福井で働く人たち〜日本一幸せなまちの地域で働く人たちのヒミツ〜
TOP > 特集 > 福井で働く人たち〜日本一幸せなまちの地域で働く人たちのヒミツ〜

特集

2016.11.09

福井で働く人たち〜日本一幸せなまちの地域で働く人たちのヒミツ〜

“地域で働く”という選択肢が、これまでとは別の新しい価値観として浮上しはじめています。生まれ育った土地に残って愛するその場所で仕事をする人。都会で生まれひょんな縁から地域に入るヒト。やりたいこと、追求したいことを実現できる場所として地域に出会うヒト。西粟倉村のような人口1,500人の中山間地で新たに仕事を創るパターンもあれば、福岡や札幌のような100万人規模の大都市の組織で働くパターンもあるでしょう。そんな地域での働きかたとして、今回の特集では「福井で働く」ことを掘り下げてみることにしました。日本総研が発表した『幸福度ランキング2016』では前年に引き続いて総合1位の福井県。その中核にある人口30万人規模の地方都市で働くとはどういうことなのか?いま福井で働いている20代から30代の10人の姿から、その現実や可能性、そして豊かさを見ながら、人口減少を迎える日本の未来の地域のありかたのヒントが見えてくるかもしれません。

#ワークスタイル

福井ってどんなところ?福井県は日本海に面した北陸三県(福井、富山、石川)の一つ。京都と滋賀の上に位置しており、東には石川県が。人口は約80万人。県は大きく分けて若狭湾側の嶺南(…

DRIVE by DRIVE

#ワークスタイル

「よ!三代目!」でUターン 〜株式会社タッセイ 田中陽介さんまずお話を伺ったのは、田中陽介さん。お祖父様が創った住宅資材の商社である株式会社タッセイの次期三代目。大学のときは東…

DRIVE by DRIVE

#ワークスタイル

福井の魅力を外に伝える”アンバサダー”に任命された、福井で働いている10人が集い行われたワークショップ。”アンバサダー”の皆さんがこの福井で働くことになった経緯はさまざま。福井…

DRIVE by DRIVE

#ワークスタイル

ワークとライフのバランス続いては大阪出身で静岡→メキシコ→福井と働く場所を変えてきた大城さんにお話を伺いました。マルツ電波という会社で、森の木々を燃料として熱をつくり、その熱を…

DRIVE by DRIVE

特集一覧へ戻る

HOT POSTS!
アクセスが多い人気記事をピックアップ!