TOP > ワークスタイル > 実践者から学ぶマインドフルネスとコンパッション 困難な状況に目を背けずに望む結果を出すには?

#ワークスタイル

実践者から学ぶマインドフルネスとコンパッション 困難な状況に目を背けずに望む結果を出すには?

2022.09.26 

目を背けたいことに取り組むとき、または相手のためであっても耳の痛いことを伝えなければならなかったり、難しい決断が必要だったりと、困難な場面にあるとき。どんなことがあると、及び腰ではなく、勇気とともに本当に望むことを叶えるための行動をとることができるのでしょうか。

 

この夏に開催した、マインドフルネスとコンパッションのオンライン・リトリートセッションでは、その問いに応えるヒントがありました。今日はそのダイジェストをお届けします。

 

講師に迎えたのは、マインドフルネスとコンパッションの体現者・研究者であり、その功績により今年イギリス王室より大英帝国勲章を受勲したヴィディヤマラ・バーチ氏と、米国でMBAやビジネスエクゼクティブ向けに教えているジェレミー・ハンター氏です。

 

今回のセッションのテーマは、「The Compassionate Warrior(コンパッショネート ウォーリア)」。直訳すると、Compassionate(コンパッショネート)「思いやり・情・慈愛のある、コンパッションがある」、Warrior(ウォーリア)「戦士、勇士」です。どんなに困難な状況でも、愛に満ちた力を発揮する人というイメージです。

 

image (15)

ヴィディヤマラ・バーチ氏 (写真右側)

マインドフルネスとコンパッションの先駆者、数々の受賞をした作家、また35カ国以上にいる600人の認定講師を通してマインドフルネスとコンパッションのセッションを届けるBreathworksの共同創業者。マインドフルネスをベースにして開発した、痛みと病のマネジメント(Mindfulness-basedPain & Illness Management (MBPM) )プログラムは、世界中で10万人以上の人々に受け入れられ、英国の国民保健サービスや、世界中の公衆衛生局にも認められている。充実した、幸せで、有意義な人生を取り戻すのに役立つツールを伝えたいと願い、研究と実践を続けている。

・2018年、疼痛緩和のための卓越した功績により、英国疼痛学会から名誉会員を授与される

・2019年、2020年、2021年、2022年にThe Shaw TrustのPower Listで、英国で最も影響力のある障害者の一人に選出される

・2022年 大英帝国勲章を受章

・書籍、その他情報はこちらhttps://www.vidyamala-burch.com/

 

ジェレミー・ハンター氏(Ph.D.)(写真左側)

ピーターF.ドラッカー大学院の准教授であり、大学院のエグゼクティブ・マインド・リーダーシップ・インスティテュートの創設ディレクターを務める。東京にある合同会社Transform LLCの共同創設者でもある。20年近くにわたり、大きな変化と挑戦に向かうリーダーたちが、自分らしさを磨きながら変容するのをサポートしてきた。

これまでに企画し、リーダーシップ・プログラムを実施した団体は多岐にわたり、フォーチュン誌で上位50位に選出された銀行・金融機関、会計事務所の他、芸術や非営利組織など多様な業界を含む。プログラムの効果は、プロフェッショナルとしての成果のみならず、参加者の個人的成長や経済的変化としても現れている。その活動は、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙や英エコノミスト誌、英フィナンシャル・タイムズ紙や米ロサンゼルス・タイムズ紙のほか、米 公共ラジオNPR の番組「MorningEdition」にも取り上げられた。シカゴ大学で博士号を取得。ハーバード大学とウィッテンバーグ大学の学位も有する。日本人力士のひ孫。

人はつながりの中で生きている。あなたはそのつながりに、どのような影響を与えるか

 

「コンパッション」とは何でしょうか。

 

ダライ・ラマは、「自分や他者の苦しみに対する感性。それを和らげようとする深いコミットメントを伴っていること」としています。マインドフルであること。そして自分の中で何が起きているか、身体に何が起きているかを見ることを越えて、つながりを感じることに踏み出していくことです。

 

「『人は一人では生きていけない』とよく言われますが、それを普段どれだけ実感していますか?」講師のヴィディヤマラさんはそう問いかけます。

 

オンラインでの会議中、相手が画面の四角の中にいる「画」ではなく、そこにいる自分と同じような人間として、一人ひとりを感じられているか。電車で居合わせた周りの人や、道行く人と、空間を共有していることを感じられるか。

 

Compassionate warrior 1

イギリスの彫刻家、アントニー・ゴームリー(Antony Gormley)氏の作品

 

目を見てじっくり話を聴けていない、用事をこなすためだけに人に接してしまうときには、この写真のモニュメントのように、自分も他人も顔のない、同じ形の人形のように思えることがあるかもしれません。

 

離れていて、バラバラで、別々に生きているかのようです。

 

しかし、「人間は、次の作品のように、常に周りの人にエネルギーの流れを与え、また受け取っている」とヴィディヤマラさんは言います。

 

2 (3)

イギリスの彫刻家、アントニー・ゴームリー(Antony Gormley)氏の作品

 

「このモニュメントは、人の境がはっきりしていません。エネルギーは肉体の枠を超えて発されていて、同じ空間にある複数のこのモニュメント同士が、エネルギーを交換し合っている。こちらのほうが現実に近いのではないでしょうか」

トレーニングで、自分を変えられる

 

「人間同士はつながっている」としたとき、そこにどんな影響を与えたいですか?

 

「難しいことを後まわしにしたり、距離をとりがちになってしまう」という参加者の質問に対して、講師の2人は、「トレーニングで変わる。勇敢さをもち、自分の内面につながっていれば、自分の限界を拡げていける」と言い切ります。

 

「そのために必要なことが、マインドフルネスとコンパッションだ」と。

 

怒りを感じたり、自分につらく当たる人に不快な感覚を持ったりしたときには、まずその感覚に気づくこと。そして、自分の中にひきこもったり、咄嗟に言い返したりという反応的な行動をとるのではなく、自分の感情を認めたうえで、反応を手放して別の選択肢を意図した行動ができるかをトレーニングするということです。

 

反応を手放すとは、どういうことなのでしょうか。

 

例えば、ヴィディヤマラさんは、10代のころの事故の影響で脊髄の損傷による下半身麻痺と慢性的な痛みがあります。それに対峙するためにマインドフルネスの実践を始めた当初は、マインドフルネスを習得すれば痛みがなくなると思っていたそうです。しかし、痛みから離れようとしても離れられず、痛みから離れようとするほど抵抗が増していくように感じていました。

 

感じたことに対して正直でありながら、感覚(この場合は痛み)と反応(この場合は抵抗)を区別することが「反応を手放す」ための第一歩です。手放すとは、(無理やり)追い出すのではなく、そこにあってもいいし、なくてもいいという状態にすることです。

 

「痛みはやはりつらい。その痛みという感覚に対してあたたかさや優しさをもってくる。そして反応だけを手放すと解放される。人生をだめにするのは感覚ではなく、反応です」

 

反応を手放した上で、相手や関わる人に、「今日素晴らしいことがありますように」と願ってみてくださいとヴィディヤマラさんは続けます。

 

「自分の内面を理解しつつ、他の人にたとえ良い感情を抱いていなくても、その人のウェルビーイングを願えるか。それぞれの個性を持ちながら、人間としての経験を一緒につくっているということに、オープンな態度でいられるか」

まずは自分に対してコンパッションを向けるところから

 

ヴィディヤマラさんに言われて私がほっとしたのは、「くったくたに疲れてイライラしている状態で、他の人の幸せを願うことは難しいです。そういうときは、まず自分にいいことがありますようにと願えばいいんです」という言葉でした。

 

難しい状況に出会ったときに、まずは自分に起きている感覚をみる。そしてそれを認めて反応を手放し、さらには相手の幸せを願う。まさにマインドフルネスとコンパッションのエッセンスが詰まったセッションでした。

 

もう1人の講師のジェレミーさんは、よく「山ごもりをしなくても、日常でマインドを磨いていくことはできる」と言うのですが、まさに日常という道場で日々試されていることを感じます。

 

今回紹介したのは、特別開催した、1日のセッションですが、定期的に開催しているレギュラーセッションでは、セルフマネジメントを基礎から学び、講師や仲間と共に実践しながらスキルを習得する、4回の連続セッションを開催しています。

 

次回は2022年10月です。

テーマは「Mastering Reactions(反応的な感情を手なずける)」。

ヴィディヤマラさんの痛みの例で言うと「抵抗」、ついイラっとしたり、悲しんだりしてしまうという「反応」に気づくこと、そしてどのように反応のパターンを変えるかを実践していきます。

 

講師は、これまで250名の日本のソーシャルリーダーにマインドフルネスとセルフマネジメントのセッションを届けてきたジェレミー・ハンター氏です。米国でMBAやビジネスエクゼクティブ向けに教えてきている実践的で、結果重視のセルフマネジメントを、ソーシャルリーダーに向けて、開催します。ぜひお役立てください。

 

< 開催概要 >

●日時 : (全ての日程への参加が必須)※間に30分の休憩をはさみます

10月7日(金)、Day2 10月28日(金)、11月11日(金)、11月17日(木)各10:00~13:30

●場所 : オンライン(Zoom)

●対象 :

・ETIC.が主催するプログラムに参加したことがある、または、ETIC.が提供するサービスを利用したことがある方(所属する団体のスタッフの方の参加も歓迎します。)

・「ジェレミー・ハンターSpecial Session for Social Leaders in Japan」にこれまでに参加した方からの推薦がある方(ETICスタッフからの推薦も含む)

●プログラム内容 :

・自覚的でない反応のパターンがどのように作用し、どのようにそれを打破するのかを学ぶ

・感情的な反応の「ロジック(論理)」について理解する

・より多くの可能性を認識するために、自身の知覚・視野を拡げる方法を習得する

・行き詰まった感情を解放し、そこから前進する方法を学ぶ

感情を生み出している源は、これまでに体験したこと、信じてきたことに影響を受けており、手放すのは簡単なことではありません。一方でそれが可能になると、選択肢が広がり、今までの延長線上ではない進化を遂げることにつながります。

 

全4回のプログラムでは、セッションの間に学んだスキルを日々の仕事や生活で実践し、その結果を持ち寄り、フィードバックを得ながら習得していきます。

お申し込み、詳細はこちら

https://sites.google.com/view/jeremyhunter/

この記事に付けられたタグ

ETIC.マインドフルネス
この記事を書いたユーザー
本木裕子

本木裕子

1984年生まれ。大学卒業後、外資系消費財メーカーや国際協力NGO、日系企業での海外勤務等を経てNPO法人ETIC.に参画。ソーシャルビジネスの創業や成長支援に携わり、人を応援することへの興味を深めているところ。

Events!DRIVEオススメのイベント情報

イベント

長野県/〒380-0831 長野県長野市東町131番地 FEAT.ビル 2F FEAT.Space2階orオンライン他

2022/11/26(土)

セミナー・講演会

オンライン/東京

2022/11/24(木)?2022/12/02(金)

キャリアセミナー・講演会

オンライン/Zoomにて開催

2022/11/08(火)?2022/11/09(水)

事業支援助成金情報

東京都/全国

2022/09/27(火)?2023/01/11(水)

HOT POSTS!
アクセスが多い人気記事をピックアップ!