤務となり、勤務日及び勤務時間は相談の上決定させて頂きたいので、勤務日(曜日)・勤務可能時間帯のご希望をご記載ください。
選考プロセス ●選考方法
・書類選考
・面接 (役員および担当者。会社説明を含む)

●応募締め切り
・2021年8月31日(採用が決定した場合等、早めに締め切る可能性があります。)
その他 総務スタッフ松田からのコメント(2020年3月入社):
私は特定の分野のスペシャリストというよりは、広範囲の業務経験を積むゼネラリストのタイプなので、様々なタスクに取り組める環境が合っていると思い、こちらのお仕事を志望致しました。実際に入社後は、総務系の業務を担当させて頂きながら、社会的インパクト評価やNPOの運営に関する知識も得る事が出来、日々沢山の事を学んでいます。また、リモート勤務でありながら、定期的に上司へ相談や報告等を行う事で、不安を感じずにお仕事に取り組めています。

この仕事のやりがい

●「社会的価値」の最大化と、その推進を通じて社会課題の解決を加速化する

2012年に弊団体の前身「SROIネットワークジャパン」を設立してから、2018年に 「ソーシャル・バリュー・ジャパン」への名称変更まで、早いもので5年余が経ちました。「社会的インパクトの評価を通じて社会課題の加速度的解決に貢献する」という私たちのミッションは変わりませんが、社会的事業や社会的価値評価を取り巻く環境は大きく変化しています。

これまで、企業や非営利組織が生み出す社会的な価値は多様なものであり、特に定量的な評価にはそぐわないと思われてきました。

しかしながら、例えば少子高齢化の進行など、社会構造が急速に変化する中で、これまで通りの政策や手法では深刻化する社会課題に対応することが難しい現在、これまでと違った新しい手法やアプローチでの社会課題解決が求められている事は明らかです。

そして新しい手法をデザインする過程において、それらの取り組みが「どのように」課題解決に貢献するのか、また「どれだけ」貢献するのかという視点を持って、これらの取り組みを評価し、その生産性や精度を高め、より良いプロジェクトや事業の構築を推進していくのかが、非営利組織や助成財団のみならず、企業や行政にも大きな関心となっています。

また、社会課題解決のための新しいアプローチである社会的インパクト投資の領域も、グローバルにも、また日本においても急速な拡大が続いています。こうした社会的投資の枠組みを支える手法としても、社会的インパクト評価に大きな期待が集まっています。

これらの社会的要請に応えるのが、私たち特定非営利活動法人ソーシャル・バリュー・ジャパンが推進する社会的インパクト評価であると、私たちは考えます。社会的価値創出を目的とする事業が社会に生み出す変化を捉え、測り、そしてそこで得られた知見を、事業が追及する社会的価値を実現する手段や事業モデル等のデザインにフィードバックする一連のプロセスが、私たちの専門性を提供する領域です。

私たちのビジョンとミッション

●国内外の社会的事業のエコシステム構築を、「社会的インパクト」の側面からサポートする

社会的事業によるインパクトが可視化され、その評価が事業の立案から実施へのサイクルに組み込まれたときに、社会的事業の価値の最大化が実現でき、様々な社会的課題の加速度的解決が実現すると、私たちは考えます。こうした取り組みを、諸外国における同様な動きと緊密に連携し、さらに発展させていきたいと考えています。

代表者メッセージ

代表理事/伊藤 健

ソーシャルバリュージャパン(Social Value Japan)は、2012年に設立された社会的インパクトに特化した非営利のコンサルティング・ファームです。

社会的インパクト評価と社会的投資に関して蓄積された知見をもとに、社会的事業の成長とその生産性の向上を通じて、様々な社会的課題の加速度的解決に寄与することを目的として活動してきました。

世界20か国に加盟団体を持つSocial Value Internationalの日本で唯一の加盟組織として、社会的インパクト評価に関するコンサルティングやトレーニング、また手法についての研究開発を中心に活動し、日本のソーシャル・セクターの社会的価値を最大化させるサポートを行っています。

幣団体のビジョン・目指しているものにご関心、ご共感いただける方からのご応募、お待ちしております。

[プロフィール]
卒業後、日系メーカー勤務を経て、米国Thunderbird Global School of Management にて経営学修士課程を修了後、GE Internationalに入社。シックス・シグマ手法を使った業務改善や、コーポレート・ファイナンス部門で企業買収後の事業統合等を行う。2008年GE社を退職、NPO法人ISL社会イノベーションセンターを経て、2010年より慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任助教。2021年より特任講師。
主に社会的インパクト評価を中心に研究し、2014年-2015年には、G8社会的インパクト投資タスクフォース日本諮問委員会の事務局、2015年経済産業省「ヘルスケア分野におけるソーシャル・インパクト・ボンドに関する検討会」委員長、内閣府「共助社会づくり懇談会 社会的インパクト評価検討WG」委員会主査、2016年には内閣府「社会的インパクト評価の普及促進に係る調査」有識者委員を務めるなど、日本の社会的インパクト評価、ソーシャルインパクトボンド、社会的投資の普及促進に尽力している。

企業・団体概要

設立:2012年12月

代表者名:伊藤 健

事業内容:
【活動目的】
社会的インパクトの研究、教育、実践を推進することを通じて日本、ひいては世界の社会的生産性の向上をもたらし、社会課題の解決を促進すること。

【事業内容】
・社会的インパクトの評価手法についての研究開発
・上記の手法についてのトレーニング・セミナー等の教育プログラムの提供
・評価手法についての実践への知見と支援の提供
・上記の活動実施に必要な全ての活動

業種:コンサルティング

WEB:http://socialvaluejp.org/

気になるリストに追加

この求人とテーマ・職種が似ている求人

社会の課題から、未来の価値をつくる。社会事業コーディネーター募集!
一般社団法人RCF

テーマ
中間支援/被災地復興
職種
プログラムコーディネート

最近掲載された新着求人

【北海道下川町】子どもの可能性を広げる学び環境をつくる ICT支援員募集
北海道下川町教育委員会

テーマ
地域活性化・まちづくり/子ども・教育
職種
プログラムコーディネート/事務局(総合業務)

ストーリーで伝えたい!コンテンツ事業を推進いただく編集者/ディレクターさん募集
株式会社masterpeace

テーマ
IT・情報/PR・メディア
職種
企画・商品開発・クリエイティブ

あなたの知識・経験・能力を発揮してみませんか!!
一般財団法人 あかしこども財団

テーマ
子ども・教育/子育て支援
職種
事務局(総合業務)

特 集

地域から未来をつくる特集

DRIVEキャリア厳選・未来を切り拓く人材紹介

NPOでの働き方とは?

DRIVE HOT POSTS いま、DRIVEで人気の記事を紹介!

ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン[DRIVE]の人気記事をご紹介!!

ローカルベンチャー

行動系ウェブマガジン[DRIVE]を見る