TOP > IT・テクノロジー・モノ > “インク半導体”に”微生物電池”、”魔法のスポンジ”、”脂肪で再生医療”! 〜IT/TECHニュースクリップ~2016年4月2週版

#IT・テクノロジー・モノ

“インク半導体”に”微生物電池”、”魔法のスポンジ”、”脂肪で再生医療”! 〜IT/TECHニュースクリップ~2016年4月2週版

2016.04.21 

いま、圧倒的に早いスピードで世界を変革しているのは、間違いなくテクノロジーとITでしょう。たとえば携帯電話やFacebookが無い時代にどうやってコミュニケーションをしていたか、思い出すことも難しいのではないでしょうか。

これからの事業のヒントとしてはもちろん、世界がこの先どう変わっていくのか? その”兆し”をキャッチすべく、サイエンスとテクノロジー系のニュースをピックアップしてお届けしていきます。 tech-image ○液体インクだけで作られたトランジスター

http://science.sciencemag.org/content/352/6282/205

ペンシルベニア大学は、ナノ結晶のインクだけでトランジスターを作ることに成功。3Dプリンターだけで半導体製品を作り出すことも夢ではなくなりました。  

 

○未来の充電池は、微生物でできている?

http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.estlett.6b00051

オランダの研究者が開発したのは微生物を使った充電池。リチウムイオン電池よりも低コストでサステイナブルだとのこと。  

 

○雨の日にも発電できる、グラフェンを使った太陽電池

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/anie.201602114/abstract

太陽電池の欠点は雨の日に発電できないこと。しかし、中国の研究者が考案したグラフェンフィルム付きの太陽電池なら、こうした問題を解決できるかもしれません。  

 

○水からオイルを取り除く、魔法のスポンジ

http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.iecr.6b00234

流出した原油を効率的に回収することは非常に難しいのだそうです。パデュー大学の研究者が開発したスポンジは、オイルだけを吸着し、安価に製造できるという特徴が。  

 

○脂肪細胞を使った、新たな幹細胞治療法

http://newsroom.unsw.edu.au/news/health/medical-scientists-develop-‘game-changing’-stem-cell-repair-system

ニューサウスウェールズ大学の研究者が、脂肪細胞を簡単な処理で幹細胞に変化させて損傷した組織の治療に使う方法を開発。この方法は、サンショウウオが四肢を再生する仕組みと似ているのだとか。

/執筆協力:山路達也

編集者/ライターとして、IT、科学、ビジネスなど多方面で活動。著作は、『弾言』(共著)、『Googleの72時間』(共著)、『新しい超伝導入門』、『アップル、グーグルが神になる日』(共著)など。https://twitter.com/Tats_y

この記事を書いたユーザー

DRIVE

DRIVE

NPO法人ETIC.のDRIVE事務局です。ワクワクドキドキする記事を皆さんにお届け出来るよう、日々駆けずり回っています。

Events!DRIVEオススメのイベント情報

研修

石川県/金沢大学

2019/10/01(火)?2020/03/31(火)

研修

東京都/渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル 5階 NPO法人ETIC.セミナールーム (JR渋谷駅「ハチ公口」より 徒歩11分)

2019/07/30(火)?2019/08/02(金)

セミナー・講演会事業支援

東京都/駒澤大学 駒沢キャンパス 〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1

2019/09/14(土)?2019/09/15(日)

HOT POSTS!
アクセスが多い人気記事をピックアップ!