Collective Impact for 2020 and Beyond
TOP > 特集 > Collective Impact for 2020 and Beyond

特集

2017.11.21

Collective Impact for 2020 and Beyond

人口減少社会、高齢化社会、過疎化、エネルギー不安… 未来の社会を予測するデータはたくさんあります。 でも、そんな「未来予測」からは、ワクワクするような未来は描けません。 例えば人口減少社会は、少ない人で効率的に自治するしくみを創るチャンスにできるかもしれない。 マイノリティだった人たちが、その多様性をパワーに変えられるかもしれない。 エネルギー不安も、持続可能な自然エネルギーに転換するチャンスだと考えることもできる。 社会課題をチャンスと捉えて、ポジティブに次の社会を創ろうとする。 ETIC.はこれから必要なその力のことを「未来意志」と呼ぼうと思います。 そして2020年とその先の未来のために、未来意志でつながる仲間を募ります。 企業や行政、そして個人の未来意志をつなぎ、 イノベーターどうしが持つ能力と情熱を掛け算させて促進しながら、まだ見ぬイノベーションを生み出していく。 そんなプラットフォームを”Collective Impact for 2020 and Beyond”とし、展開していきます。 この特集ではそんな”未来意志”を紹介していきます。

#社会政策

昨年第一回を開催し、2020年とその先の未来に向けて新しいスタートを切っての第二回目の開催になった"Social Impact for 2020 and beyond”。NPO…

DRIVE by DRIVE

#社会政策

視覚障害者の方にアテンドされて暗闇の空間を五感で感じる、世界41カ国で親しまれているソーシャルエンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(以下DID)。漆黒…

DRIVE by DRIVE

#スタートアップ

「2020を、何の契機にする?」  義足プロジェクトを通して変えたい、障害者への意識 東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年を、単に「世界中から多くの人がやって…

DRIVE by DRIVE

#社会政策

『認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ』代表の松中権さん。ご自身がゲイの当事者であることも活かしながら、「カラフルな(多様な)人たちがいるからこそ楽しい」と言える世の中を…

DRIVE by DRIVE

#スタートアップ

来る2020年。自分はどのような日常を過ごしているのか想像したことはありますか? 「2020年が契機となって、社会や人の生き方が進化した」と語られる日がくることを願って、NPO…

DRIVE by DRIVE

特集一覧へ戻る

HOT POSTS!
アクセスが多い人気記事をピックアップ!