TOP > ローカルベンチャー > スポーツビジネスにイノベーションを。自然のフィールドで行う新領域「アーススポーツ」の発展を目指すPioneerwork後藤陽一さん

#ローカルベンチャー

スポーツビジネスにイノベーションを。自然のフィールドで行う新領域「アーススポーツ」の発展を目指すPioneerwork後藤陽一さん

2022.12.08 

 

12月11日は国際山岳デー。2003年の国連総会で制定されたそうです。

 

今回は、スキー場を中心に国内40箇所以上のスポーツ施設が楽しめる定額パス「アースホッパー」を手がける株式会社Pioneerwork(パイオニアワーク)の後藤陽一さんにお話を伺いました。

 

こちらの記事は音声でもお楽しみいただけます。

49502307833_eaa7abd07e_o

後藤陽一(ごとう・よういち)さん

株式会社Pioneerwork代表取締役/TOKYO STARTUP GATEWAY2019セミファイナリスト

京都大学工学部卒、同大学経営管理大学院修士課程卒。在学中スイス・ローザンヌ大大学院にて欧州サッカーをテーマにスポーツマーケティングを学ぶ。2011年株式会社電通入社。地方テレビ局、自動車メーカーを担当後、電通総研にてアクションスポーツ・エクストリームスポーツを専門に、企業や自治体のアドバイザリー・コンサルティングを手がけた。2014年より、世界最大のフリーライドスキー・スノーボードの世界選手権「Freeride World Tour(FWT)」の長野県白馬村への誘致を開始。2018年からスイス本社以外では唯一の社員として同社のアジア事業を統括。国連世界観光機関(UNWTO)山岳リゾートカンファレンス2015パネリスト。2019年に株式会社Pioneerwork設立。

https://www.pioneerwork.co/

自然のフィールドで行うスポーツを「アーススポーツ」と定義してスポーツと観光の事業を展開

 

株式会社Pioneerworkは、「アーススポーツ」を事業ドメインとして、スポーツと観光の事業を行っています。アーススポーツとは、自然のフィールドで行うスポーツのことで、僕たちが独自に定義しました。スキーやスノーボード、登山、サイクリング、ランニング、サーフィン、カヤック、マウンテンバイクなどを含み、自然を求めて地球を旅しながら行う側面ももっています。

 

スクリーンショット 2022-11-30 12.09.31

株式会社Pioneerwork WEBサイトより

 

事業としては「アースホッパー」という、全国のスキー場、マウンテンバイクトレイル、キャンプ場、ウェイクサーフィン施設など40以上の施設が利用できる定額パスを販売しています。昨年は1年間でのべ5万人をスキー場に送客しました。

 

他にも、アーススポーツを活用して地域活性したい自治体へのコンサルティング事業や、自然の中で安全に楽しめる道具や地域についての情報提供を行う事業も現在構想中です。

海外のスポーツ業界の知識と世界大会誘致の経験がビジネスに

 

アースホッパーのアイデアは5~6年前からあったそうです。

 

「アメリカやスイスでは複数のスキー場をまたぐ共通シーズン券は一千億円を超えるビジネスですが、日本にはありませんでした。また2022年の北京五輪で中国のスキー人口は増えていますが、中国のスキー場はほぼ人工雪です。天然の雪が降る日本で複数のスキー場のシーズン券をつくったら中国を始めとしてアジアのマーケットにも売れるのではないかと考えていました」

 

幼い頃から冬は父親の別荘のある長野県白馬村でスキーをしていた後藤さんは、大学院時代はスポーツビジネス研究でスイス留学をした経験があります。電通に入社し、営業職等を経て、自分の趣味を活かして新規事業開発を行う部署に所属し「フリーライドワールドツアー(FWT)」というスキーとスノーボードの世界大会を2017年に白馬村に誘致しました。

 

PW_2015年の3月差し替え

2015年の3月に、FWT創業者で会長のNicolas Hale-Woods(左)と後藤さん(右)

 

後藤さんがアーススポーツのフィールドとしての日本の価値に気づいたのは、2015年のこと。白馬の雪山の写真を海外のスキー選手に見せると「これはアラスカか?」と聞かれました。日本の自然環境は驚くほど知られていなかったそうです。

 

PW_白馬の写真_Next to Kaerazu no ken (in the middle)

白馬の雪山

 

考えてみると、日本には四季があり、山も海も川もあり、あらゆるアーススポーツが楽しめます。しかも、東京や札幌などの都市圏から1~2時間以内で行けるフィールドが多くあります。スキー場は天然の良質な雪に恵まれています。今後、世界経済の中心となるアジアの中で、日本は最も価値の高いコンテンツを提供できる国だと後藤さんは確信していました。

 

その後、電通で働きながら、スイスに本社のあるFWTの日本支社を立ち上げました。2回の世界大会誘致を成功させ、2018年2月に電通を退職しました。

 

PW_2017年に初めて大会を実施したあと、スタッフやボランティアのみなさんと記念撮影received_10209659221576330

2017年に初めて大会を実施した後、スタッフやボランティアの皆さんと(中段左端が後藤さん)

 

スポーツビジネスにイノベーションを起こしたい

 

「広告代理店でスポーツビジネスというと、スポンサー獲得による資金調達が一般的ですが、そのビジネスモデル自体にイノベーションを起こしたいと思いました。そのタイミングで異動の辞令が出たこともあり退職しました」

 

退職後の後藤さんは、FWT日本支部マネージングディレクターとして働きながら、東京都が主催するスタートアップコンテストTOKYO STARTUP GATEWAY2019(以下TSG)にエントリーし、セミファイナリストに選ばれました。その頃の心境を後藤さんはこう話します。

 

「スイスの会社の子会社なので、事業のコントロールは全てヨーロッパにありました。でもヨーロッパのウィンタースポーツビジネスと、アジアでのそれは全く違います。日本のアーススポーツのポテンシャルを最大限引き出すためには自分の会社を作って、FWTも引き継いで、他の事業もしたいと思っていました」

 

DSC03319

TOKYO STARTUP GATEWAY2019での後藤さん

 

後藤さんは、セミファイナリストに選ばれた直後、2019年11月に株式会社Pioneerworkを設立。「TSGに参加して明確に良かったことは、東京都の創業助成金の応募資格が通って300万円いただけたこと」と振り返ります。

コロナ禍でも知識と経験を活かし業界動向を見極めてスポーツビジネスを進化させる

 

起業してからの3年間は、毎年違うことに取り組み進化してきたと後藤さんは話します。

 

「2020年は年初からのコロナ禍で壊滅的ダメージを受けました。できることが少ないなかで、地方自治体のコンサルティングをしました。FWTで培ったアウトドアスポーツ×グローバルの分野で僕より知見をもつ人は日本にはほとんどいないと感じたので、役に立っている実感がありました。

 

2021年もコロナ禍は続きましたが、今なら行けると思い、企画を温めていたアースホッパーを仕掛けました。日本のスキー産業は30年前の3分の1の規模になり、最後の希望のインバウンド事業もストップし、業界全体が何かやらなきゃという状況でした。今なら会社や地域の壁を越える事業提案を聞いてもらえると思い、国内約60箇所のスキー場にアプローチして30箇所に参画していただき商品ができました」

 

スクリーンショット 2022-11-30 12.09.10

アースホッパーWEBサイトより

 

後藤さんが2019年にTSGセミファイナリストに選ばれたビジネスプランは、アースホッパーではなく「スポーツの隠れた逸材を観光市場×データ活用で輝くヒーローに」というものでした。このプランを実現するべく新サービスも構想しています。

 

「僕が全国を訪れて感じたのは、地域に住む人の価値でした。地域のフィールドと地域に住む人の掛け合わせで良いコンテンツが生まれます。アウトドアの情報を発信するメディアが少なくなり、知識や経験を共有するコミュニティも減ってきています。日本の自然の魅力を世界に伝えるために、新しいアーススポーツエコシステムを作っていきたいと考えています」

「アース」と「スポーツ」にこだわりながら楽しむ人の裾野を広げる

 

「僕たちは地球の自然環境の上で遊んでいるんだという感覚を伝えたい。その意味で『アース』を、『スポーツ』は『レジャー』と比べてニッチな印象もあるかもしれませんが、反復することで上手くなっていく特性はスポーツならではものだから大事にしたい。アースホッパーも、提携施設全体を1つのスポーツジムだと捉えてジムの会員券のようにライフスタイルの一部に組み込んで地球を旅しながら遊び尽くしてほしいという思いを込めました。

 

今、大企業の多くはスクリーンやVRデバイスに人を固定するような事業をしていて、将来的には人間の生活の7~8割はデジタルの世界で、リアルな部分は2~3割ぐらいになるのではないかとも思っています。

 

それは、人間の健康にも地球環境にも、良いことだとは思えない。だとしたら、リアルな2~3割がもっと楽しくなる事業をしたい。スクリーンの前に固定させようとする強力なインセンティブに逆らう力をつくりたいですね。

 

PW_MBIMG_5639

フランスの山道でマウンテンバイクに乗る後藤さん

 

スポーツのオフロード化という話をよくします。他人に決められた場所には行きたくないという欲望は、人間は多かれ少なかれみんな持っていると思うんです。ランニングを突き詰めていくと山道を走るトレイルランニングになる。ボルダリングから岩登りに。スキーからバックカントリースキーに。ロードバイクからマウンテンバイクに。スポーツを突き詰めるとみんな自然環境に飛び出していくような現象を国内外で目にしてきました。

 

自然に入っていくための道具はすごいスピードで進化していて、情報もスマホで簡単に手に入るようになっています。Pioneerworkは、これらをもっと多くの人が利用でき、より安全に楽しくアーススポーツが楽しめる世界を作っていきたいと考えています。

 

人生も突き詰めていくと、決められた道を行くサラリーマンから、オフロードを走る起業という選択になるのかもしれませんね。オフロード走行には危険が伴うので安全を見極める力が必要で、アーススポーツ領域では僕らが、起業ではTSGが伴走する。そうやってコミュニティがつくられエコシステムが続いていくのではないかと思います」

 

PW_登山IMG_4675

 

 

***

 

事務局編集後記 :

着々とご自身の事業を進めていらっしゃってクールな印象があったのですが、実際にインタビューさせていただくと「また来週、雪山に行きます!」と、とにかく雪山が好きでアーススポーツが楽しい!という気持ちが伝わってきました。ご自身が全力で純粋に楽しんでいるからこそ、サービスの利用者も楽しく遊べるし、人が集まってくるんだなと感じています。マウンテンバイクが次に来る!と教えていただいたので、私も乗ってみたいと思います。(横尾有紀)

 


 

 

●東京都主催・400文字から世界を変えるスタートアップコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY 2022」

https://tokyo-startup.jp/

●プレスリリース : コンテスト部門決勝大会 結果発表:東京発・世界を変える起業家を輩出するスタートアップコンテスト『TOKYO STARTUP GATEWAY2022』1,114名のエントリー者から5名の入賞者が決定。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000147.000012113.html

 

 

この記事に付けられたタグ

TOKYO STARTUP GATEWAYスポーツ起業
この記事を書いたユーザー
木村 静

木村 静

NPO法人ETIC.広報/コーディネーター 北海道出身。札幌市内のまちづくりNPOのスタッフとして、コミュニティFM放送局パーソナリティ、ミニコミ紙の取材・執筆等を経験。2008年に上京しフリーランスに。アナウンス・司会、ライター、カメラマン、映像制作、講師、リサーチ、イベントのディレクション業などを事業領域として活動。 2015年〜NPO法人ETIC.に参画。東日本大震災復興支援事業(右腕プログラム)、地方創生推進事業(ローカルベンチャー協議会)の事務局(広報、人材コーディネート等)を経て、現在は広報業務を担当。 趣味は、映画鑑賞、美術鑑賞、ガーデニング、読書。

Events!DRIVEオススメのイベント情報

ワークショップ

茨城県/かみす防災アリーナ

2023/02/18(土)

セミナー・講演会

オンライン/オンライン(Zoomウェビナー)

2023/02/01(水)?2023/02/03(金)

セミナー・講演会

オンライン/オンライン

2023/01/18(水)?2023/02/08(水)

HOT POSTS!
アクセスが多い人気記事をピックアップ!